2019年3月7日
小春日和の穏やかな日に「INTI福岡」はオープンした。

福岡の物件探しは不動産屋さんに恵まれた。

美容院出店において最初の運が試されるのは良い不動産屋さんに巡り合うかどうかだろう。


どの地域にも必ずそのエリアに強い不動産屋さんがいる。
1つの物件を多くの不動産屋さんで共有している場合、良い物件に巡り会える確率は低い印象だ。
たとえ良い物件があったとしても、多くの不動産屋さんで共有している場合、多くの不動産屋さんがお客様に紹介するわけなので当たり前だが競争倍率は上がる。

地域に強い不動産屋さんは自社管理の物件をいくつか持っている。
なので良い不動産屋さんに出会えれば良い物件に出会う確率が格段に上がる。

福岡の出店は運良く、良い不動産屋さんに巡り会えた。(天神などで美容院をやりたい人はash不動産がオススメ。地域に強く、自社管理物件が圧倒的に多い。)


そんな福岡オープンと同時に、スタッフも知らない新たなプロジェクトが猛スピードで進んでいた。




福岡オープン10日前の2月26日火曜日。

私は6日後に新店舗オープンに伴うい約1ヶ月に及ぶ福岡での長期出張を控えていた。
東京最後の休日となるその日は、福岡出張の準備や買出し、しばらく空ける部屋の片付けなどをする予定だった。
ほんの2日前までは。


ここ数ヶ月、毎日のように物件情報をチェックしていた。
いつものように新着物件に目を通している時だった。


「本日公開」と表示がある、新宿3丁目の物件に目がとまった。


立地、駅近、坪単価、広さ、ワンフロアワンテナント、空中階、普通借家etc.

その物件の全条件がまさに理想的で、毎日チェックしていた私は、一瞬自分の目を疑うほどだった。
同時に、この物件の借り手がすぐに決まることは容易に想像できた。

すぐに取り扱う不動産屋に電話をし、東京最後の休みとなるその日に内見の予約を入れた。



私の前にはすでに3組の内見が入っていたが、運良くまだ申込みに至っている会社はなかった。

どの会社も会社規模が大きいため担当が内見し、上司に伝え、上司が社長の判断を待っている状況とのことだった。
(物件の契約はまず申し込みをし、そして本契約へと進む。申し込みをすることでこの物件の本契約に名乗りを上げ、物件を抑えるといった感じ。)


そんなことにも運命を感じながら、私は3分ほど内見をし申込みを決意した。



しかし一方的にどんなに気に入り、勝手に申込みを決意したところで、美容院として営業できる(機能する)設備が整っているかは素人では判断できず、ビルの配管の太さやガス、電気容量などの問題は内装業者じゃないとわからない。

かといって内装業者に調査してもらい、設備オッケーなら申し込みます!
と言いたいところなのだが、調査の日程を調整している間にこの物件は間違いなく申込みが入る。

現にこの物件は今日だけで5〜6件の内見希望がすでに入ってくる人気物件である。

なるべく早く、かつスムーズに契約者を決めたい不動産屋は、あいまいな状態での申し込み(仮押さえ)はやめてくれよと釘を刺してきた。


わかっている安心しろ、とよく分からない自信をのぞかせながら、深く刺さっているその釘を抜き捨て、とりあえず不動産屋さんの事務所に向かった。

道中、内装業者に電話し、この状況を少し大袈裟に伝え、無理くり翌日に内見に来てもらうことになった。
私は本気で本契約しようとしている意思を伝え、明日の内装業者の調査が終わるまで物件を抑えさせてもらえるよう頼んだ。


私の本気さや必至さが伝わったのか渋々承諾しかけたが、申込みには法人印などの必要書類が必要だと言われた。

侮るなかれ、私も過去に4回申込みをやってきている。
こんなこともあろうかと印鑑や登記簿謄本など、申込みに必要な書類は全て持ってきている。

用意周到さに少し驚きながら不動産屋は新たな問題を私に伝えた。


それは、このビルの他階にすでに美容院が入居していることだった。
同ビル内で競合になることを嫌うオーナーや入居者がどう判断するかという点だった。

オーナーが美容院はダメ。といえばこの話は終わる。

とりあえず私は、INTIは薄毛に悩む男性専用の美容院だ、一般の美容院は競合ではないと伝えた。
ただオーナーの判断には素直に従う。ダメならキッパリ諦める。
だから今日申し込みを済ませ、物件を抑えさせて欲しいと再度頼んだ。


こんな時に役に立つのは20年の接客業で培ったトーク術だ。

私は基本的におしゃべりは苦手ではなく、打ち解けるのが得意な方だ。
たまたま借りた不動産屋のボールペンの書き味が抜群に良く、そこから話を無理くり広げ、独立の経緯や、業界の景気など様々な話を聞いた。
話の終盤にはブッチャーとあだ名で呼び、ボールペンを頂くほどの関係を築くことができた。

