街を歩くのに勇気はいらないが、立ち止まるのには勇気がいる。立ち止まると言うのはその街を知ろうとすることだし、また街に私のことを知られるということでもある。私は少しの勇気を持って立ち止まってみた。突然立ち止まった私に驚いた人が私を見たために目が合った。街が私を知ろうとしてきたのだ。私はわずかに怯えを感じたが、それでも街を知るために周囲をゆっくり見渡した。すると目の前に、花屋が現れた。その花屋の出現は、モヤモヤした視界が晴れるような、また急に呼吸がしやすくなるような、つまり私が今までいた世界は靄がかかって息苦しかったんだと教えてくれるような、明瞭なものであった。
 新芽が出るこの季節に並ぶ花たちは、色とりどりで美しく私の心を明るくさせた。どれか一つ買って帰ろう、そう思って店先で花を眺めてみた。しかし、どうしても花を選ぶことが出来ない。その花を実際に手に取ろうとすると、私の手はとたんに重くなり動いてくれないのだ。どうしたことだろう、少し前までは沢山の花を買ってあんなに色彩を愛していたはずなのに。その色彩は急に胡散臭い誠実さを私に与え、嘘のような情熱を売りつけてくる気がした。好きや愛情はすぐ憎しみに裏返る。かつて私を愛してくれた人々もそうして私から離れていったのだから仕方ない。
 そして私はその色とりどりの花の中に、押しつぶされるようにひっそりと小さく咲く、白いかすみ草を見つけた。心がコトリと音を立てて鳴った。私はその健気な花を300円で買って、街を歩き始めた。
 私の手元でかすみ草が揺れている。歩いたことのない道を歩いてみたかった。右に曲がったのか左に曲がったのか、とにかく私は好きな道を見つけると吸い込まれるように歩き続けた。この街の路地裏は風が強く吹く。その度に私はこのかすみ草の小さな花が風に吹かれて飛んでいってしまうのではないかと不安になり、まるで赤ん坊を抱くようにかすみ草をかかえて歩いていた。
 私は自分のことを、生まれ育った故郷のような広い道路や大きな空が好きな人間だと思っていた。しかし今私の心を惹きつけるのはこの狭い路地裏なのだ。そしてその路地裏から見上げる電線の交差の奥にある青い空の慎ましさ。私はかすみ草をそれらの景観と重ねたりしながら路地を歩き続けた。
 そしてその公園を見つけたのだ。その公園の入り口には木々が立っており、その奥に野原が広がっていた。その野原には多くの人がいて、それぞれが思い思いの過ごし方をしているのが木々の隙間から見えた。私はなぜか胸がつかれるような思いで、その木々の間をゆっくりと進んでいった。野原が近づいてくるたび、私は木々の間から見えるこの景色がまるで自分の回想であるかのような錯覚に襲われた。そして私は野原の真ん中を通る一本の長い道に出た。その道を一歩ずつ進んでいく私の周りを、街の人々が生きていた。私はかつてあの子どものように走り回り、あの恋人たちのように腕を組み、あの家族のように笑い合った。歳を取った私がこの世を去るときに、神様が最後の若かりし時間をくれたのかもしれない。その姿が今の私で、街の人々は私の走馬灯。そして私の手元にはかすみ草が揺れている。
 私は今日、この街と知り合いになった。
8lUKxEEg4Y.jpg
eKB4ySWA2r.jpg
TAcqxmj1oY.jpg
jyfSqbURWK.jpg
CFmDXsz8Ve.jpg