先日の撮影で

宝塚の娘役さんが
貴族役などでよく着られる

『輪っかのドレス』

を着ていました。






放心。








豪華な生地をたっぷり使った
重量感のあるドレスの場合、

パニエではなく

輪っかの骨組みの型
クリノリンで
スカートを膨らませることが多いのです。





クリノリン。






マリー・アントワネット役や
エリザベート役で使われるドレスも

ものすごくゴージャスなので

『輪っかのドレス』






そんな
素敵なドレスを着ることができて

嬉しいなぁと
ニヤつく反面、



このドレスを着て
歌い踊りまくる娘役さんの体力って
半端ない…

と愕然としていました。








壁に手をついていないと
ふらつく

体力の無さ…



体幹かなあ