連日の梅雨空で、薄雲を通して見える月は青く見えています。
全体が水蒸気に包まれているからでしょう、青っぽく見えます。
_20170703_210933.JPG

月に傘がかかって、右下には木星。
DSC_0392.JPG

その木星にも、傘がかかっていますが、本体のすぐ横には左右に2個ずつ衛星が見えています。少し'離れて見えるのは、衛星ではありません。
1010077.jpg
貴重な晴れ間を使って、星空ウォーキングです。

おはようございます。
早朝、目覚めてベランダに出ると、西に傾いた夏の大三角形、東の空に金星が見えています。
少し、雲がかかっていますが、撮影してみました。

一足早い七夕の星、左の明るいのが彦星、右の屋根にかかりそうなのが織姫です。
_20170703_040057.JPG
カメラの三脚を、ベランダの手すりに押し当てて辛うじて写せました。
ベランダから見える星空は狭いです。

そして、東の空に向けると金星です。
あとで気がつきましたが、左上の方にすばる、プレアデスが写っています。
避雷針の上に、6~7個の星があると思います。少し拡大しないと見えないかも。
_20170703_040201.JPG
早朝の梅雨の晴れ間、星空ウォーキングでした。
これから、早朝の地上ウォーキングです。

昨夕、木星と最接近した月は今夜は、スピカに接近しました。
相変わらず、梅雨空の雲間からどうにか3つが顔を出すタイミングを狙っていました。
DSC_0382.JPG

右端が木星、月の下がスピカで三角定規のような配置ですね。
月は上弦過ぎですが、スピカの明るさより圧倒的に明るいので、満月のように写っています。
肉眼では、半月過ぎの形が雲を通して見えます。
1010059.jpg

その月は、薄雲のため虹のような傘がかかっています。
1010062.jpg
梅雨の晴れ間、お手軽星空ウォーキングでした。
月は、9日の満月に向けて形を変えていきます。

↑このページのトップへ