月別アーカイブ / 2020年09月

BiSHアユニ・Dさんによるソロプロジェクト

先月出ていたセカンドフルアルバムを聴きました!


IMG_5075.jpg


カッコ良かった!


オルタナな匂いのロックな楽曲がガリガリ攻めてきて、

可愛らしくも芯があってロックな歌い方の

ボーカリストとしての唯一無二な存在感を感じながら

ゴリっとしたベースにもドキドキしておりました。

いま、かなりな時間を割いて耳に入ってくるサウンドは、
シティポップかエレクトリックな R&Bかトラップかドリルか、、、


という感じですけど、



突き抜けてオルタナティブなロックは

なんだか今すごく新鮮に入ってきて、


気持ちがいいもんですね。


衝動を音にするなら、
やっぱりこういう音がいいなぁと
改めて思いました。 


 

 8曲目「愛してるベイベー」の歌の中に出てくる

2回目の「ベイベー!」のシャウトが好きです。 

語感的にもベイベーって、


可愛くいくかなー、

と思ったらそうじゃなくて、
むしろそういう計算みたいなのを排除した、
好きなことにまっすぐ歌って表現してるんだろうなぁと感じました。


深読みしすぎか・・・

あ、11曲目「へなちょこ」のラストに出てくるのも好きです。
(もういいってww)


BiSHとしてはLINE MUSICのサマソニ配信番組で2年、
2回ゲストでお会いしてるんですけどね。
あっという間に過ぎていくコーナーなので、
またいつかどこかでご挨拶できればと願っております。

ハマ君との対談、アルバムのギターで参加している
ナンバーガールの田淵ひさ子さんとの対談なんかも見ました。




たなしんさん、
Youtubeちゃんねる
「タナブロ」でぜひ!!




 

おいしくるメロンパン


 Oushikuru.jpg

3ピースバンド。

透明感のあるボーカル、でもバンドのサウンドは結構タイトに、

ガツっとロックしていて、さらに

一筋縄でいかないところも聴かせてくれるかっこいいバンド。

フェスでみたりとか、番組に来てもらったりとか、

お世話にもなっている好きなバンドです。 

新作が配信になりましたね。



...びびった。


すげぇ展開がカッコ良くて、

演奏がカッコ良くて、

おいおいおい、

こんなかっこいいアレンジ全部入れちゃって

もったいなくない?

2、3曲作れちゃうんじゃないの?

っていう訳わからない心配するくらい、

いろんな展開が楽しめます。

ぜひ聴いてみてください!


 メンバーのYoutubeでは毎週水曜日にトーク番組を展開。

ゆるりと喋ってるのがほっこり落ち着きます。

メッセージも募集して、
ラジオ的な感じもあるのでぜひ!


 
そして9月26日、
配信ライブをやるそうですよ!

チェックせねば!!!



そういえばコロナ禍でこんなビデオも!

 

左下の人は「ミルノスキー」さんだそうですwww 


聴いてほしいなと。


Saucy Dog のニューミニアルバム

「テイクミー」


SaucyTakeme.jpg
三人が持ち寄って、出し合って、紡ぎ上げた、

いろんなアイデアと思い出と、、、

そんなジャケットかなー。


収録曲シーグラスは名曲





そういえば、サウシーはコンスタントに7曲ボリュームの作品を出していますね。


2017年に「カントリーロード」
SaucyCountryRoad.jpg

そして2018年「サラダデイズ」
SaucySaladDays.jpg

そして2019年は「ブルーピリオド」

SaucyBluePeriod.jpg


風景が印象的なジャケットから、

メンバーの楽器、身近なものが目の前にあるジャケットになりましたね。

テイクミー。連れていってよ、という。

遠くを眺めているのではなく、


自分の近くから、外へ連れ出してくれる。


そんな印象。


スッと入ってくるミディアムな曲は

サウシー節というか、最高のスイートスポットというか、

安定の歩調という感じがして、気持ちよく体に入ってきますね。

自然の呼吸感で音楽が入ってくるって、
どこにでも連れ出していける感じがしていいですね。

そして一番すごいなぁと思っているところは、

目の前に映像が繰り広げられるような描写。

物語に入っていく演出っていうんでしょうかね。
すごいなーと思います。


そして思い出すと切なくなる事とか、

振り切って前に進みたい思いとか、

いろんな情景、心情を思い起こさせてくれます。


かといって悲壮感満載にならないのは、


石原くんの歌の力、絶妙なニュアンスなのかなと思っています。

歌が良いし、声もいいよねぇ。

3人が合わさった演奏もナイス!




というアルバム「テイクミー」聴いてみてください。

今までの作品ももちろん是非!




来年武道館も予定されています。
このままの勢いで、
彼らの歌がいろんな人のいろんな生活のそばに寄り添ってくれると良いなと願っています。






↑このページのトップへ