月別アーカイブ / 2016年12月

2016年さいごの日記です。

ことし1年間たくさんのひと、たくさんのことにありがとうございました。

「さき、あやまっときます。」の年末大反省会の禊として、ことし1年間で自分が気づいたことについて書こうかなと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8361.JPG

ひとりでもたのしいということ

「誰かといるからたのしい」
と思うことも素敵だけど
「ひとりでいても勝手にたのしい」
そういうひとりの人間として
だれかとか、なにかに依存するのではなく
自立した人はすてきだということ
そういう人でいたいということ


やってみたらなにかになるということ

やってみた結果それがその通りにならなくても
なにもやらない時には気づかなかった
なにかに気づけることもあるということ


数や結果のためになにかをしないということ

なにかを決める時に
「こっちのほうがたくさん見てもらえそう」
とか
「こっちのほうが人気が出そう」
とか
そういう基準で決めるのではなくて
自分がやりたいことがどんなことかを
ちゃんと考えて決めること


友達のこと

ともだちのよいところ
好きなところを考えるということ
そういうことを大事にすること


スマホはじぶんの脳みそじゃないこと

スマホに残したもの、撮ったものは
あんまりじぶんの中に残っていないということ


風邪のこと

風邪はつらいということを
常日頃からわすれないようにすること


明日のことは明日気にすること

明日は今日あるものがあるかなとか
1週間後も残っているかなとか
いろんなことに不安になることは
ほんとに簡単だけど
なくなるときはなくなるし
そうじゃないときはいてくれるだろうし
前にあったけど、今はないものを気にしてたってぜんぜん意味はないし
だから今とちゃんと向き合うということと


ネコとつくること

ネコを描くことも
つくることも
そういうしごとも
たのしいということ
そう思わせてくれる人たちにも
受け取ってくれるみなさまにも
感謝を忘れたくないなということ

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8362.JPG

今年きづいたことを大事にしながら
来年も自然体で、たのしくすごせたらよいなとおもっています。

まずは1月9日からの展示「お誕生日会」と
1月13.14日の「ねこまつり」にむけて
準備をしっかりしていきたいです。

みなさんにとってよい2017年のはじまりが迎えられますように。

またね。
肉まん!

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7934.JPG

フクモトエミ


IMG_3773.jpg

ことしの夏からQOOLANDの平井さんと
配信を始めた「さき、あやまっときます。」ですが
ことしの配信も本日残り1回となりました。

そこで、いままでの配信をじぶんなりに振り返ってみました。
いつもスタッフさんが本編より面白いブログを書いてくれてるので、それをリンクしてます。
配信のアーカイブものこっていますが、ブログ読めばだいたい大丈夫です。


🐰第1話『婚活と漫画』
記念すべき第1回放送。
この番組の目的と、それぞれの目標を発表しました。
初回なのでいろいろちゃんとしている。
通信規制により1回目からまるごと放送やりなおしたりしました。

🐰第2話『肉じゃがと主人公』
肉じゃがをつくりました。
平井さんが漫画の主人公を考えてきました。

🐰
第3話『サブキャラとモテ服』
ゲストにSuck a Stew Dryの篠山さんが来てくれました。
モテる服について考えてきました。
服ははじからはじまで友達に借りました。
これ以降その服は着てないです。

🐰第4話『嘘と正直』
平井さんの漫画のタイトルを考えたり、
プロフィールの書き方について勉強したりしました。

🐰第4.5話『ニッキと幽霊』
京都にいたので1人で配信しました。
平井さんのありがたみを実感したりしました。

🐰第5話『ボツネタとスターバックス』
この番組がこの形になるまでのボツ案を発表しました。
タイトルとか、ボツになったぬいぐるみ達、設定とか。
この形にしておいてほんとによかったと思いました。

