【前回までのあらすじ】
NHKへの出演や新美容でのインタビュー掲載なども重なり、INTI東京は華々しくオープンを迎えた。
そしてINTI東京オープンの6月には月間新規人数が197名に到達するなど売上、客数ともに過去最高を記録していた。


【第16話 Do not do or do

気づけばもう11月。
7/1の前回のブログ更新から少し間が空いてしまったので近況をまとめておこう。

7月
新規人数、売上を更新。
新規人数210名。

8月
新規人数、売上を更新。
新規人数247名。
渋谷店に1名のスタイリスト入社。

9月
新規人数、売上を更新。
新規人数248名。

10月
売上を更新。
新規人数233名。
渋谷店、大阪店に各1名のスタイリスト入社。



と、こんな感じだった。

オープン当初は私しかいなかったスタッフも、今では9名に増えた。

その中でも大阪にスタイリストが入ったのはかなり大きな出来事だった。

大阪は東京に在中のスタッフが1名、大阪の立ち上げ行ってくれるということで、大阪での雇用より先にオープンした。
2年間で大阪を盛り上げるという期限付きの約束だった。
今年の1月のオープンから10月までの9ヶ月間、1人で店を守ってくれ、0だった売上も180万までにしてくれた。
感謝しかない。


そして次の店舗からは人(雇用)が先だと学んだ。



にしても地方は難しい。
知り合いもいなければツテもない。
もちろんお客様もいない。

そこでの雇用や教育、そして集客は関東で店舗を展開するより遥かにハードルが高く難問が山積みである。


そんな反省を活かし
「名古屋」「福岡」「札幌」に一斉に求人をかけた。


良い人材が現れたらそこで勝負だ。

これが正しい方法かはわからない。
ただやってみないとわからないのも事実だ。



そして近況をもう1つ。
まだ全く手付かずであり、これまで何もしてきていない「宣伝広告」に力を入れることにした。

そこそこの金額を投じしっかり宣伝広告を行うことを決めた。


では具体的に何に宣伝広告費をかけるのか。

もちろん今さらクーポンサイトをやるつもりはない。

そもそも今回のこの「宣伝広告」とは新規客集客を第一の目的としていない(回り回って新規集客に繋がることもあるかと思うが)。

今回の宣伝広告の目的とはINTIブランドの地位を確立することにあった。
地位確立というのは「薄毛専門美容院=INTI」でまずはその分野の日本一を狙う。

その認知を上げるために費用をかけプロモーションを行う。

このプロモーションとは「男性の薄毛に関する意識調査」を独自に行い、プレスリリースを作成する。
それを各PRサイトに掲載し、多くのライターさんに記事にしてもらいバズらせる。


目標は巡り巡ってYahoo!ニュースに掲載されること。

そして同時にSNSに有料広告を出しINTIの知名度を更に上げる。

そんな宣伝広告を第一弾として行う。



と、駆け足ではあるがこんな感じで7〜10月はあっという間に過ぎていった。




そんな4ヶ月が過ぎようとした矢先の11月1日。

私は面接者に会うため福岡にいた。


INTIの九州進出がグッと現実味を帯びてきた。


待ってろ、福岡。



【あとがき】
おそらく「INTI福岡」が現実のものとなるのはそう遠くないだろう。

そして今後、INTIは札幌、名古屋、新宿に店舗を展開すると同時に、INTIとは違うコンセプトを持つ、新しいヘアサロンをオープンさせているだろう。



そんな夢物語とも言える無謀なことを実現させるのは決して容易ではないことは明らかだ。

ただ頭の中でそうなるイメージが明確にできてきている。

どうすれば実現できるかを常に考えて日々発言、行動している。

できない理由を考えるより、できる方法を考える。

これは事業を発展させる上でとても重要な考えなのだろう。


結局はやるかやらないか。

答えは2つにひとつ。


やると決めたなら、やりたいと思うなら
できる方法をとことん考えれば良いのではないだろうか。


やってみる。
それから考える。

それも良いだろう。


時折、目標に向かっている時にAかBか選択に悩む時がある。

そんな時はしばらく考え、それでもどちらか悩むのなら、おそらくどちらでも良いのだ。

どちらにもメリットデメリットがあり、その差が少ないほど人は悩む。


だからどちらを選択してもそんなに大差はない。

そんなことに悩んでる時間があるなら、さっさとどっちかに決めちゃって先に進んだ方が得策だ。



忘れちゃいけないのは時間は有限であること。



やるかやらないか。


しつこいようだが、答えは2つにひとつだ。


09NZDr5pOo.jpg
 博多駅にて。