さて、LINE MUSICの藤田琢己のプレイリストがアップされました。

さっそく解説していきましょう!

今回は、いわゆるロックバンドじゃないラインナップにしたくて、
シティポップとか、ソウル、なテイストを感じる
アーティストを 選びました。

まずは、今年期待のフレッシュアーティスト
Official髭男dism「SWEET TWEET」
higedan

山陰の爽やかバンドです。
歌も良いし、メロディも良い。
ぜひ知ってもらいたいバンドです。

そしてこれを聴くと、この曲に繋ぎたくなったりして
Keishi Tanaka「Floatin' Groove」
KeishiTanakaFloatin
華やかで、軽快で、ノリノリで、
とにかく楽しくなりますよねー。
名to the曲!

そして、ケイシ君がボーカルを務めていた
バンドといえば・・・

riddim saunter「FRESH」
なつかしいなあ。そしていつ聴いても最高。
華やかで、軽快で、ノリノリで(笑)
これは他のラインナップより古い曲ですけど、
こういった(ストリーミングの)リスニングスタイルでは、
古い新しいを完全ミックスしたほうが絶対楽しいです。
だって、曲が良いんだもん。古い新しい関係ないっす。


そして最新の注目アーティストへ
Suchmos「STAY TUNE」
suchmostaytuned

今年ブレーク本命か?!なんていいたくなるほど、
めちゃくちゃ良いです。パフォーマンスも
見るたびに良くなってるし、音楽的才能がすごい。
演奏するたびにアレンジが変化して、常に演奏をアップデートし続ける
スタンスが良い!ライブをぜひ!

そしてそんなサチモスのベースHSU(スー)君が在籍している
もう一つのバンドはSANABAGUN
選んだ曲は「J・S・P」
sanabamejor

かっこよい。噛みついてるような、でも
自嘲もしてるような、でもやっぱりディスって
るようなww
それは、音楽としてのかっこよさ、ストリートで表現し続けた
ストリート目線、ということでしょう。

そしてかなりソフトにうってかわって
Awsome City Club「Children」
Awsomecitychildren

シティポップの新世代の旗手!なんていうと
プレッシャーをかけすぎかもしれませんが、
洗練されたサウンド、グッドメロディ、寄り添うような
歌、ポップな歌、いろいろな表現ができるアーティストです。
爽やかで素敵ですよね。

そしてオーサムシティクラブをかけたらかけたくなるのが
雨のパレード「Tokyo」
amenoparade
アーティスティックなアプローチや、
エレクトリックなダンスミュージックなど、
多彩かつ芸術的なバンド。かっこいいんですよねー。
この曲は洗練されたシティポップな感じが素敵です。

ということで前編でした。
次回後編、お楽しみに!