【前回のあらすじ】
バタバタの師走が無事終わり、年始のINTI大阪も無事オープン。
これまでの人生で一番の多忙だった一連の流れも少し落ち着き、季節も春を迎えようとしていた頃。
新たな問題が浮上していた。

【第12話】INTI 2周年 

売上0、顧客0からのスタートとなった大阪オープンもひと月が経った。

蓋を開けてみれば2018年2月のINTI大阪には34名の新規のお客様にご来店いただいていた。

お客様の来店動機はホームページを見た。というものが圧倒的に多く、次いでyoutubeだった。

この34名という新規人数が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだろうが、私は少しホッとしている。

とはいえ、これまでの顧客がいないので平均すると1日1人ちょい程なのだ。
カットブースは3席なので、一席あたり1万ちょいの稼働率。
渋谷店のそれと比べれば、まぁ暇である。


その一方、渋谷店では今年に入り新たな問題に直面していた。



渋谷の店舗は2017年の年末から師走の忙しさがずっと継続していた。

そのため、年明けからも土曜日の営業時間を10時〜22時に延長することにした。
それでも土日、平日問わず連日満席が続き、土日はもちろん平日にもキャンセル待ちが出るようになっていた。

思い返してみれば、今年に入ってから今日に至るまで平日、土日祝日、全ての日において予約に空きがあることはなかった。


それはとても有難いことだった。しかし両手放しで喜んでいられない深刻な問題でもあった。
なぜならINTI渋谷の予約がとても取りづらくなっていた。

たった3席しかないサロンのキャパはすでに限界にきており、予約が取れないとの電話がサロンに多くかかって来るようになっていた。


私は都内での2店舗目オープンへ向け新たな物件を探し始めた。



そんなINTIは今日3月21日で2周年を迎える。

3年目に突入するにあたり、やるべき事を自身への戒めの意味も込めて記しておこうと思う。

①新規出店
拡張ではなく新規出店を計画。
場所はまだ未定だが第1候補は東京駅。第2候補が新宿。第3候補に渋谷となる。

②ホームページの全面リニューアル
これ実は半年前から作り始めておりかなり時間をかけてじっくり進めている。
お願いした制作会社はチームラボ。INTI×チームラボでどんなホームページに仕上がるか楽しみだ。
近日公開予定。

③OEM商品の制作。
INTIの第1号オリジナル商品を作る。
作る予定の商品は「ハードスプレー」。しかしまだまだこれから。エアゾール系はハードル高い。



さて「INTI」の3年目が今日から始まる。

いざ勝負。



【あとがき】
挑戦を続けること。
これが会社を成長させるためにマストってのはよくある話で。
成長云々おいといて、自分の中では挑戦し続けてないと飽きちゃいそうで。

でもそんな新たなチャレンジの途中には多くの選択しなきゃな場面が多々あって。
自分はそんな選択を迫られた際、大切にしていることが1つある。

それは
「あ。そっち?」
って思われる方を選ぶようにしている。
その 
「あ。そっち?」
 に大きなチャンスが隠れているんじゃないかと考えている。
多くの人が選択する方にはすでにライバルも多く、すでにその市場は飽和状態なことも多い気がする。
OEM製品もシャンプーでなく、ハードスプレーで勝負する事を決めたのもその一つ。
(もちろんそれ以外の要素で比較したとしても、シャンプーではなく実はハードスプレーに圧倒的な勝算があるのだけれど。)

あとホームページのリニューアルも、5年10年後のINTIにとってかなり大きな役割を担うと考えている。
このホームページリニューアルは、ただデザインに飽きたからカッコ良くしようとか、集客数を今より増やそうとか、スタッフの魅力をもっと伝えようとか、そんなありきたりなことが目的のリニューアルではない。

今回のリニューアルの目的はINTIのホームページを
「薄毛に悩む男性の為の情報サイト」
にすることにある。
INTIのサロン紹介もするけど、ほんのちょっとでいい。
薄毛の男性が本当に知りたい情報を、INTI在籍の現役美容師が、数多くの薄毛症例を見て感じたことや、悩みを抱えるお客様から直接聞いた貴重な情報を、誰の贔屓目もなしのリアルで上質な記事にする。
この新たなホームページは5年後、想像以上に面白いことになっているかもしれない。


_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4494.PNG

写真は「薄毛」「美容院」でgoogle検索したところ。最近では1ページ目2〜3番目で必ず表示されるように。オープン当初は「INTI」で検索しても表示されなかった。ちなみにINTIの下もwezzyさんが当店を取材してくれた際の記事。