月別アーカイブ / 2019年10月

ドラガリアロスト

僕も楽しんでいます。

任天堂がCygamesとタッグを組んで作っているのもあって、

キャラクターの細かい動きがすごくいいんですよね。

そして、最初から、その音楽が凄かった。

DAOKOちゃんのオリジナルが、テーマソングでオープニングで流れる、

だけじゃなくて、ゲームのいろんなところに音楽が楽しめるようになっていて、

そして、、、アルバムが出る!

DragaliaLost.jpg
初回盤を買うとアイテムセットがゲットできたり、
アニバーサリーイベントに参加できたりと、

ゲーム、音楽、っていう単純なものだけじゃなくて、
相互に影響しあったり、リアルでの展開があったり。

すごく可能性を感じます。



そもそもね、



サントラ、とか、BGMとか、そうじゃなくて、


ちゃんとした作品、アルバムとして聴ける作品なんですよね。

それもすごい。




ゲームと密接に繋がって、なおかつ作品としてちゃんと成立するアルバムが、

今後も出てきて欲しいです。


ゲームとアーティストということでは、

作品じゃなくて、ライブ、という可能性も。




DJのマシュメロも、
marshmello.jpg

FORTNITEの中でバーチャルライブやったり。


ゲームと音楽の有り様は変わってきていると思います。




マシュメロじゃないけど、オンラインゲームでライブやってたらやっぱ面白いなぁ。

「龍が如く」で神室町にライブハウスがあって、普通に課金してチケット買ったりしてね。

湘南乃風とかがライブやったら見たいなぁ。

新宿ロフトのあたりのロケーションでぜひww


脱線してすみません。



とにかく、ゲームのサントラ、ってだけじゃなくて、

ゲームに絡みながらもアーティスト独自のクリエイティブがちゃんと
活きる作品も出せるような気がするんだよな。


とにかく、楽しく聴ける、そして遊べる、

いろんな可能性を感じる作品です。



cinema staff

ベストアルバムが出ておりますね。


 cinema_best.jpg


改めてじっくりと聴いています。

2枚組のベスト盤はメジャーもインディーズも

時代を超えて選ばれて、

新曲も2曲入っています。

バンドの熱のこもった演奏。

まるで目の前でライブが行われているかのような、

熱をパッケージングしているような気持ちになりました。

そして、その熱でないがしろにならない

構成、そして飯田くんの歌声。

強く、そして時に複雑に、

そしてメロディアスに、

天性の歌声で爽やかにもなる、

このバランスを持っているバンドって、

僕は他に知らないです。

ずるいくらい、多要素が塊になるバンド。

ブッチャーズもLOSTAGEも、

J-ROCKだって、

インディーポップだって、

ポストロックだって、 

冷静だって、情熱だって、

爽やかさもがむしゃらさも、

彼らにしかブレンドできない配分で、


そう「なっちまうでしょう」と、やってのける。
(*『奇跡』の一節)

乱暴なのか丁寧なのか、

そんな言葉も含めて、


シネマは、どんな印象に聞こえる曲だって、

ずっとシネマなんだな、

と、ベスト盤を通して聴くことで、

より理解が深まりました。



是非聴いてみてくださいね!!


11月から全国ツアーもありますね!!


行きたい!!

 

リリースになって少し経ちましたが、
THE BOHEMIANSのニューアルバムです。

「THE POPMAN’S REVIEW」

KpCtRvqmHp.JPG
これをぜひ聴いてみてほしいなぁ。

めっちゃ楽しいんですよ。





昨年のベストアルバムを経ての、

バンドの今とこれからが鳴っている、

持ち味のキャッチーさと、

豊かな古き良きロックンロールを
(そして先輩のバンドも)リスペクトして、

ボーカル平田君の、変わらない色気と、

それ以上に骨太になった声、表現。

変化に富んだ曲たち。



5曲目の「I Don’t Care That Pretty Girl」
とか

曲の途中からガラッと変化してピアノが裏打ちになって、、

7曲目の「とばす曲」でも出てくるこの、

レゲエの、ダブの、、感じ、、

好きです。

(最後に音を「飛ばす」っていうね、うん)




そしてラストの

「Jagger/Richards」

アップテンポだけど、

グッとくる歌。

バンドの

絆でもあり、

夢でもあり、

振り返った時の現実でもあり、

メインコンポーザーのGt.ビートりょうと

Vo.平田ぱんだのやりとりなのか、

グッとくるところがありました。


10月26日、バンドのスタートの地、山形でのライブでスタートする全国ツアー


どこかの地でぜひ熱量たっぷりのライブを見てください!



俺はラストの日程の12月13日、渋谷に行きたいなー。








↑このページのトップへ