【前回のあらすじ】
美容院経営の成功に不可欠(と思われる)『明確なコンセプト』『独創性』『永続的な需要』この3つの条件を満たすヘアサロン。

そんなサロンがまだイメージ段階ではあったが現実味を帯びてきた。

しかしこの時、毎月のサロン売上げは60万円前後と、独立開業とは遥かに縁遠い数字だった。


立ちはだかる現実という名の高い壁。



第4話はこちら




【第5話】一念発起



どうしよう。


いや、どうしようもない。



60万の売上げじゃ、独立はできない。


そりゃそうだ。



都内の主要駅でやるとなると家賃は安く見積もっても坪単価2万〜3万はかかる。

15坪程の小さな美容院でも毎月30万〜45万は家賃だけでかかる。


もちろん出費がかさむのは家賃だけではない。
光熱費に材料費、広告費に雑費、開業資金を借りたら返済もある。
そう私の給料もだ。


しかも、顧客の男女比は2:8と圧倒的に女性が多い。

ということはメンズサロンをやるとすると、男性だけの月の売上げとなる。そうすると60万よりはるかに少なく、10万ちょいといったところだろう。

さらに店の移動に伴う客離れも少なからず予想される。
そうなると月の売上げが10万を切る可能性も大いにある。




実は問題は売上げだけではない。



私はヘアメイクもやっており、撮影に出ることも多々ある。
その間、店は閉めることになる。




…だめだこりゃ。



…絶望的に無理だ。




…諦めるか。






…でも、やりたい。




このサロンには必ず勝算があるはず。



特殊な特徴を持つそのメンズサロンは、3つの重要要素である
『明確なコンセプト』『独創性』『永続的な需要』
を満たしているだけではなく、美容院経営者なら誰しもが抱える悩みも解決できるかもしれないと思っていた。




一般的に美容師の旬は短く早いといわれる。



なぜ美容師は寿司職人のように年齢や経験を重ねるごとに深みを増す職人になることが難しいのか。


恐らく大きな理由の一つに、歳をとった美容師が作るスタイルがお客様に古く感じられてしまい、客離れしてしまうことが挙げられる。


その原因として多くの美容師が流行りのデザインを模倣できるよう努力する。


年齢とともに模倣することが億劫になったり、困難になったりする。

その結果、作るスタイルが古くなる。



一方、特殊なことにスポットを当てるそのサロンは、熟練が大きな武器になる。

しかもトレンドを取り入れるのはほんの少しで良い。お客様はそこをメインに求めてはいない。
薄毛をカバーするカット技術に古いもクソもないのだ。
それどころか熟練になるほどその特殊な技術に磨きがかかることだろう。



また、このような効果も期待できる。
大概のサロンはスタイリストにお客様が付いている。
その為、スタイリストが退社する時はお客様もこぞって移動してしまう為、お店にとって大打撃となる。

しかしサロンのコンセプトが目当てで来店いただけた場合、そのリスクは最小限に食い止められるのではないだろうか。

お客様が
スタイリストを支持しているか。
サロンそのものを支持しているか。

これは将来とても大きな違いになる。





とはいえ、どうしても先ほどの数字がちらつく。


お店を開店したとしても、初月の男性客の売上げ予想は10万円だ。

悲惨である。





とはいえ、

「やらない。」




という選択肢は自分の中にはもう無かった。



よし、やろう。

私は大勝負に出る決意を固めた。




【あとがき】

美容師という職業は、なりたい!と思えばなれます。
弁護士や医者などと違い、目指した人のほとんどが美容師になれます。

なので本当に美容師に向いていて、美容師になる人なんてごくわずかです。

美容師になってから努力し、足りない分を補います。
しかし、本来は向いていない人も多いので努力だけではどうにもならない人も多くいます。

でも「美容師」という「資格」を取ってしまったばっかりに、自分が向いていないと気付いても辞めることが「勿体なく」感じてしまい美容師を続けます。(本当はその方が勿体ないんでしょうが)

何が言いたいかというと、
美容院を経営し人を雇用するなら
本来、美容師に向いてない人を雇うんですよ。ってことです。

例えばアシスタントから雇ってスタイリストになった。
10年働いているけどまだ50万くらいの売上げだ。

本人の努力が足らん!
ではなく
99%オーナーのせいです。

ってことです。
このご時世、個人でお客様をバンバン呼べるなんてほんの一握りなわけです。

お店にお客様を呼ぶのはオーナーの仕事です。

「わかった。
じゃあ、色んなとこに広告だすから後は自分でお客様を返せよ!」

いえ、お客様を戻すのもオーナーの仕事です。

自分でお客様を呼べて、自分でお客様を戻せるなんてごく僅かです。


この話、長くなるので続きはまた書きます。
では。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2404.JPG
オープン当初。お客さまがいなすぎて、手が空いたら外で配っていた。