文房具の中でも特に好きな部類に入るアイテムが「ノート」です(「手帳」も大好きだけど)。

好きだからこそこだわりも強いわけで、、いろいろなノートを使ってみた結果、今では自分の好きな紙で、自分の好きな糸かがり製本を自分でして、自作したノートを使っています。

IMG_0565.jpg
▲表紙にお気に入りのねこ紙を貼った自作ノート

ちなみに、私がノートに求める条件はこちら。
  1. 本文は万年筆でも書きやすく裏抜けしない、かつクリーム色で薄い紙(トモエリバーだととても嬉しい!)
  2. 100ページ以下で厚すぎない(持ち運びしやすい)
  3. 表紙は適度な硬さのハードカバー(持ち運ぶとき折れたりしにくく、立ってても書きやすい)
  4. A5スリムサイズくらいのちょうどよいサイズ
  5. 罫線はごく薄い方眼罫かドット方眼罫か無地
  6. 製本方法は糸かがり製本がよい(ストレスなく、180度ぱたんと開く)
この全ての条件を満たしてくれるノートがなくてなくて(カ.クリエは限りなく満たしてくれているものの……)、今は仕方なくA4サイズのトモエリバーを購入し、断裁して糸かがり製本した自作ノートを使用しているわけです。

IMG_0567.jpg
▲カラフルな糸でかがったので背表紙がおしゃれになってるのがお気にいり!


ちなみに……

糸かがり製本は、今年の2月に開催された「紙me vol.1」内で小さな本工房さんが開催されていたワークショップに参加して、その後もう1度小さな本工房さんにレクチャーを受け、出来るようになりました。自分の手でかがったノート……開きが最高ですし、愛着もひとしおです。

IMG_0530.jpg
▲小さな本工房さんと作った糸かがり製本のノート。こっちもねこ紙の表紙。

IMG_0532.jpg
▲糸かがり製本すると、背の糸が美しい鎖の目になるのです


小さな本工房さんは定期的に糸かがり製本のワークショップを開催されているので、気になる方はぜひ!


ただ……私が使いたいこんなノート、もしかしたら他の人も使いたいかもしれない。
私自身も毎回毎回、自作するの、大変!(笑)

……ということで、今、わたし的理想のノートのプロデュース&市販化計画を進めています!

6月14日(木)に渋谷のカルチャーカルチャーで開催される「第25回 文具祭り」で詳細を発表しますので、乞うご期待〜!


★★★

コミュニティ「文房具と過ごす」はじめました


ーー 今後のイベント登壇予定 ーー

5月25日(金) 20:00〜 @本屋B&B(下北沢)

神田桂一×菊池良×福島槙子×寺井広樹
「パロディとパクリの境界線──『もしそば』と『もし文』に見るパロディ哲学」
http://bookandbeer.com/event/20180525/

5月26日(土)18:30〜 @蔵前4273(蔵前)
Saturday Night Zoojo - 動物園 × 文房具 -
https://www.facebook.com/events/203059973646770/


6月3日(日)12:00〜 @キャッツミャウブックス(三軒茶屋)
第2回「まいにち ねこ文具」ワークショップ ~ねこノートを作ろう!


★★★



http://amzn.to/2FYyy2J




最近の活動情報

5月7日発売 『日経WOMAN 2018年6月号』(日経PB)掲載
4月26日発売 『成功するWebライターの仕事術』(日本実業出版社)掲載
4月25日開催 第1回「まいにち ねこ文具」ワークショップ ~ねこノートを作ろう!
4月13日発行 『ECOLEマガジン春号』 掲載
4月10日放送 渋谷のラジオ「渋谷のほんだな」生出演
4月5日放送 TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」生出演

★★★

文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。」

logo_1_yoko_2


取材・コラム連載・文具セレクトなど、お仕事のご相談は以下のメールアドレスまで

maki.meme★gmail.com