月別アーカイブ / 2016年08月

さて、先日公開されましたLINE MUSICの
新たなプレイリスト 
いかがでしたか。
後半はチェックしてもらえましたか?
前半のアーティストとガラリと変わるんですよね。
本領発揮、とでもいいましょうかね。

さて、一言づつ加えていきましょう。

まずはビークル、BEAT CRUSADERS
beatcrusaderspopdod
後期の作品から。「SUMMEREND」
ポップメロコア的なアンセムのイメージのあるビークルですが、
これはメロウなセンチメンタルな1曲。
ダカさんのセンス溢れる1曲です。

続いてはACIDMAN「夏の余韻」
acidman_andworld
アルバム「and world」の中盤に入っています。
「祭囃子は、らせんを描いて
次の朝へそっと消えた」
表現、大木さん!表現!うますぎ!
はい。良曲。
そして10-FEET「雨」
10-feetVandalize

レア曲ですかね、アルバム「VANDALIZE」に入ってます。
ポップで少し切なく、展開も素直で、ストレートな曲です。
歌い方も軽やか。アルバムでものすごく映える、
クサビのような全体をそっと引き締めてくれる曲。
からの・・・
Northern 19 「HOLIDAY OF THE SUMMER VACATION」
Northern19_FromHereto
アルバム「FROM HERE TO EVERYWHERE」の1曲。
これもまたアルバムの中盤に収録。
夏とセンチメンタル、は、中盤、というのが
アルバム収録の黄金比でしょうかww
「音楽を聴いて、キラキラしたあの時に帰る」
そんな、夏のワンシーンを振り返ることもあるでしょう。
共感できる1曲。アコギのストロークから入って、
疾走感、そしてラストにまた、アコギのストロークで
ジーンと終わってく。聴き入って鳥肌が立つ1曲です。

そして、BUZZ THE BEARS「虹」
BuzzthebearsNiji
10-FEETの雨の後に入れると、
時系列的にも完璧にマッチしますけどね・・・。
曲調を選んで、ノーザンを挟ませていただきました。
「涙でかかる七色のアーチ」
ええ、涙という雨の後に、彩り鮮やかなアーチが、
あなたにかかるようにという、美しすぎる歌です。
泣きながらダイブしたくなるとは、まさにこういう曲なのか!

そして、ガツンと、ラスト!
eastern youth「空に三日月 帰り道」
easternyouth_jokei
アルバム「叙景ゼロ番地」に入っています。
これもまた、雨上がり、という歌詞から始まる曲。
夏の、通り雨とか、雨上がりって、情景として
歌われることが多いですね。夏というと、空、雲、
晴れたイメージがありますが、夏の終わりとなると、
雨、雨上がり、っていう共通点があるような気がします。
ガツンと夏の終わりを締めくくる1曲。かっこいい!!

ということで、前半はテッパンの、
後半は入魂のエモーショナル曲!という感じに仕上がりましたが、
ぜひレア曲もいろいろ聴けちゃうのがこういうプレイリストの良いところのはず!
ということで、シングルやリード曲だけじゃない、良い曲と出会ってくださいね!



さて、プレイリストの時間でございますよ。

LINE MUSIC 藤田の最新プレイリストはこちら。

夏でアゲアゲで盛り上げたのもつかの間、

ちょっと寂しげな曲をセレクトしました。

レア曲が多いかもしれないので、良き出会いが
あることを祈ってます。

まずは、夏の後半に見ると、ジーンとしてしまうのが
「花火」ですよねー。

というわけで、花火曲をずらり。

ドラマチックアラスカ「打ち上げ花火」
dramaticUchiage
恋がね、終わるんですよ・・・
情景と心情の描写がすごいです。

SCANDAL「打ち上げ花火」
ScandalUchiage

アルバム「STANDARD」に入っています。
バンド、つばきの一色君が提供しているとあって、
切なさのクオリティはもう間違いありません。
花火が打ち上がると、、、

夜空に、

切なさがにじむんですよ・・・くぅーっ!泣

そして、名曲中の名曲を
フジファブリック「若者のすべて」
FujifabWakamono

うまく言葉にできない心情、
情景描写、雰囲気を解釈できるように、
自分自身の体験と照らし合わせられる
言葉と言葉の行間。

泣ける・・・。

そしてUVERworld「七日目の決意」
UVER_Nanokame

夏、蝉、そして蝉が地上で生きるのが一週間ほどと
言われているところから、命の儚さ、そして
明日の命、と考えた時の19才当時のTAKUYA∞君の心、、、
精一杯、生き切らないとな、と思わせてくれる、沁みる一曲です。

そして最近ずーっと聴いている、ストレイテナーの新たな名曲。
「シーグラス」
StraightenerSeaglass
メロディー、最高。アレンジ、最高。
ただただ、ずーっと夏の終わりの気分に浸っていたい。
ちょっと涼しくなった海へ、風を感じに・・・行ってくださいww

そしてThe SALOVERS「夏の夜」
TheSALOVERS_Natsunoyoru

「いざ、サラバーズ」の中の1曲。
歌詞がいいんだよなー。若者の独特な感性・・・。
虫の視点、、、なのか、人間、、、なのか。
特有の夏の夜のうだうだ感?友達と集まって、
なんでもない話で朝までダラダラしちゃって、
さぁ、あさになるなぁ・・・みたいな・・・
なつかしいなぁww


とまぁ、前半6曲を載せました。
ぜひLINE MUSICでチェックしてくださいねー。








 

↑このページのトップへ