月別アーカイブ / 2017年09月

_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9333.JPG
君の音と僕の色

解説2

008ページと009ページ

RADWIMPSの「五月の蝿」のイメージイラスト


まず一発目にあなたを突き刺したかった曲を知っている人はグサッとできたと思う歌詞を見た人もエッとなったとおもう絵だけ観た人はどうだろうそれはあなたに任すけどどうしようもなく愛だと思ったどんな曲も愛に溢れてるけどここまで愛だともうどうしていいかわからなくなってしまったどんな目か形か色が匂いか重さか持ち方すら全部わからないけど確かに存在する私もあなたもいる愛これってなんなのわからないけど愛としかいえない



RADを知ったのは10年以上前の高校生の頃ラジオから流れて来てもうそれだけで好きになる理由は十分あった。けど、音楽の友達どころかただの友達すら数えるほどしかなくなにか見えないものに抑えつけられてるみたいななんも自分が出せないどころか普通がわからない苦しさの中生活してた学校生活である日教室の後ろの黒板の隅に紙切れがあって有心論の歌詞の一文がが凄い汚い字で書いてあったドキドキしたそのまま紙を戻すと次の日続きの歌詞が書かれてあった。友達すら作れない自分は恋なんて二次元より遠い次元のものだったでも確かにあの時はあの汚い文字に恋のようなドキドキを感じた。その次の日黒板は綺麗になり紙もなくなってた。なんだよそうだよRADWIMPSに恋したんやんアタシ。あー絶対将来ふたりごとを上手に歌える人と結婚するぞー俺とお前50になっても同じベッドで寝るのって思ったのですははは。あの時のから今でも新しい曲を聴くたびドキドキする魔法のようです。


手、ふわふわだったな。


ほなね。

_var_mobile_Media_DCIM_147APPLE_IMG_7422.JPG
君の音と僕の色

003ページ

ツイッター気付けば7年くらいしてた長いなあ140文字で伝えられることってあるんやねなんやのその制限でも制限があるからちょうどよいのかもしれない学校も会社もなんか制限作ってちょうどよくなってるのかも時々は破りたいけどね今の自分に制限なんてないのに140文字でいつもの気持ちとこの本の気持ちを表した前書きです見えないなんかに制限されて気持ちよくなってるんかな



ほな


_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9272.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9275.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9277.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9285.JPG


20170830
下北沢BAR timbre
お越し下さったかたありがとうございました!
フクザワ本発売記念全国イベントツアーファイナルです…さびしい!
最後だから色々話しすぎちゃいましたね!楽しすぎました!
_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9297.JPG
「君の音と僕の色」制作にあたり、編集でかなりお世話になりまくりSさんとIさんも駆けつけてくれました。このお二人が居なかったらこんな良いものできなかったです。感謝。

雨降ったり止んだりな日だったのにきてくれて本当にありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9294.JPG
下北沢BAR timbreという会場だったのですが、めちゃご飯美味しいし、いい所!成人してる方は是非飲みに行ってみてくださいー!

札幌、仙台、東京、広島、名古屋、福岡、兵庫、京都、大阪、会えた方も会えなかった方もありがとうありがとうございます
またはやくあえるようにがんばる!


本のツアーは終了なので今日から本に載ってるイラスト解説日記書いていこうかと思います。
九月なったもんなあ!!

本まだ買ってない人こうてね。

ほなね。

↑このページのトップへ