月別アーカイブ / 2018年02月

MUSIC GOLD RUSH2でご一緒した

ナードマグネット 

nerdmagnetprof.jpg

「パワーポップ」

歪みの効いたギターと美メロ、歯切れの良いリズム、、
キャッチーで楽しいんだけど、骨太な音がかっこいい。
少し切ない歌詞もいい。

あら、荒井愛花さんじゃありませんか!

あら、フレンズじゃありませんか、、、
っていうか、いろいろ出てくる(笑)!!



ボーカル須田くんは、音楽はもちろんだけど、映画も大好きで、

MUSIC GOLD RUSHのライブ撮影の打ち上げでわいわい話させてもらいました。
3月にO.A.になるライブとインタビューの模様も楽しみにしていてください。
 
ライブ楽しかったなぁ。
洋楽のポップなロックがいろいろ好きなんだな、と、ニヤニヤしてしまう
ライブや音源、ぜひチェックしてくださいね!

 

TBXA9Gmyw2.JPG

凛として時雨のニューアルバム「#5」
HPではちょこっとづつ視聴できますね

演奏のキレ、音の強さ、そしてtkくんと345ちゃんの
切り裂くような、切ないような、シリアスで、心の叫びのようなボーカルが胸を打ちます。
ジャケ写のような少しダークで緊張感のある音像が、
あぁ、しぐれ、だなぁ、、、。と気持ちよくなります。

で、集中して聴いていると、自分の鼓動が早くなってくのを感じて、
おお、ドキドキしておる、、、となるのですね。

こんなゾクゾクする音楽をやる3ピース。なかなかいないなぁ。
しかも、4人でやっても、違うんだよなぁ。

カウントダウンジャパンで見たときも、
その美しいダークネスとピリピリした緊張感を、
圧倒的な演奏力と熱量でぶちかます姿にゾクゾクしましたね。

でも、ライブハウスで見るのがもう、凄まじくて好き。
なんか、とりつかれるというか(笑)
誘われる、なんて生易しいもんじゃなくて、
ブワーッっと嵐に巻き込まれていくような気持ちになる。
そんな時雨ワールドをぜひご堪能ください。

また9mmとバッチバチの格闘技みたいな対バンしてほしいなぁ。
あれは軽く伝説だもんなぁ。


Storm vs Storm

みたいなね。

あー、あの渦にまた飲み込まれてぇ(笑)




 


聴いてちょっとびっくりしたKFK

KFK_jacket.jpg

アートワークもエッジー!


リード曲はリード曲でエッジーな感じ、でも声の切なさ健在!

ほかにもラップあり、EDM的なアプローチありと、
ソリッドな3ピースだった時代を知る自分としては、
結構チャレンジングだなぁと思いました。

エレクトリックでダンサブルな感じは、世界的にも
ちょっと以前の流行とサウンドが変わってきているので、
ちょっとシビアな耳で捉えてしまう自分に気づきました。

来年で10周年、ってことで、カフカから、「KFK」にした・・・。

いや、

いわゆるギターロックみたいな狭いところから、
自由に音楽のインスピレーションをダイレクトに自分たちの音にするための、
羽化のような、進化の証みたいな、そんな決意なのかな。


これはね、間違いなく意欲的で面白い作品です。
ぜひギターロックバンド、というイメージを取っ払って、
2018年の新しいバンド、って感じで聴いてみてください!

うん、面白いと思ったことをどんどんやるべきです。
じゃないとつまんない。






 

↑このページのトップへ