広島FM
毎週金曜朝7時30分〜10時15分生放送
『徳永真紀のWEEKEND CONNECT』
より。番組コーナー「フクトコトバ」で私が話したことを、その時の雰囲気のまま
書き綴っております。

それでは、今週8月16日OA分です。
どうぞ♪


【20190816フクトコトバ】
この時間は、アナウンサーとイメージコンサルタントという2つの仕事を持つ私、徳永真紀が、服と言葉の観点から、今あなたに届けたいことを思いのままにお伝えします。

今日は「言葉」。


「言葉」を伝えるための「声」についてです。

昨日は台風の上陸を受け、自宅で静かに過ごされた方も多いことでしょう。
お盆で親族が集まり、どこにも行けず家の中、
賑やかなお子さんたちに「静かに!」とか「もっと小さな声で!」なんて、言われていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

一方、日常的な様々な場面で「もっと大きな声」で、話すことを要求されることもあります。


声の大きさ


意外と、どのくらいの大きさが適しているのか、わかりづらく
そして、わかっても、出しづらいものでもあります。


そんなの時に、私が意識するのは
「声の見える化」です。

不思議なもので、何につけてもイメージできると途端にやりやすくなった経験がおありではありませんか?

だから、声もイメージしちゃいましょう、というわけです。

声のベクトルを絵で描きます。


例えば、大勢の前で話すなら

口から 口いっぱいの太い矢印がまっすぐ後ろの壁まで向かっている感じ

とか、
口から、四方八方にビームが放出されている感じ。


人と話をするなら、きっとそれだと刺さって痛そうだから(笑)

口から、口いっぱいの矢印が出るんだけれど、その矢印は半分透けている感じや、
矢印の先をまぁるくする感じ。


騒ぐお子さんたちに、小さな声で、話して欲しい時には

お口から、細〜い糸が出るみたいにお話して、とか、矢印が波波になっている感じでお話しして、なんて言えば
面白がってやってみてくれるかもしれません。


もし、冷静に伝えたければ、青いベクトルが出ているように。

情熱的に伝えたければ、赤くて更に温かいベクトルが出ているように。


誰にどんな風に届いたらいいかな?
と想像すると大人でも、結構面白いですよ。

ちなみに、これは、人前で話す時の緊張の意識を、ちょっとずらしてくれるので、
緊張して仕方ない!という方にも、おすすめです。


口から出るものを想像しすぎて、ニヤニヤしないようにだけ、お気をつけてくださいね(笑)


フクトコトバでした。


(music)
声のベクトルを私がすごく感じるのは、EGO-WRAPPINのよっちゃんの声です。

♪EGO-WRAPPIN 「A love song」




👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗
個人コンサル・企業研修etc お仕事のご依頼、ご相談は お気軽にこちらまで、お問い合わせください。
info@maki-imeado.com

#フクトコトバ #広島FM #徳永真紀のweekendconnect #ラジオパーソナリティー #フリーアナウンサー
#顔タイプ診断 #顔タイプアドバイザー1級 #イメージコンサルタント #パーソナルカラー #パーソナルデザイン


広島FM
毎週金曜朝7時30分〜10時15分生放送
『徳永真紀のWEEKEND CONNECT』
より。番組コーナー「フクトコトバ」で私が話したことを、その時の雰囲気のまま
書き綴っております。

それでは、今週8月9日OA分です。
どうぞ♪


【20190809フクトコトバ】
この時間は、アナウンサーとイメージコンサルタントという2つの仕事を持つ私、徳永真紀が、服と言葉の観点から、今あなたに届けたいことを思いのままにお伝えします。

今日は「言葉」。


夏休み中なので、お子さんと一緒に聞かれている方もいらっしゃると思いますが、

「1時間弱」

て、どのくらいの時間だと思われます?

1時間よりやや少ない?
1時間プラスちょっと?

今、正解だとされているのは、1時間よりやや少ない、ですね。

ただ、NHK放送文化研究所によると
特にお若い人に、後者の、1時間プラスちょっと、と思って使っている方が多くなっているようです。


言葉というのは、皆さまご存知のようにゆれているもの。
その使われ方によって変わっていくことがあるものですよね。

言葉の世代間ギャップ!がきっかけであることも多いと感じます。

正しいだけが全てじゃない、なんだかちょっぴり理不尽な気もしますが、それが人生かなー。(笑)と、話がそれかけました。

元に戻しまして。
その他に、言葉の世代間ギャップが結構あるのが

「数人」

今、何人のことを想像されました?

放送研究と調査によりますと、
「数人」という言葉が初めて国語辞書に登場したのが、1915年の大日本国語辞典。それには「2人以上」。
その他の辞書も、ほとんどが「3、4人」「5、6人」を記しているようです。

それが1980年以降では、「2、3人」を含めるものが多くなってきました。

そして、世代別に調査をしたところ
20歳代から40歳代は「2、3人」「3、4人」が最も多く
60歳以降は「4、5人」「5、6人」と答える人が多かったという結果でした。

不思議なことに「数日」は「2、3日」で今は1番多く認識されているということなんですが、
「数人」では複数回答でその幅が2.7人となっています。

数日もかつてそうでしたので、意識や世代の移り変わりでまた変わっていくんでしょうか。


ということで、まだまだあるのかもしれません!言葉の世代間ギャップ😎

お盆休み、色んな世代が集まる機会も多いので、そんな言葉のあいまいさでお互い誤解を招きませんよう。

お仕事だと尚更ですので、はっきりしている数字はそのまま伝える、など注意が必要な言葉かもしれませんね。



フクトコトバでした。


(music)
ギャップといえば、
個人的に、メロディーと言葉のギャップがツボなレキシ。
池田貴史さんは元SUPER BUTTER DOG

♪レキシ「最後の将軍feat.森の石松さん」
(松たか子さんですね)

👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗
個人コンサル・企業研修etc お仕事のご依頼、ご相談は お気軽にこちらまで、お問い合わせください。
info@maki-imeado.com

#フクトコトバ #広島FM #徳永真紀のweekendconnect #ラジオパーソナリティー #フリーアナウンサー
#顔タイプ診断 #顔タイプアドバイザー1級 #イメージコンサルタント #パーソナルカラー #パーソナルデザイン

広島FM
毎週金曜朝7時30分〜10時15分生放送
『徳永真紀のWEEKEND CONNECT』
より。番組コーナー「フクトコトバ」で私が話したことを、その時の雰囲気のまま
書き綴っております。

それでは、今週8月2日OA分です。
どうぞ♪


【20190802フクトコトバ】
この時間は、アナウンサーとイメージコンサルタントという2つの仕事を持つ私、徳永真紀が、服と言葉の観点から、今あなたに届けたいことを思いのままにお伝えします。

今日は「服」。


似合う服を探すに当たって、私が分析するのは、外見が発信する その人の「印象」です。

今日はその「印象」が肝になる話です。


突然ですが、子どもの頃でも今でもいいんですけど、人からなんて呼ばれています?

いわゆる愛称やニックネームです。

というのも、コネクトファミリーのディレクターたくちゃん。
実は、先週のこのフクトコトバで、彼を紹介するために、やっと愛称を決めました!

今まで名字で、〇〇くん、と呼んでいたんです。

本人にも、なんて呼ばれている?と尋ねたところ「いや、特に呼ばれません。名字です」と。


ふむ、これは何か理由があるに違いない!

と、つい分析癖が出てしまい、彼を凝視しましたところ、


やはり!!


彼は、パーソナルデザインが「グレース」さんでした。

パーソナルデザインは、その人のお顔立ちや、体格、仕草などから印象を分析して
6つのタイプに分けて、似合うものを見つけていく、という手法なのですが、

そのうち「グレース」さんは、お顔立ちが涼しげでスッキリしていて、中くらいの身長の方が多く、その動きから、何か静かに考えていそうな印象を相手に伝えてしまう人。
真面目そうで、賑やかなのは苦手そうで、賢そうで、、、

ようは、いじりにくい人(笑)

本人に伝えると、ものすごーく納得していました。
「それ!何か大事な考え事をしていそうって言われるんです。たいがい夕飯なに食べようかな?て思っているんですけど!!」

このタイプの方と、女性のみにある「フェミンニン」という可憐なお嬢様タイプの方は
確かに、おちゃらけた愛称はつけられにくいかもしれません。

人生、ほとんど名字や名前で呼ばれてきたんですけど、というあなたは
そのタイプの可能性もあるかもしれません。

それで、ちょっと寂しい思いをした、というご経験もあるかもしれませんが、
ああ、自分の外見の印象がそうさせるんだな、自分のせいじゃなくて、どうにも変わらない外見が理由なんだ!と知ると、ちょっと楽になりませんか?

これが、私がパーソナルデザイン、つまり印象の分析を通して伝えたいことの1つなんです。

受け入れると、手が打てる!!

例えば、強そうな印象を与える外見の私徳永真紀は、先輩からアドバイスを受けにくいという悩みがあります。
で、あれば教えて欲しければ自分から聞きに行くしかない!と、割り切って行動に移せるわけです。

自分を知ることは、似合う服を探す為だけではない。私のメソッドのキーポイントです。

ちょっと堅い話になりましたが、そうそう!
周りにこの方グレースかもな?という人がいたら、ぜひ率先してニックネームをつけてあげましょう❤️


最後に今日は、自分のタイプをとりあえず知りたい!という方にイベントを1つご紹介させてください。

印象分析の1つ「顔タイプ診断」の「プロ確定診断」をやります。
お顔というのは、やっぱり人に与える印象の中で大きな存在ですからねー。

診断系の情報が溢れる中、で結局自分はどうなの?というお声が多いので
バシバシ お一人ずつ私がプロ診断していく、というスタイルで行います。スッキリしちゃってください!笑笑

8月24日土曜、ご希望の時間は先着順です。
詳しくは蔦屋家電さんのサイトのイベントページをご覧くださいね。

私の他にも24.25日と「beauty2days lesson」と題して、話題のイベントがたっぷりですので、ぜひぜひこの夏のお楽しみに加えてください。


フクトコトバでした。


(music)
愛称の付け方って、得意な方にいますよねぇ。
基本は名前からか、あとこんなパターンも時々ありますよね、
私の大好きなバンド「鶴」は、埼玉県鶴ヶ島市の出身の3人です。
ま、そもそも愛称じゃないですけどね(笑)

♪鶴「歩く this way」


👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗🎤👗
個人コンサル・企業研修etc お仕事のご依頼、ご相談は お気軽にこちらまで、お問い合わせください。
info@maki-imeado.com

#フクトコトバ #広島FM #徳永真紀のweekendconnect #ラジオパーソナリティー #フリーアナウンサー
#顔タイプ診断 #顔タイプアドバイザー1級 #イメージコンサルタント #パーソナルカラー #パーソナルデザイン

↑このページのトップへ