引っ越してから何日かが経った。
荷物を仕分けてるとき、自分の中に何か沸き立つものがあったので日記を書こうと思ったのだが、何日か経ってしまうとあのときの熱は冷めてしまったように感じる。村上龍の小説にもあったように、欲しいと思ったものはその瞬間に手に入れないと駄目なんだと思う。

日記を書くには体力がいると思う(体力を時間と言い換えても良い)。
というか体力の使い方を考えなければいけないと思う。生活していて思うけど、LINEやツイッター、必要事項の連絡にすごく体力を使っている。本を読む時間すら消えていく。僕の同世代で連絡の返信が早いスゴイ奴はあんまりいない。
でも、そこにはコツがある。
体力の使い方を、知るということだ。
例えば誕生日に写真を印刷してメッセージを書いてプレゼントするとか、わからないことがあればすぐ電話して聞くとか、料理も、履修登録も。知っていればなんでもない簡単なことが知らないだけで恐ろしく大変なことに感じてしまう。要するに体力の使い方を知らないだけなんだ。場所の話になるが、自分の体力をどの場所で消費すべきか理解するのはかなり有効な手段だ。今もぼくはこの日記を図書館で書いている。自分の時間は無理にでも捻出しないと。
この体力の使い方を教えてくれる人はほとんどいない。まず学ぶのにけっこう時間がかかる。僕だって今でも放っておいてる問題が山積みなくらい。僕は幸い、4年をかけて先輩から少しずつ学ぶことができてるけれど、もう少し早く学ぶことができたら大学を卒業出来たなと思う。そもそもここまで書いて疑問に思ったけど、僕と同じようなことに悩んでる人っているのかな⁉︎コメントで回答してもらえると嬉しいです。

話は戻るけど、引っ越しのとき僕を沸き立たせたものはダンボール5箱分の捨てられない荷物だった。上京して最初の家に住んでから初めて引っ越したとき、僕の荷物は大きなリュック一つだけだった(家具はレンタル)。
それからオフィス作に入って、4年が経つ。
4年でダンボール5箱分の大切なものが増えた。当然嬉しい気持ちもあったが、捨てられないものが増えるというのは同時に不安も生む。大切なものは一つあればいいと思って生きてるからだ。両手に抱えた荷物を一つずつ捨てていって、最後に一つだけ決して捨てられないものが残る。そういう生き方に憧れているし、それが幸福なんじゃないかと思う。ある戯曲の受け売りだけど。

それでも、その荷物の一つ一つにちゃんと目を通していくと不安なんかよりももっと大きな感情が湧き上がってくる。そのほとんどが手書きのメッセージや沢山の写真、グシャグシャの台本や大切な作品のチラシ、本やDVD。イヤホンからは大好きなドラマのサウンドトラックが流れていて。僕はなんだか少し満たされた気分になったんだ。それでそのあと、まだまだいけるじゃんって思った。

もっとダンボールが増えても、余裕。

がらんどうになって急に他人行儀になった部屋に別れを告げて、ここからもっと頑張ろうと思った。

藤原季節
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1500.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0081.JPG
去年の七夕に千歳船橋のapoc theaterで『二度と燃えぬ火』を上演したSARUGAKUCOMPANYが、今年は48時間で映画を作った。
4日の19時に全世界でゴングが鳴り、48時間以内にお題に沿ったテーマで脚本・撮影・編集を終わらせ提出するという48時間映画祭。全世界で約5000チームが作品を出すらしい。。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0201.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0202.JPG

こうして約20人くらい?のチームが今年も集結し、創作がスタートした。内容やタイトルはまだ言えないのですが、一ヶ月後には発表できるだろうと思います。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0214.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0150.JPG
美味しいご飯。
みんなが、役者、制作、炊事など、それぞれの役割のために動いてくれました。
それでも、締め切り時間が迫る中、なかなか完成は見えてこない。眠りに落ちる者も続出する中、粘る札内幸太。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0238.JPG
もはやどんな状態かわからない!笑
おそらく、データの書き出しに祈りを込めてるのだろう。
とりあえず、未完成でも提出しないよりはマシ!書き出した未完成バージョンを持った大門さん、走る!残った我々はギリギリまで編集作業、車でも最後の粘りを見せる!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0261.JPG
結果、
道路混雑で間に合わーず(*_*)!!!

それでも未完成バージョンの提出は間に合い、出来ることはやり尽くしたみんなの表情は晴れやかでした。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0270.JPG

現在SARUGAKUCOMPANYでは、他にも映画の制作と、来年に向けて演劇が上演できるよう準備が進んでいます。海外へ修行に出ているメンバーもいるので、この先どうパワーアップしてゆくのか、僕自身も楽しみであります。


p.s.昨日ある映画の撮影に参加してきました。そこである人と再会することが出来ました。早く報告したいです。おそらくその映画、すごく面白くなると思います。『美しい星』の栗田、『全員死刑』の吉田ショウジ。そしてまた昨日新たに誕生した珍キャラ。いったい藤原季節はどうなっていくのか。乞うご期待であります!


高校の夏、剣道をやめた。

あの時の顧問の先生の悲しそうな顔を今でも覚えている。学校中から恐がられてた先生だったけどその時は何も言わなかった。ただ悲しそうな顔をしていた。
その辺りから自分の人生は大きく変わっていったと思う。授業にもあんまり行かなくなって、思えば眠ってばかりの青春だったと思う。
ちびっ子の頃からライバルだった仲間はどんどん強くなっていって、立派に高校・大学を卒業して今は教師になったやつもいる。あのとき剣道をやめていなかったら僕もそうなっていたのかもしれない。それに辞めてから疎遠になってしまった剣道部の皆ともずっと一緒にいられたかもしれない。お菓子を片手に自転車を漕ぎながらありえない坂道をスイスイ登っていく先輩たちの背中は今でも遠い。

でもそれと同時に、もしやめていなかったら今ここにはいないんだ、とも思う。あいつにもあの人にもあの子にも出会えてなかったんだって。
もちろん高校を卒業してからの6年間は僕にとってはなかなか大変だったし、今も相変わらずだけど、その6年間にはちゃんと価値があったと思う。現在進行形で。
あの時、続けた先に一生の友達がいたのか、それとも辞めた先に一生の友達がいたのかなんてわからない。選択は怖いことだし、あのときああしていたらなって思い続けることもあるけど、今自分がいる環境を好きになることから始めていかないとって思う。ちびっ子剣道少年だった頃に先生から教えてもらったことは今も自分の中に生き続けてる。何もあの選択で全てを失ったわけじゃない。


「部屋の乱れは心の乱れ!」


「はい、先生!」


つってね。


_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6133.JPG

↑このページのトップへ