🐰第6話『サスペンスと懐メロ』
なぞのカラオケ配信。
3曲歌う。
平井さんに思ったより悪く無いと言われたことをいいことに
後々大変なことになる。
視聴者数がすごかったです。
平井さんは1mmも歌っていません。

🐰第7話『赤ペン先生とケセランパサラン』
ハヤシサトルくんがゲストに来てくれました。
カメラマンがゲストということでSNSにあげるための、女の子らしい写真について考えました。
スタッフさんがわたしのはずかしいSNSの写真をプリントアウトしてきてこまりました。

🐰第8話『ハロウィンと光合成
ハロウィンなのでカボチャのチーズケーキをつくりました。

🐰第9話『怪奇現象とポピュラリティー』
平井さんが絆合宿に行きました。
なのでちがう平井さんと配信をしました。
いつもの平井さんより優しかったです。
この日は理想の男性について考えました。

🐰第10話『つまみ食いとマーガレット・ハウエル』
結婚式で両親に読む手紙を書いて来ました。
結婚式じゃなくても親への感謝の気持ちは忘れずにいたいです。
あとお父さんごめん。

🐰第11話『よもぎ団子とカート・コバーン』
平井さんが描いたわたしの似顔絵で、わたしと平井さんの友情に亀裂が入りました。

🐰第12話『石焼いもと覚悟』
勤労感謝の日なので特番。
鍋をしたかったのですが場所がなかったのでリッツパーティーに。
いつもお世話になってる人を褒めちぎるバトルなどをしました。

審査員は「おかし食べながら配信の様子見てるだけでいいよ」と
騙して来てもらったハヤシサトルくんです。

🐰第13話『二重と屁理屈』
Suck a Stew Dryのハジオキクチさま、イタバシヒロチカさまをおむかえして
大喜利バトルをしました。
大喜利ってむずかしいですね。

🐰第14話『シモニテと10人のスペシャルなゲストたち』
ゲストがたくさんでした。豪華。
ウサギとゾウをはめて下北沢の街を歩き回るというなんともいえない配信でした。

🐰第15話『丸眼鏡と疑惑の眼差し』
ほんとは映画とか見て感想を書いてくるはずだったんですが
前日に見たSuck a Stew Dryのワンマンの感想を読みました。   
久しぶりにゲストがいなくて画面が地味でした。
このへんでなんとなく婚活をやめました。

🐰第16話『ムキネコと祝賀会』
QOOLANDのメジャーデビューのお祝いをしました。QOOLANDが全員来てくれました。
ケーキの反応がいまいちでした。
喜んでもらうってむずかしいです。

この日のカメラマンは「配信の様子見てるだけでいいよ」と
騙して来てもらったハヤシサトルくんです。

🐰第17話『新生活とジングルベル』
ヨルニトケルの布施達暁さまがゲストに来てくれました。
新生活についてたくさんお話ししました。
当初の目標が白紙になったので(自分で白紙にした)
QOOLANDの菅さんのアドバイスにより、新しい目標をたてました。
布施くんも巻き込まれてました。


IMG_4190のコピー.jpg


この番組なんですが、はじまったきっかけは
平井さんとスタッフさんがなんかで話をしてるときに
スタッフさんがわたしの名前を出してくれたみたいで
そこから平井さんから連絡きまして、いろいろ打ち合わせをして
じゃあ番組配信でもやるかみたいな感じだったとおもいます。

わたしはほんと「なんか面白そうだなあ〜」という軽い気持ちではじめたのですが
この番組をきっかけに考えることとかもたくさんふえて
正直なところ、婚活どうこうよりも
番組を始めてからの日々の中で変わったことや
考えることが多くなったような、そんな不思議な番組でした。

あとは、もともと自分の声も嫌いで、自分の声で配信するっていうのには
最初の頃は抵抗がなかったわけではないけれど
いままでの回数積み重ねていく中で
誰かに喋ることとか、自分の声を聞くことへの嫌悪感が減りました。

