Little Glee Monsterの5枚目となるアルバム、

「BRIGHT NEW WORLD」


聴いています。

こちらは去年一緒に撮ったもので、、、
littlegleemonstertakumipic.jpg


あっという間に時が過ぎますねww


でも、そのあっという間の時のなかで、

彼女たちは表現者として、

幅と、深みを

聴かせてくれてき
た気がします。


コーラスの良さは、さすが下積みが長かっただけあって、
(1、2年、いつデビューするとも分からずとにかく練習してたのだとか)

いつステージに上がっても、パッと声が合わさって、
リトグリのハーモニー、世界に引き込んでくれる。


そのコーラスやハーモニーだけでなく、
このアルバムの曲たちがとにかく1曲1曲、

独自の世界観を持った曲たちばかりなので、

1曲目の「ECHO」から、
グレーテストショーマンばりの力強さがあったり、


その次にはEath, Wind & Fireとのコラボで
ファンキーな楽曲に乗って英語での掛け合いがあったり、




はたまた、いきものがかり水野くんの提供曲は
歌謡曲J-POPの王道な曲を瑞々しく歌い上げます。
いしわたり淳治さんが作詞をした「君に届くまで」は、

パワフルとか、ハッピーとか、はたまた悲しみとか、
そういうのよりもちょっと複雑な心境、

んー、なんというか、、、「もどかしさ」のような表情を、
でも最後には羽ばたいて行く意思を、

声に表現しているように受け取りました。

ラテンな感じの「move on」なんかは大人な、
今までとは違う芯のある強さがあります。

USの旬な感じのカッコいいトラックの「SPIN」
は個人的に気に入っております。

とにかく、たくさんの表現に会えるアルバム。

うた、が好きな人は、ぜひじっくり聴いて欲しいなぁと思いました。


3月末からニューアルバムを提げたツアーもあるので、
このアルバムの多彩な曲たちがどんな表現になるのか、
楽しみです!!


LINE MUSICでももちろん聴けます!