DSC_8887.JPG

こんばんは。
福井市役所で働いている水上です。

普段は市役所で働いてるんですけど、たまにお休みをいただいて、海外でボランティアなんかもしています。

今回は福井あじさいロータリークラブさんと一緒にフィリピンに来ています。

1日目の記事はこちら。

マカティに来ております。 

2日目の記事はこちら☆

タール火山噴火の被災地へ『国体のポロシャツ』を持っていきました! 

3日目、4日目の記事はこちら!

I'm on Leyte Island

今日はフィリピン生活5日目。
明日はもう帰るだけです。

ーーー

今日はロータリークラブのみなさんはマカティポプラシオンロータリークラブと共に共同事業でしたが、僕はお休みいただいて、フィリピンに仕事できているあっちゃんと会ってました。
line_45906924925957.jpg
line_57695223883205.jpg
(ロータリークラブの方々の支援の様子)

たまたまあっちゃんのパートナーの真白さんも来てたので3人で昼飯食べてカフェでだらだら喋ってました。
DSC_8880.JPG
DSC_8881.JPG
DSC_8883.JPG
DSC_8884.JPG
路地入ったところにあったご飯屋(ご飯屋なのか?)

なんかナスを潰して焼いて卵でとじたやつとか、カレー味のチキンとか、お肉とジャガイモのやつとか、ご飯が進んでおいしかった!

あっちゃんのフィリピン半年記念のnote、けっこういい感じなのでシェアしときます☆

PH 2020/02/19|A|note
恩師からいただいた言葉で 大好きな言葉がある 理解するということは 今まで見えていた景色が まるっきり違って見えること じゃあ逆に 見る景色が変われば どうなるんだろう 『私はフィリピンで何が見えているんだろう。』 バスから子供が降りるのに 近くのおじさんが手を貸してあげる 鞄が締め忘れているとすれ違った人が 「危ないよ。」と注意してくれる 毎日どこかで 車の故障や事故により道の真ん中で立ち往生し 渋滞を発生させている 野次馬と警察に囲まれた 誰にも触られない銃殺死体 超高層ビル街を背景に 高級車と並んで優雅に闊歩する馬車 何かを見定めるように周りを見渡す やたら小
note.com

ーーー

僕の基本的な生き方に対する考えの中に『人生は台本』というものがあります。

僕の見ている世界って、僕にしか見えていなくて、目で見て脳みそで捉えている世界です。

僕の今生きているこの世界は僕が見て僕が感じている世界だから、僕が中心で主人公です。

たとえば、僕が見ているこの世界が『水上大輔』という舞台だったとすると主人公水上大輔役は僕、水上大輔です。

タイトルに水上大輔と書かれた舞台の台本の1ページ目をめくると

主人公
水上大輔役:水上大輔

と書かれています。

なので、この世界で僕は1番です。

残りの登場人物は2ページ目以降に書かれています。

なので、この舞台を面白い舞台にするためには僕(水上大輔)が精一杯水上大輔をやらないとダメだなーと思って生きています。

ーーー

この人生は僕という名の物語なので、この世界に現れる人はみんな僕の物語の登場人物です。

だから、誰が何をしてきても、僕は特に悪くは思わないし、なんていうか気持ちを揺さぶられることは無いです。(怒ったり、ムカついたり、悲しかったり、)

ただ、もっとこうやったらもっとこの舞台、物語は面白くなるな、っていうのはあります。

なので、僕の物語から登場人物がいなくなったりは時々します。

最終的に、僕という名の物語が面白いものになるように。

精一杯生きていきます。

ーーー

僕は僕の台本があって、自分の人生を綴っていっていますが、他の人にはきっと他の人の台本があって。

なので、他人をどうにかするっていうのがありえないと思ってます。

うーん、

アドバイスはいいんですけど、操ったり、強制したり、修正したり。

その人その人はそれぞれなので、まずはそれを認めて、みんな自分の人生を自分の足で一生懸命に生きているので、他人をどうこうしようとは思っていないです。

ーーー

僕は水上家の長男として生まれました。

父がいて母がいる。

父には離れた場所に父と母。
母にも父と母。

兄弟は弟がふたりと年の離れた妹がひとりいます。

ただ、子供の時の父親との思い出というのはあんまり無いです。

父親は家に居ませんでした。

たまにいると殴られる。
弟がふたり喧嘩していると「うるさい」と長男である僕が殴られました。

自分の体ひとつで会社を立ち上げたうちの父親は僕が子供の時は仕事のためにほとんど家にいませんでした。

そして、自分で生きている父親の生き方を子供にその通りに教えるのは、子供たちを生きていける能力を持って欲しいと願う父親の気持ちとしてはわからなくも無いんですけど、意見を押し付けられて育てられた僕達は自分の想いというか考えがどんどん無くなっていっちゃったんだと思います。

