FLOWER FLOWER


yuiさんが声をかけ、

結成されたバンド。


先日お会いして、音源をいただきまして、

FLOWERFLOWERJKT.jpg



聴かせていただきました。

バンドの色鮮やかなサウンドアレンジが

聴いていて楽しいです。


バンドが、とても強いなぁ。


と思いました。

バンドの圧倒的な演奏に、


yuiさんのイノセントな声の響き。


なんていうのかなぁ、、
独自にバンドのグルーヴが曲全体の盛り上がりを引っ張って行ってるような気分にもなったり、バンドがその曲の解釈や盛り上がりを、自由気ままに楽しんでいるような気がしました。

yuiさんの言葉選びも楽しんでる感じがするし、

yuiさんが、バンドを楽しんでる感じもしました。


なんだろうな、一つに溶け合うというより、


「おー、君がそうくるんだ、じゃぁ僕はこういくけどね」

というアイデアを投げ合ってるような感じがしました。


「熱いアイツ」は

チャイナ・ファンクともいうべきアレンジに、

「相鉄線コンビ」




こと、

odolのミゾベ君が出てきます。
相鉄線コンビってなんやねん


アルバムで2曲もフィーチャーされてますね。
odol、好きっす。
odolに関してはいつかまた語りたいなぁ。
あれは2018年だったっけ、
フジロック のレッドマーキーの演奏が良かったんだよなぁ。



さて、FLOWER FLOWER、
バンドの猛烈な勢いの楽曲

「浄化」

これがまたかっこいい。



も、こちとらボーカルのエモさとパワー全開で対峙する!


という感じよりは、

シリアスな表情ではあれど、

変わらぬボーカルスタイルでその渦の中にたたずむ。

そのギャップがすごくいいんですよね。


バンドの獰猛なパワーすらも、

ひらりとかわして、

時にその勢いに乗って


一つのゴールにストンと着地していく。




そしてその次の曲はというと少しテイストが変わって
軽やかさもあるアコギの音色も入ったバンドサウンド、
声が映えるなぁと思って聴き入ってしまった「砂浜」

でもって次の曲は、ボーカルレコーディングのアウトテイク?
みたいな遊び心も入っている


「ベン」

ピアノを中心にバンドがハジけてる。





とにもかくにも


色とりどり、です。



楽しいアルバム、是非チェックを!!



個人的には


「旅の途中」という曲の演奏が
めちゃくちゃ痺れます。


FLOWER FLOWER、、、すげぇ。


ってなります。

そこからの
「ふたり」

からの
「朝」

でアルバムが幕を下ろす。

最高やないか!
(この流れ、聴けばわかるさ)