【前回のあらすじ】
大阪の物件が決まった。物件取得費と造作譲渡費だけで大体600万くらい。
融資の審査はこれからだ。てことは審査がダメなら全額自費でってことになる。
物件決まってないと審査も受けれないし。
なんともこわい話だ。


【第10話 融資審査】


前回お世話になった政策金融公庫ではなく、今回は普段お世話になっている西武信用金庫さんに融資の相談をしてみた。

すると渋谷区の斡旋制度を使った方が良いとのこと。
なんのことやらと思ったのだがどうやら渋谷区が金利の一部を負担してくれる制度らしい。

色々な条件があるみたいだが、今回は小口資金というものにあてはまるようだ。

そして斡旋書をもらうには内装費や物件取得費などの見積書や戸籍謄本など様々な書類が必要になる。

全ての書類を用意し、渋谷区役所に出向いた。

融資希望額は1250万円。
その小口資金の満額だ。

銀行の利率は1.4%。
そのうち0.4%を渋谷区が負担してくれる。
実質1%になる。こりゃすごい。

区役所では全ての書類をチェックされ、運転資金なのか設備資金なのかなど色々聞かれ、無事に渋谷区の斡旋書をもらえた。

さて、次はその斡旋書と事業計画書などを持って銀行へ。

西武信用金庫の担当者は入金の際などちょこちょこ顔を出しているので顔見知りになっている。

どんな事をやりたいのかもしょっちゅう話してたし、事業の調子なども逐一報告していたので、ほとんど目を通すこともなく申込書を書いて提出するだけだった。

しっかり審査するのは保証協会らしい。


そして、保証協会の面談の日がきた。

事業計画書はもちろん、物件資料やこれまでの決算書、自分の経歴など事細かく質問された。
幸いだったのが、担当の人が男性であったこと。(30代前半くらいかな。)

しかも、薄毛に悩んでたこと。


面談の途中から薄毛の話や髪型の話になり、INTIの事業理念や将来性は深く理解してもらえた。


面談から1月くらい経った2017年11月27日

無事1250万満額での融資が実行された。



借金がまた増えた。



【あとがき】
近頃気づいたことがある。
事業スピードを上げるにはお金と人材の確保を同時にすることが必要なんだな。

そんな事業展開を急いでるつもりはないんだけど、最近は逆に急がなきゃいけない感じになってきてる気がする。
実際に渋谷店は1席あたり120万を超え、もうキャパの限界は近いと感じる。
それと同時に求人も頑張らねば。
2018年のうちには3店舗目を東京駅付近に出そうと思っている。
そんなこんなで自分もいっぱいいっぱいになってきてるなーって思う時がある。

プレイヤーと経営者の両立。
限界の時がいつか来るのかもしれないと感じることもある。

とはいえ今ご来店頂いているお客様は一生責任を持って担当させていただきますので末長く宜しくお願い致します!


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3993.JPG
写真は2017年12月現在のホームページのトップ画。ホームページの全面リニューアルも水面下で同時に進んでいる。