月別アーカイブ / 2019年11月

眩暈SIREN


めまいさいれん



以前ここで紹介しましたね

MemaiSirenpic.jpg

神秘的


でも


めちゃめちゃエモーショナルで、

思いが音、声、展開に全部乗っかってくるので、

鋭さと重量を持って曲が刺さります。


これ、ミステリアスだから余計に作用する気がする・・・。

せつなさ、というのかな、悲しみ、、、後悔にちょっと近い気がするんですが、


そこが共感を呼ぶと思います。

MemaiSirenNijimu.jpg

ちょっとタイミングを逃してしまいましたが、

いまめっちゃ聴いています。

両A面という新作。

「滲む錆色」と「紫陽花」



シリアスなムードと、感情の高ぶりが曲の展開になってせまります。

amazarashi にもすこし近いような、独特の世界観。

声が耳元にリアルに響く感じ、切に訴えるような、

秋田くんほどの叫びではないにせよ、

心の奥底の少しどろっとしたところを表現するところは、
そう遠くはないはず。


「紫陽花」の後半、アカペラコーラスがウワ〜!って入ってきて、、、
そこから一気に疾走していく展開がめちゃくちゃ好きです。





鳥肌ものです。


何回聴いてもゾクッとする・・・。







 

ravenknee




 れいべんにい


ravenkneeprf.jpg


初めて音源を聴いた時から好きです。

あんまり一聴して、なんてないタイプ、

だと自分では思っているのですが、

最初から好きですね。

れいべんにー。



このブログで紹介して、


業界の方からリアクションもらったりして、


最初に紹介した頃から反響のあったアーティスト。

打ち込みも

バンド感も

バイリンガルも

ダンスミュージック感も


大きめコーラスのアンセム感も、


内省感も、、、


全部センスよくブレンドしているバンド。




新作を聴くたびに開けていく、

周りを巻き込んでいく、

大きな場所へ繰り出そうとしている、

そんな流れを勝手に感じていました。


そして、待望の、、、


1st フルアルバム!!!!

ravenknee_theERA.jpg


このジャケ素敵。


背景は、夕暮れか、夜明けか、、、


僕は夜明けだと思っていて、


その、彼らの足跡、音を聴いてきて、


夜明けに向かっていると自然と思ったので。










今という時代に、

日本のバンドがどんな音を、

どんな言葉を、

鳴らして伝えていったらいいんでしょうね。


答えはそれぞれだし、

答えはないのかもしれないし、


でも、


このアルバムがあるってのは、

少なくとも今年、


ヒントになるんじゃないかなって思います。


話がでかい?

まぁ、いいじゃないですか。


そのくらい期待してるし、

ミミノコにもブッキングさせてもらったし、

個人的に推せるならどれだけだって推したいし。

これからの活動にワクワクしています。










 

現在イギリス、ロンドンを中心に活動している

The fin.
thefin_a2019.jpg


そして


小袋成彬
obukuro.jpg


両者のロンドンコラボ曲がかっこいい!!


タイトルは「COLD」
cold_artwork.jpg



各種サイトで聴けますね




ひんやりしている、と言われれば、、

そうですね。

Yutoくんの気持ちの良いハイトーンボーカル。
包み込むように、でも掴ませないような、、、素敵。


小袋成彬さんプロデュースのダンサブルなトラック
ニューウエィビーな感じもありつつ、
ズン、とタイトで重たい感じもあって、
かっこいいなぁ。


 

是非チェックしてみてくださいね!!




こういうのがクラブでかかって、

お酒が進むの、、、

いいよねぇww

 

↑このページのトップへ