【前回のあらすじ】
INTI渋谷が産声を上げ2年が経過した頃、渋谷店のキャパは越え、お客様の予約が取れない状況になっていた。
この問題を打破する為、私たちはもう一歩前へ進むことになる。


【第13話 INTI東京 出店へ】

大阪出店からのもう一歩。


それは東京駅へINTIの3店舗目を出店することだった。




渋谷が今ほど混雑するちょっと前。

それはちょうど大阪オープン間近の準備でドタバタの時だった。実は同時に都内でのINTI3店舗目の計画を密かに進めていた。
渋谷や新宿、東京、銀座など、INTIのコンセプトに合いそうな場所での物件探しはスタートしていた。

家賃、広さ、場所などの絶対的な条件だけでなく、同業が違う階に入っていないか、ガスが通っているか、そもそも美容院が可能かどうか。

物件はいざ探すとなかなか見つからないものなのだ。


そんな中、先月の3月中頃にJR東京駅八重洲口から徒歩10分、日比谷線八丁堀駅より徒歩3分にある23.6坪のある物件に巡り合った。


物件探しは縁である。


すぐに内見を申し込み、その数日後には内装業者に立ち会ってもらい、理想とする席数が取れるか、設備は足りているかなどチェックしてもらった。


その物件はINTIの新店舗に必要な条件を全てクリアしていた。



そう判断してからのスピード感は今までにないものだった。


すぐに物件の申し込みをし、その翌日には資金調達の準備に取り掛かった。
まず内装の図面を起こしてもらい、内装工事費や物件取得費、必要な什器や備品などをそれぞれの業者から見積もりをもらい、おおよそ必要な金額を算出した。

今回はスケルトンからの造作なのである程度まとまったお金が必要であることは明確だった。

おおよその必要金額が決まり、次は実際に資金調達に動いた。


INTI大阪での融資でお世話になった「西武信用金庫」。
INTI渋谷での融資でお世話になった「日本政策金融公庫」。


まずは地銀である西武信用金庫に出向いた。
言われた通り事業計画やらなんやら必要書類をたんまり準備し、融資相談に出向いた。

結果から言うと答えはNOだった。

理由は大阪店での融資から、あまりにも早すぎる追加融資だからとのことだった。
保証協会がNOと言っているらしい。

うーん、困った。



そしてまさに今日4/13、日本政策金融公庫の面談へ朝から出向いた。
渋谷が出来てからの業績の推移や、今後の展望や将来性を熱弁した。

結果は来週くらいには出るらしいが、ハラハラである。


そうこうしてるうちにオープン時期はどんどん具体的になってきた。

物件の契約開始日が5/15、それに内装工事や保健所立入検査など踏まえると6月の末には、セット面5席にシャンプー4席を備える「INTI東京」 が誕生する。



内見からまだ1ヶ月。
こんなスピード早いもんだっけか。


そんな私は今年が本厄なのはここだけの秘密である。





【あとがき】
まさかのスピード展開である。
自分でもこのスピードは予想していなかった。
と言いたいところだが、5年ほど前の起業時に書いていた夢と無理が溢れる事業計画を改めて読み返すと、まさに今起きていることが記されている事に驚かされる。

事業スピードがあがると、そこで生まれる様々な問題もスピードが付いた状態でぶつかってくる。

今一番の心配は融資審査の結果かなー。
ダメなら自己資金でやるしかない。
あーこわ。
審査結果もあるのでまたすぐ更新します。今回はこんな感じで。ではまた。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4615.JPG
写真は新店舗「INTI東京」の内装打ち合わせ。新店舗には専用のシャンプーブース付きのVIPルームも。