なきごと


ミニアルバムがリリースになっております。

「黄昏STARSHIP」



 
 通販と会場限定だった音源からスタートする
ミニアルバムは、ロックの、そしてストーリーテラーとしての
いろいろな表情が色々と伺える作品になってますね。

色々な表情は、歌詞の書き方にも表れていて、

曲によってキャラクターや歌詞の表現が変わってくる・・・

そこにあってボーカルの水上さんの声はまっすぐで、

半径の小さいところから声が届いてくる、なんというか、
距離の近い主人公、という世界観のボーカル。

だからこそ、思い切った表現が意外にも違和感なく
耳に入ってきます。

サポートのリズム隊もかっこいいなぁと思いながら曲を聴き進めていくと、

攻撃的なギターの演奏が入ってきてドキッとする。

バンドのダイナミックな躍動感が、

早くライブを見に行きたい!この作品を生で見なくては!

という気持ちにさせてくれます。

バンドの音、ボーカルとギターの存在感、

紡ぎ出されて目の前に描き出された世界。

ぜひ一度、(耳に負担のなきよう)大きめの音で聴いて、
その世界の中に飛び込んでみてください。
 
ラストの曲「B」の最後とか、かっこいいよなぁ。