そして、福井の詰め込み教育。
宿題たくさーんの教育で個人の能力が殺され、集団主義の中育ってきた僕には「自分が何がやりたいか」がわからなくなってしまってました。

僕は中身空っぽになっちゃいました。

なので、誰かのやりたい!を僕のやりたいにすることにしました。

「水上さん、これ面白そうじゃないですか?」をやり、「こういうことやりたいです!」をやります。

中身からっぽなのですぐ人の影響を受けます。

僕から出てくる言葉ってだいたい誰かの言っていた事なんですよ笑

でも、誰かのやりたいを一緒にやって、僕のやりたいになっていって、それをやっていると、なんていうかすごくいい気持ちになります。

楽しくて、楽しくて。

「水上さん、次なにやりたいですか?」って聞かれてもちょっとよくわかんないんです。

誰かのやりたいをやりたい。

ーーー

なんか、自分にだけは嘘をついちゃいけないと思います。

嘘つくのは、うーん、あまりよくないけど
自分にだけはついちゃダメです。

自分とは別れることができないから。

他人に嘘をついてもいいけど、自分にだけは嘘をついてはダメ

ーーーーー

なんか、真白さんがふっと「フィリピンには自分探しに来た」って言ったのがきっかけで、僕もいろいろ考えちゃって上に書いたことをダラダラしゃべってました。

「自分探し」って自分は探す必要なくて自分はもういるからここにいるから探さなくてよくて(って僕は考えている。)

で、自分には自分にだけは嘘つかないように生きればいいかなーと。

自分ぐらいは自分のこと楽しく生きさせてあげたいなー、って。

自分の人生の主人公は自分だから。

ただ、人はいろいろな影響を受けて変わる生き物だと思っているから、昨日の自分と今日の自分、明日の自分もまったく違うこと言うっていうのはありえるというかあると思っているから、自分ってここにあるようでここには無いというか

僕は特に中身がからっぽなのですぐ影響されます。

言ってることころころ変わりますし、ちょっと前に「これやりたい!」って言っててもやらなかったりします。

それは「人はいろいろな影響を受けて変わる生き物」だと思っているからしょうがないのです。

なんか、ダラダラ書いちゃいましたが、いろいろと考えたフィリピンでした。

明日は5時起き!
飛行機に乗って福井に帰りますー✈️💨

DSC_8810.JPG
こんにちは。

フィリピン生活4日目です。

昨日は1日移動の日で、疲れて寝ちゃいました。。。

1日目の記事はこちらです☆

マカティに来ております。

2日目はこちら☆☆

タール火山噴火の被災地へ国体ポロシャツを持ってきました!

昨日の3日目は滞在していたマニラのマカティから飛行機に乗りレイテ島に来ました。

飛行場に行く前、お昼にマニラロータリークラブの例会に福井あじさいロータリークラブの皆さんと共に出席しました。

DSC_8805.JPG

そこにはアメリカに在住しているフィリピンの特命全権大使もゲストで来ており、活発な意見交換をしていました。

マニラロータリークラブは『アジアで1番初めのロータリークラブ』らしく、出来たのが1919年。
去年創立100年だったらしいです。

DSC_8808.JPG

福井あじさいロータリークラブが姉妹関係にあるマカティポブラシオンRCに紹介してもらっての例会出席だったようです。

マニラロータリークラブの例会後は飛行機に乗りレイテ島へ。

DSCPDC_0001_BURST20200220142931769.JPG

レイテ島に着くと、レイテ島のタクロバン市にあるカンカバトロータリークラブの方々が迎えに来てくれました。

ホテルまで送ってもらい、夜は懇親会に。

そして、今日4日目はレイテ島のギンダプーナン小学校へ来ました。


福井あじさいロータリークラブとレイテ島のカンカバトロータリークラブとの共同事業です。

カンカバトロータリークラブの会長さんは、福井あじさいロータリークラブのおかげでずっとやりたいと思っていたことが実現したと仰ってくれました。

飲水プロジェクトは井戸掘りからやって、現地の方が水道の施設の設計をしました。

DSC_8826.JPG
DSC_8827.JPG

井戸掘りから、これだけの施設を作ろうと思うと日本だときっと2,000万円くらいかかると思います。

約30万ペソでできたこの施設はものすごく綺麗でした。

飲水施設の完成セレモニーのあとはお菓子を配りました。

子供たちがたくさん近寄ってきてくれて、「一緒に写真撮ろう!」って言ってくれました。



DSC_8837.JPG
とってもかわいい!!!