そして私は申込書にサインし、無事物件を抑えることに成功した。


とりあえずは一安心だったが、オーナーが「美容院オッケー」というかどうか。
こればっかりは仲良くなるのが得意な私でも、オーナーと直接話せないのでブッチャー頼みだ。

そして美容院として営業できる設備を備えているか。
他階に美容院が入っているので大丈夫だとは思うが、前テナントがガスの容量を下げてしまっていたらしく、他の階のテナントがその余剰分のガスを契約し、使ってしまっていたらウチで使うガスが足りないってことになるみたいだ。(よくわからないけど)

実は問題はその2つだけではない。


出店資金だ。
融資はこないだ受けたばっかりもばっかりだ。
まだ福岡分の返済が始まってもいないどころか、保証協会の兼ね合いもあり全額融資されていない状態での追加融資の申し込みとなる。

しかもこれまでのどの店舗よりも広く、かつ事務所使用からの造作になるため、出店費用もこれまでの比ではない。

私はその足で融資担当者「ヒデシマ」の元を訪れた。

「ヒデシマ」との関係は2店舗目の大阪出店後から担当についた若手だ。若手といっても30歳くらいだろう。
背は高くスラっとしており、一見クールに見えるのだが、実は感情を前面に出すのが苦手なだけで情熱的な男だ。

そのヒデシマには東京店や福岡店の融資のような有事の時だけではなく、日々の会社での出来事やメディアへの露出、今後のビジョンなどを全て逐一報告していた。

相談に行ったこの日もヒデシマはクール風に私を出迎えた。

「やあ。」
「前々から話していた都内3店舗目の計画なんだけど。良い物件に巡り合えてさ。」

「場所はどこですか?」

「新宿なんだ。立地も良くてね。」

「良いですね。」

「今回の店舗はこれまでで1番大きいこともあり、まとまった資金が必要になりそうなんだ。」
「力を貸してくれるかい?」

「もちろんです。頑張ります。」


これまでの細かすぎるとも言える、報告や実績で培った信頼が功を奏したのか、ヒデシマはやけに乗り気だった。

とはいえ、ヒデシマに融資実行の決定権はない。
これから上席に話し、上席から支店長に話が行き、支店長から本部に話がいって審査が降る。

ヒデシマは

「全力でプッシュします」

と強い口調で言った。




さて「オーナー」「設備」「出店資金」これら3つの問題。


どうなるやら。



【あとがき】
借家契約には2種類ある。
「定期借家契約」と「普通借家契約」である。
今、都内は定期借家契約の物件が非常に多く店舗を探すのは一苦労だ。
定期借家契約の場合、原則として更新はできず決められた年数で出なければならない。
間違いなく造作などにかかる初期費用は回収できない。


にしても福岡は飯がうまい。
今は天神のマンスリーマンションに住み、INTI福岡に勤務しているわけだが、鳥好きの私にとっては見渡す限り焼鳥屋だらけ。
まるで天国のような街なのである。
初めて繁華街に住んで気づいたのだが、朝の目覚めが住宅地のそれとは違う。
スズメのちゅんちゅんといった爽やかな鳴き声で目覚めるのではなく、カラスのカーカーという甲高い鳴き声で目覚める。
決して心地よいものではない。

それはさておき、このスピードはもう何が何だかといった感じだ。
福岡オープンの余韻に浸る暇もなく、またオープン前に戻ったような感じだ。

不安が私を成長させる。

10代の頃から使っているメールアドレス「fullaccel555」が25年経った私の背中をそっと押す。

頑張ろっと。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6646.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6648.HEIC
INTI福岡の店内。
INTI東京と似た造りになっている。

融資の面談も4度目となれば小慣れたものである。

前回の融資から半年しか経っていないため、事業計画も少し更新するだけでよかった。

今回は保証協会を使わないプロパーでの融資をお願いしたが、半分はプロパーで半分は保証協会となり、なかなか全額プロパーへの道は険しい。

ちなみに

プロパー融資とは、銀行が直接融資を行う仕組みを指します。proper(プロパー)には元々「本来の、固有の」といった意味があり、銀行が本来行うべき金融サービスから「プロパー融資」と呼ばれるようになりました。

なおプロパー融資に対して、事業資金調達に使われるのが、信用保証協会を通じた融資です。これらは、「信用保証付き融資」と呼ばれており、一定の保証料は掛かるものの「銀行側に貸し倒れのリスクが無い」といった理由で審査が通りやすく、事業資金の調達にふさわしい制度となっています。


とのこと。


銀行側と信頼関係が築き上げれないとプロパーの融資は難しい。

とはいえそんな感じで資金調達はクリア。


あれよあれよと内装工事も始まり、気がつけばINTI福岡オープンまで残り10日となっていた。


新店舗をオープンする時にはなぜか運良く取材が舞い込んでくる。
今回は
MONOQLO3月号
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6175.PNG
読売新聞 2019/1/21
H7m3MfI8Ij.jpg
テレビ東京「よじごじDays」2019/2/21 O.A.
Gmr0CmZs9C.jpg
まだ放送されてないのも数本あり。

