SH4VnvDL54.jpg



爽やか!!!






「Tragicomedy」


悲劇も、喜劇も、人生いろいろ


ですよねぇ、と思ってしまいます。


良いですね。


とても色鮮やかな曲たちが


目の前の景色を明るくしてくれます。



打ち込みのEDM的な音が印象的な「Unforgive」とか


ケルト音楽っていうのかしら、「Masquerade」とか

爽やかさとグルーヴィさがめちゃかっこいい「Ugly」とか、

後半になるとアコギと歌のシンプルな曲もあったり、

洋楽の、例えばジョナス・ブラザーズとかが歌っても良さそうな
「Blowing int the Wind」とか、軽快なミディアムポップスが最高に心地よいです。





バンドの力強さ、音像、スケール感?が増して、


もっともっと大きなところで鳴って欲しい、そんな気分になります。




というか、、、このアルバム、


そのままの曲順でアリーナライブ見たいなって思いました。



雰囲気を使ってオープニングからどんどん熱量を増していって、


中盤折り返しで会場中央のアコースティックセットの小さいステージで特別な感じで演奏して、


またラストに軽やかに盛り上げていって、


最後たくさんの客席のライトと共に幕を閉じる、



ホール、アリーナに轟くこのアルバムの曲たちはおそらく


大きな感動を呼ぶと思います。



映像、ライティング、花道、、、想像しただけでゾクゾクします!




ぜひアルバムを聴いて、想像力を働かせて、




いやむしろ



僕と全然違うイマジネーションで目の前の景色を作ってみてください!!





聴いて、囚われましたっ