それはすこしよかったことかもしれない。

いろいろ思い返してみたけれど、カラオケ配信とかも
それまでの自分にとってはほんとに「やってみる」なんて
気持ちが出てくるようなことではなかったんだけど
平井さんも、スタッフさんも、「やってみる」ってことに対しては
ぜったいにバカにする人たちじゃなかったからこそ
いろんなことに対して「とりあえずやってみよう」って思えたんだと思います。

それはとてもよかったことかもしれない。

この番組をはじめるときに
見てくれた人が楽しければいいなあってなんとなく思ってたけど
残り少ない放送の中で、もし伝えることができるのであれば
カレーを作りたいと思って、さいごに肉じゃがができてしまったとしても
おいしいじゃがいもの見つけ方とか、にんじんの葉っぱはいがいと長いことに気づくとか
お肉は豚肉がいいのか牛肉がいいのかについて考えることとか
きっと「たのしい!」とか「ふむふむ」ってなることにたくさん出会えるのだと思います。

わたしにとってこの番組はそういう存在でした。(まだおわってないけど)


IMG_4400.jpg

いつも配信みてくれてるみなさまありがとうございます。

ことし最後の配信は、2016年にゲストに来ていただいたみなさまに
わたしと平井さんに反省してほしいことなどを
アンケートとってくれたみたいです。(スタッフさんが)
どんなことが書かれてるのかどきどきしますが楽しく配信できたらいいなと思います。

LINELIVEの配信を見るのにはアプリが便利です。
(アプリがなくても見れます。)
配信の見方はここにわかりやすくまとめてくれているので
よかったら参考にしてみてください。

あと、スタッフさんが「ヒラフク語録」という
番組などででてきたキーワードを拾ってまとめてくれているのですが
これが地味におもしろいです。

最終回まで残り少ないですが、
もうすこしお付き合いいただけると嬉しいです。

またね。

IMG_20161212_0038.jpg

いっしょにLINE LIVEで「さき、あやまっときます。」という番組を配信している
QOOLANDの平井さんが、くろねこまつり出演についてブログを書いてくれました。

(写真は勤労感謝の日の配信の時です。)
(関係ないけど、番組のブログが本編よりも面白いと評判です。)


_23EjN1bI2.44.34.png

読んだあとのわたし↑

とりあえず苦手なことに挑戦しよう!
よし、婚活をしたら面白いんじゃないかとはじめたこの番組も
今現在すでに婚活に挫折し、パーティーなどで知らない人と話すのはもう無理ですと心を閉ざし
挑戦自体を投げ出しはじめるという感動のクライマックスを迎えていますが
そんなわたしの生き様をみてこんなことを考えてくれていたのだとしたら
嬉しい気持ちでいっぱいです。ほんとに。

平井さんとわたしの会話ってあとから考えてみると
お茶漬けの上に浮いてるアラレみたいだなといつも思ってて
軽くて空にふわふわ浮いてるわけでもなければ
ずっしり重いわけでもないし
お茶の上をするする〜って浮いてて、食べても気づいたり気づかなかったりで
わたしはだいたいお茶漬けと一緒に飲み込んじゃうから気づかないんだけど
ちゃんとひとつのアラレとしてお箸でつまんで
こうしてブログという表現に昇華できる平井さんはすごいなと思いました。


nekomatsuri-01.jpg

1月14日に開催する「くろねこまつり」ですがQOOLANDも出演していただきます。

この日、QOOLANDには特別にロングセットで出演していただくことになっています。
快諾してくれた他の出演者のみなさまにも感謝です。
半年間なんだかんだと一緒にバカをやってくれた平井さんという友人のかっこいい本業を、
すこしだけど長い時間、みんなでたのしめたらいいなあっておもっています。

くろねこまつりの予約はこちらから承っております。

展示とねこまつりまであとすこしなので
いろんなひとに助けてもらいながらがんばります。

↑このページのトップへ