と、まさにてんこ盛りの内容だった。


まだ発表できない案件でとても面白そうなものも2〜3あるので次話で発表できるだろう。


いくぞー。福岡。




【あとがき】
株式会社インティは1月が決算月で無事に5期を連続黒字で終えることができた。
そして、3/21で渋谷店がオープンして丸3年になる。
毎年思ってるが、今年は勝負の年。
ギアをさらにもう一段上げ、攻めの年にしていきたい。

2019年3月にINTI4店舗目となる「INTI福岡」のオープンが決定したのは、前回のブログから間もない2018年11月末のことだった。

場所は福岡市中央区大名に位置し、最寄駅は空港線「赤坂」もしくは「天神」となる。

近くにはsupremeやロンハーマンといったファッション店舗が立ち並ぶエリアに位置する。

今回も渋谷、大阪と同様、美容院の居抜き店舗での賃貸契約となり、造作譲渡代280万は交渉の末150万に下げてもらった。

広さは17.2坪、個室セット面4席、個室シャンプー台3席の配置になる予定だ。

INTI福岡では2名のスタイリストを雇用、私もこれから月に1週間ほど福岡に勤務することになる。

福岡店も大阪店と同様、顧客0売上0からのスタートとなる。

同じ境遇でスタートした大阪店が12月で2018年1月のオープンからちょうど12ヶ月が経った。
売上は0→240万へ、顧客も0→500名へと理想的とも言える成長を遂げた事から、新天地へ展開する不安は微塵もなかった。



そんな福岡準備をあれやこれやと進める中、2018年怒涛の師走が過ぎ去った。

INTI各店は客数、売上ともに全店舗で全ての記録を更新した。

一般的に美容院経営の数字での好調、不調と判断する1つに1席あたりの売上がある。

働いてる人数や家賃など、月々の固定費にもよるので一概には言えないのだが一般的には

80万以上だと繁盛店。
70万でまぁ好調。
60万普通。
50万以下だと不調。

と言われている。

そんな中、INTI各店舗の一席あたりの12月売上は
大阪店 80万
東京店 150万
渋谷店 180万
を記録した。

9月には年末の繁忙を予想し、土曜日の営業時間延長だけでの年末対応は不可と判断。
12月に限り日曜も営業時間の延長を決定していた。

それでも12月全日予約枠1つ空くことなく、多くのお客様で全ての席が埋まり、さらにキャンセル待ちが出るほどの盛況ぶりだった。

東京店はあと半年、大阪店は2019年の年末には渋谷同様、予約が取れない店になるだろう。


そんなINTIは2019年を迎えるにあたりいくつかの目標を掲げた。


1.新店舗の「INTI福岡」を年末までに大阪店を上回るペースで軌道に乗せる。
2.INTI5店舗目となる新店舗を東京都内にオープンする。
3.INTI6店舗目を名古屋、札幌、仙台のいずれかの都市にオープンする。
4.INTIの新ブランド「terrace」を具現化する。
5.PB商品を開発、販売する。

とりあえず、上記の5つを必ず成し遂げたいと思う。


さあ、新年が幕を開けた。

2019年も全力で。
初心忘れず、焦らず、驕らず。



【あとがき】
もうこれ以上働けないというほど働いた。
12月の最終営業が終わった時、やっと終わったという安堵から泣けてくるほどだった。

その甲斐あってか、2016年のオープン時60万ほどしかなかった私の個人売上は300万を超えていた。

ただ正直なところ個人的な売上にはもう限界を感じているし、もう良いかなとも思っている。
これ以上のお客様を担当することは、体力的、精神的に集中力が難しいなと。
プレイヤーだけならまだもう少しくらいいけそうなのだが、あくまで本業は経営者だ。

自分の家族はもちろん、スタッフみんなの人生を預かっている。
絶対に失敗は許されない。


そんな失敗要素を最小限に抑えるために、経営者が備えておくべき「力」について考える時がある。

決断力
判断力
人間力
行動力
観察力
洞察力

挙げるときりがないし全て重要なものばかりだろう。
しかし最近特に必要だなぁと感じるのが「伝達力」だ。


人に伝える力。


これは経営者にとって、とても重要な「力」なのではないかと思う。


AをAとして伝えられるか。
そしてその難しさ。
伝える力に優れている人はAをA+にして伝えることができるのだろう。
大半の人はAがaになったりA-になったりしている気がする。
ひどい場合はBやCにもなり得る。

伝達力が弱いと、経営者として不利な場面が数多くある。

銀行の融資、会社説明、ヘッドハンティング、取材や日々のミーティングなど多くの場面で頭の中を整理し、より魅力的に伝えることが必要となる。


本を沢山読み、沢山文章を作成する。
このインプットとアウトプットがその訓練なのかと思う。

今年はこの「伝える力」を特に強化し養っていきたいなと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5902.HEIC_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5899.HEIC
写真は改装前の大名の居抜き店舗。
全面改装し3月に「INTI福岡」としてオープンする。

↑このページのトップへ