こんにちは~✨😃❗

チュリモフゲラシメンコ彗星と並走する探査機からの画像から、彗星を回る4メートルサイズの小さな衛星が発見されたようです。

チュリムーンと名前をつけたとのこと。
_20190819_134219.JPG
彗星本体は大きさ数キロメートル。
記事の中のタイムラプス画像でゆっくりと自転する彗星の姿は迫力があります。
表面から盛んに蒸発し、流星群の元になる微粒子が飛び出しています。

いつも、いいね❗をありがとうございます。