androp



 新曲が配信になりましたね。


「Beautiful Beautiful」




ヒップホップ、トラップを昇華した

矢継ぎ早に繰り出されるリリック

Aメロから、トラップによく見られる

合いの手「prrr! prrr!」というシャウト

本家USのラップなら「skrr! skrr!」
(元は車で走り去る、みたいな意味があったみたいですね)


ってな具合でしょうけどね。


あとは三連符に乗せるラップとか、

音数の少ないトラックとか

ここ5年くらいのトレンドを

andropのもつ、

少し影のある

美しくて儚さも帯びる、

持ち味の雰囲気とブレンドして

新しい世界を描いていると思いました。

かつ、ラップだとメッセージがもっとダイレクトに伝わるので、

メロディアスな歌のパートとは違う作用を生み出していると思います。

歌との対比というか、共存の仕方も味わいとして

どうぞじっくりと向き合ってみてください。



表現者としても色々なものを織り交ぜる

andropの音世界。

すごいなぁと思って聴いていました。




一方で無視できない昨今のHIP HOPの隆盛。
ラッパーがどんどんバウンダリーを押し広げている、クリエイターがどんどんラップを武器にしていく一方、バンドたちはどうやって自分たちをアップデートしていくのか
単純にラッパーをfeat.するだけでは答えにならないので、もっと大胆にいろんなテイストにトライして欲しいなと思っていたところでの

この新曲。


30年来のヒップホップ好きとしては嬉しい限りです!


ここ最近、優しいメロディのバラードの曲が印象的だったので

アッパーな曲も、こういうラップを使った曲とか、

今後のバリエーションも楽しみですね。


ぜひDua Lipaの「Levitating」みたいな
ディスコテイストの曲も聴いてみたいなぁ。




最終的に散漫な文章にwww






次はブルエンあたり、
こういう曲出してくれるかなぁww