【あらすじ】
渋谷、神南。
駅から10分ほど歩いたビルの4階の居抜き物件が見つかった。
日本政策金融公庫の融資通過前に契約。
お金はまだない。


【第8話】次の一手
融資は何の問題もなく通り、オープンから1年と3ヶ月が経った。

当初の新規客数は月10人にも満たなかった。
売り上げのある技術者は僕1人。
毎月何十万もの赤字が出た。

新規目標人数は月に30人を目指していた。
10ヶ月経った頃からクリアできるようになった。

もちろん全員が男性。
ホームページやユーチューブなどのネットなどを見て知ってくれる人が多い。

ホットペッパーもやってはいるが、一番安いやつだしせっかくだから一応やっているって感じだ。

土日祝ともなると、3席しかない店内はずっと満席状態が続き、お客様が20分以上遅刻すると破綻する仕組みだ。


そんな2017年の夏、次の一手を考えている。

①現状維持
営業時間の延長。
シフト制の導入などで対応。

②拡張、移転
席数を増やす。
設備をよりニーズに沿うものにする。

③関西出店
地方に進出する。
あらたな新規を獲得する。

それぞれ、メリットデメリットがある。
全ての可能性を同時進行で準備している。


さて、どう打って出るか。


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3049.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2977.JPG
写真上は銀座のアイラッシュサロンの居抜き物件。
下は大阪のスケルトン物件。