20160803-hideyosea02

明日は秀吉の「ロックンロールツアー!」仙台編で
秀吉のお手伝いをしつつネコグッズを販売させていただくために仙台に行きます。


「ロックンロール」というアルバムのレコ発ツアーなのですが
今回のアルバムもジャケットのアートワークをさせていただきました。

リリースされているものとしては
「テルハノイバラ」、「アトノオト」に続いて3枚目になります。

ロックンロールのリリース日にインスタグラムにも同じ内容を書いたりもしたのだけど
もういちどここに「ロックンロール」のジャケットに
込めた気持ちを残しておくことにします。


わたしが、いままで「秀吉のアートワークしてます」って言うと
「前は好きだった」って言う人にたくさん会いました。
いまはあまり聴いていないという人もたくさんいました。

だけど、昔も今も聴いていて、「前の方が良かった」という人には
わたしはいままで1人も会ったことがありませんでした。

それは嬉しくもあり悲しくもあり、
もう一度聴いてもらうには
どうすればいいんだろうと思うきっかけにもなりました。
   
以前好きだったものを、もう一度手に取るということは
ある意味ではゼロからのスタートよりも難しいことなのかもしれません。

秀吉さんに提案をして「ロックンロール」でははじめて
イラストを一切使わないジャケットにしました。
(秀吉の長い歴史の中でもはじめてみたいです。)
バンド名も、タイトルも入っていません。
それはシンプルにしたいとかかっこよくしたいとかそういうことではなくて
バンド名も過去のイメージも無しにして
アルバム名だって知らなくたっていいから
ただただ中の唄を聴いて欲しいという
歌詞を読んで唄を聴いて欲しいっていう
作品と向き合って欲しいのだという
こっそりとそういうことを考えてつくったジャケットです。

秀吉ってどういうバンドですかってきかれたら、
とってもかっこいい唄が聴けるバンドですってそれしか答えられないのだけど、
でもそれって一番大事なことなんじゃないかなとおもっています。

明日の仙台とっても楽しみです。

秀吉「明日はない」