数日後ヒデシマから電話があった。


銀行の判断は、提示した金額での預金担保が無理なら、プロパーでの融資は無しという厳しい結論だった。


しかし今後の経営を考えると提示された預金担保を受け入れることはできない。

プロパーでの融資計画は夢と散った。


とはいえ出店資金は必要だ。プロパーでの融資は即諦め、保証会社をつけての融資を提案した。

銀行はそれならオッケーということだったが、保証会社の審査にまた時間がかかる。


物件契約、入金期日まで残り1週間だった。


もし保証会社の審査がダメなら自己資金で行くしかない。


ソワソワしながら審査結果を待った。

結果、満額ではなかったが保証会社の審査は通りとりあえず出店資金はなんとか準備できた。


そんな日が3/21。

INTIが渋谷に誕生し、ちょうど3年が経った日だった。

内装打ち合わせも大詰めを迎え、
4/1
新宿店の工事が始まった。


今回の店舗はこれまでの店舗の中で一際大きな店舗となる。
広さは37坪あり、渋谷の3倍弱ほどの広さだ。

全席個室のセット面は8席
同じく個室のシャンプー台は6席用意し、オープンは5/22となった。

人事も一新し、大阪、東京、渋谷から各1名を新宿へ、さらに2名のスタイリストを雇用した。


さぁ。
INTI4年目の幕が開けた。


待ってろよ、新宿。


あ、最後に前回のブログから期間が空いてしまったので、新宿オープンの準備でバタバタの最中の2019年3〜5月にあったことをザックリまとめておこうと思う。

⑴某出版社から本を出さないかと連絡があった。

⑵某製薬会社から連絡があった。

⑶ホームページに広告を載させて欲しいと連絡があった。

⑷家を買った。

⑴〜⑷それぞれに物語があるので次回書く!

【あとがき】
今回はなし!余裕もなし!
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7232.HEIC
INTI新宿入り口