Facebookにも書いたんですが、ブログにも書いておく。

ちょうど1年前に僕はフィリピンに行きました。
この1年間で人生が本当に変わりました。
そして今までずっとやりたかった夢が最近やっと目の前に見えてきました。

中学生の頃からずっと社長になるのが夢でした。 っていうのも自分の育ってきた環境がそうさせたんだと思います。実家はスーパーを営んでいておじいちゃんもおばあちゃんもそれぞれみんな会社を経営していました。

昔から自分の周りにはサラリーマンと呼ばれるような人はいなく経営者と呼ばれる人たちしかいませんでした。

そして自分もその人たちに憧れ、いつかこの人たちみたいになりたいなあと思っていました。

そんなことを思い生活している中、高校生の時にある出来事がありました。

それは実家のスーパーが潰れました。

なんか家がなくなっちゃったような、昔から大好きだった人たちや場所がいなくなっちゃったような気がしました。

本当に本当に悲しかったです。でもそれと同時に絶対に自分がビジネスで成功してこの場所を取り戻したいと思いました。

そして経営者であった父親のことを本当に心配しました。

でもその時に父親が言った言葉が頭から離れませんでした。

「心配しなくて大丈夫。今までいろんな人と出会って関わってきた、たくさんの人脈がある。なんとでもなる」

当時高校生だった自分は衝撃的でした。そしてその言葉をそのまんま信じてこんなことを考えました。

こんな静岡の田舎のスーパーでそんな人脈ができるのなら 大都会の東京に行って一流の接客業で働けばもっとすごい人脈ができる!

一流の接客業といえばホテルだ! 日本で一番のホテルに行きたい!その為に専門学校に通おう!

進路を決めました。

そして無事にホテル学校に入学しました。
専門学校に通う中でも常にビジネスのことを考えながら生活していました。

そして就活の時、日本一のホテルでないと意味がないと思っていた為 1社しか受けませんでした。

そして運良くその会社に入社することができました。

そこではなにかビジネスにつながるのではないかと、出会う人たちの行動、言動を細かく見ることを常に意識して生活していました。

そしてある時気づきました。

外国人のお客さんがよく着ている洋服のブランドがありました。
そのブランドは Superdry〜極度乾燥しなさい〜 というブランドです。
このブランドは日本語をモチーフにしたデザインが多くお値段も意外と高めのブランドです。

その洋服をあまりにも着ている外国人が多い為、そこからそのブランドに興味を持ち始めました。

それからその洋服を着ているお客さんになぜそれを買ったのかを聞くようになりました。

ほとんどの答えは「日本語だから」「日本は質がいいから」

しかしこのブランドを調べてみるとイギリス発のブランドであり、制作に日本人は1人も関わっていませんでした。 たしかにデザインを見てみると よくわからない漢字が書いてあったり意味不明な日本語が並べられているだけのものが多かったです。

しかし多くの外国人はこれを日本のブランドだと思っており、これを買いに日本に来たという人までいました。

そしてその時に思いました。

日本人が作る意味のある洋服を作って海外に売りたい。

その為に海外で勝負するために必要なものはなんだと考えた時、英語力でした。

そして留学に行くことを決めました。

それと同時に自分が影響力のある人間になればもっと自分の作ったブランドを広められると思いました。

そしてYouTubeを始めました。

よくYouTuberになりたかったの? YouTuberで稼げるの? YouTubeやる前に英語の勉強したら?

色んなことを言われることがあります。
たしかに外から見たらそう思われても仕方ないです。
でも自分の中ではYouTubeはとても大切なツールであり、将来の夢への近道でもあります。

バスケでシュートがうまくなるためにシュート練習をコツコツするのと同じで 将来の夢である洋服のブランドを立ち上げるという目標のためになにか努力をコツコツ続けなければなりません。
それが自分にとってはYouTubeです。

なかなか今自分がしていることは普通の人に理解してもらうのは難しいことだともわかります。
でも全員に理解してもらわなくてもいいと思っています。

でも自分の育ってきた環境や、今までどんな思いでここまでやってきたか、それをわからないで。知らないで、表面だけを見て決めつけられる。それは悲しすぎます。 自分も一応人間なので傷つきます。

今までしてきた選択。今やってることの芯は中学生の頃からブレていません。
これからも自分は将来の夢を持って今まで通り未来の予想図をたてながら生きていきます。

そしてここまでこれたこと、周りの環境、人たちに感謝してこれからも突っ走っていきます!!!
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4298.JPG