(レイテ島のホテルにドライヤーが無かったので、僕の髪型がちょっとアレです。)

髪の毛をかきあげてたら子供たちがみんな僕の髪かきあげているやつを真似しだして、たぶんちょっとイジられてました笑

ーーーーー

ここでちょっとレイテ島の話を。

レイテ島と日本はけっこう歴史的な背景があります。

第二次世界大戦当初、当時の日本軍はアメリカの植民地であったフィリピンをアメリカから奪い、フィリピンを占領していました。

その時にフィリピン人も虐殺していたため、日本はよく思われてなかったんじゃないかと思います。

そんな、日本からフィリピンを取り戻してもらいたい、マッカーサーが上陸した時にはフィリピンの方々はそう思ったんじゃないでしょうか。

DSC_8816.JPG
(マッカーサー上陸の銅像)

当時日本軍がフィリピンを占領した時にフィリピンに在中していたのはマッカーサーでした。

そのマッカーサーが500の艦隊を引き連れて戻ってきた時の様子が銅像になってます。

当時のフィリピンからするとマッカーサーは英雄だったんじゃないでしょうか。

フィリピンのレイテ島を落とされると一気に沖縄、本島へと進行を許してしまう。
当時の日本軍は総戦力をレイテ島につぎ込みました。

記録によると初めて神風特攻が行われたのはここでの戦いらしいです。

若い日本人の多くが亡くなったんだと思います。

戦争は正義と正義の戦いのため、誰が悪いとかは無いと思います。
当時の日本も国に残る母親を守るため。子どもを守るため。妻を守るため。
国を守るための戦いです。

戦争は正解ではありません。

でも良い悪いではないなーと思いました。

DSC_8859.JPG

当時の日本軍はフィリピンに対し、ひどい行為をしてきたんじゃないかと思います。

でも、レイテ島にはこうした慰霊碑があります。

DSC_8869.JPG

レイテ島に来て、フィリピンの方とコミュニケーションを取らせてもらって、一緒にお酒を飲んで楽しくなる。

当時日本がしてきた行為を忘れてはいけないと思います。

でも、今はフィリピンの人達とお酒を飲もうと思います!

慰霊碑までもカンカバトロータリークラブの方々に連れて行ってもらいました。

DSC_8872.JPG

ここで、この場所で、日本人とフィリピン人とが笑いながら、バカな話をする。

なんか、こういう平和を無くしたらダメですね。

戦争は絶対にしちゃダメです。

DSCPDC_0001_BURST20200221124803275_COVER.JPG
福井あじさいロータリークラブの方とカンカバトロータリークラブの方。
同じサイズ感www

ものすごく笑いました!

line_392327647365108.jpg

こんばんは。水上です。
僕は福井市役所で働きながら、昨日から完全プライベートで、ボランティアでフィリピンに来ております。

昨日の記事はこちらです☆

マカティに来ております。

昨日はフィリピンのマカティロータリークラブさんと僕が今回お世話になってる福井あじさいロータリークラブさんとの夕食会でした。

会場は、きっさてん KISSATEN という名前のTEMPURAとかSUSHIとかが出てくる居酒屋でした。

お寿司とか天ぷらとかをマカティRCさんたちと楽しんでるとメニューに「CURRY RICE」の文字が、、、🍛

それを見つけたメンバーの方から「水上くん!カレーあるよ!頼まなきゃ!」と

そうです。
僕はカレーがあると頼まないといけないのです。


フクイカレークラブというカレーのメディアをやっています。
なので、水上と言えばカレー、カレーと言えば水上なのです。

うん。ものすごくキャンプのカレーでした。
キャンプの時に作るカレーのソレ。

めっちゃおいしかった!!!

ちなみに

きっさてん KISSATEN という名前の居酒屋さん☆


で、それからロータリークラブの方々と2次会とか3次会とかいろいろ行かせてもらって結構夜遅までなったんですけど、めっちゃ楽しかったですー!!!

そして今日はマニラの南の方にあるタール火山が2020年1月12日に噴火したてほやほやということで、その避難所に支援に行きました。

line_392273466305285.jpg

テントが立ち並んでる建物には扉がなく、たぶん建設途中であったところ(屋根はある)にテントが立ち並んでいました。

line_392365781115614.jpg
line_392368838100874.jpg
line_392377978145974.jpg
line_392405192669401.jpg

避難所にいている子供たちや、おばちゃんたちにポロシャツをひとりひとり手渡しであげることができました。

line_392246825403681.jpg
line_392397444546488.jpg
DSCPDC_0002_BURST20200219120623396.JPG

ポロシャツと子供用のマスクを渡しました。
行った時ににはすごく風が強くて、強い風邪が吹くと火山灰が舞い上がり、マスクは必要でした。

配るとすぐにつけてくれました。

line_392257297014718.jpg
(この写真好き)

そこはホテルから行くのに2時間ちょっとでしたが、帰りは渋滞ラッシュにつかまっちゃって3時間たってもまだ帰れません。。。

ホテル付近に戻ったらみんなで晩御飯!

明日はレイテ島に向けて出発です!

↑このページのトップへ