JABBA DA FOOTBALL CLUB


JABBAprf.jpg

リリースになった
最新作を聴いています。


曲のモチーフになってる、
いわゆるバッキンザデイもの、好きです。

初めて、という方もいるかもしれませんが、

メジャー2nd シングルです。

スターウォーズ好きならすぐ反応しそうですが、
僕が初めて知ったときはもう一つ単語が入っていました。



軽快なラップ、馴染みの良いトラック、

ポップにもシリアスにもいけるイメージです。

キックとか、リップとかデビューしたあのあたり、

2000年の最初あたりの雰囲気をまとってると、

かってにあの頃の青春世代の私は思ってたり・・・。


KICK THE CAN CREWでいえば、
「one for the what, two for the who」って曲が

ぱっと思い浮かびました。



ヒップホップ、ラップは今すごく多種多様に才能あふれる
人たちがいっぱい出てきていて、めちゃくちゃ熱いですよね。

KOHHさんはワールドワイドだし、

次週のJ-WAVEの番組ゲスト、JP THE WAVYさんも
世界標準な活躍、そして曲を出しているし。
4月リリースのアルバムが鬼素敵なので是非チェックを。
(リンク先はビルボードJAPANのサイトの記事です)


Tohjiさんも遅ればせながら色々聴いています。

(sic)boyさんも好きですね。ギターが入ってるとことか、
ラルクのルーツとか、いろいろ境界線をこえていく感じがすごくかっこいい。
声もいい。


そして一周回って、JABBA DA FOOTBALL CLUBとの共通点は


SlipknotのTシャツ!!!!



↑途中で出てきますね。
メンバーBAOBAB MCさんが着ていらっしゃいます。


そして(sic)boyさんのインタビューの写真・・・。


ということで境界線を超えてヒットしていくアーティストは

スリップノットを着る。





いろんな音楽を吸収して、自分の好き、を使って表現する。

刺激がたくさんあって楽しいので、色々聴いてみてくださいね!!