令和元年となる2019年の5月22日。

新宿三丁目にINTI5店舗目となる「INTI新宿」がオープンした。

新宿オープンの準備でドタバタの最中、2019年3〜5月にあったことをザックリまとめておこうと思う。

⑴出版社から連絡があった。
本を出さないかと。

⑵大正製薬から連絡があった。
リアップのWeb媒体に出演してもらえないかと。

⑶ホームページに広告を載させて欲しいとの連絡が数件きた。

⑷家を買った。


一つずつ紐解くと

⑴出版社からの連絡
2019年3月中頃だったか、某出版社からメールにて一度会って話したいと編集者の方から突然連絡があった。
その依頼は取材などではなく、本を出版しないかとのことだった。
INTIのホームページを何かのきっかけで閲覧いただき、そのコンテンツの充実度に驚かれたそうだ。
ホームページの「薄毛の方に対する美容師目線のアドバイス」を書籍化したいとのことだった。
いつかは来ることだろうと思っていたので出版依頼についてはさほど驚かなかったのを覚えている。


そして数日後、編集長と編集者の方にお会いした。
私は初期費用や出版料などを催促されるのではないかと疑っていた。
(実際に先方からの依頼話であっても、初回に1〜3百万払って出版することも多々あるようだ。)

話していくうちに、どうやらそれはないようだった。

秋くらいの出版に向けて現在執筆中である。


⑵大正製薬から連絡があった。
育毛剤「リアップ」のウェブサイトに出演して欲しいと大手広告代理店依頼があった。
大企業からの依頼だったのでビックリしたが、快諾した。
それはもうアップされているのでリンクを貼っておこう。

⑶ホームページに広告を載せて欲しいと連絡が来るようになった。

1年ほど前のブログにも書いているが、ホームページリニューアルの目的は「稼ぐホームページ」を作ることが目的だった。

それは集客だけではなく、広告収入を狙ったリニューアルだった。
3年くらいかかるかなと思っていたけど思ったより早くそこにたどり着いた。

ただ実際話が来てみるとあまり乗り気になれなかった。

今のINTIのホームページは私たち作り手と見てくれる人との「信頼」で成り立っていると強く感じる。
INTIのホームページでは嘘をつかない、依怙贔屓や忖度をしない、など薄毛の人の本当に役に立つことや知りたいことを最優先に考え記事を更新し続けている。
そして、それを続けていることで「信頼」を積み重ねてきている。

そこに別にオススメでもない商品やクリニックの広告が入ることに抵抗が生まれてしまった。

私たちがサイトで発言する言葉に「力」が付いてきていることを感じていた。
INTIがオススメしたら売れる。
薄毛に悩んでる人はきっと手に取る。

それは嬉しくもある反面、自分たちの発言への責任の重さを考えさせられた。

今は「信頼」を一つ一つ積み重ねていく時期であると判断し、当初の目的であったはずの広告収入は当面見送りを決定。
全ての依頼を断った。


足元を見て大切なことを見失わず一歩ずつ。


⑷そしてこんなにバタバタな時期に家を買った。
もはや何の融資審査を受けてるかわからない。
電話の相手が何のどの件で電話してきてるかわからない。融資だけではない、それに伴う火災保険だなんだももうよくわからない。
他の店舗の火災保険の更新のハガキなども届くが、何がなんの保険で誰がなんの人なのかわからない。
そしてこれからリフォームの打ち合わせが始まる。
もうこの際なんでも良い。


最近売上のことを書いてなかったので次回まとめて書こうと思うが、おかげさまでブログを始めて以来ずっと新記録が続いている。
借金も増え続けこちらも新記録が続いている。


焦らず驕らず頑張ろっと。


【あとがき】
最近「脱依存」を特に意識している。

依存は思考回路を停止させ、成長を止める

集客サイトや求人サイトへの依存など最たる例だが、消してそれだけではないと考える。

私たちであれば「薄毛」というコンセプトへの依存。

「髪を切る」という技術への依存。

「美容」という事業への依存。


依存は様々なところに存在する。

いつか薄毛が治る世になれば、INTIは潰れるだろう。
原因は「依存」したからだ。


CDが売れなくなったらCDショップが破綻した。
これも「依存」によるものだろう。


次の一手を考え行動するものに勝利の女神は微笑むのだろう。

そろそろ次のことやらないと。


なーんてな。


j24Xj5E5Fd.jpg
8cYXr1ZDtm.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7497.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7496.JPG
写真はINTI新宿。
今回は趣向をかえてラーチ材を使用し、サンメント(木枠の模様みたいなやつ)をあちこちに張り巡らせ高級感を出してみた。