まさかこのブログで藤井フミヤさんについて書ける時が来るとは・・・





「フジイロック」
fujiifumiyarock.png



前作のオリジナルアルバム「大人ロック」とはまた違う、


ジャンルやサウンドが表現されたわけではなく、


手塚治虫先生の作った、


いろんな作品に登場するという「ロック」という

キャラクター、、そこから来ているそうです。






アルバムの収録曲はとにかくバラエティ豊富で、


それを彩る様々なフミヤさんの「声」を楽しむことができます。


ノリノリで踊れるものやラブソング、
だけじゃなくて、


複雑な思いなんかも含めた
振れ幅のある歌の世界感からくる


いろんな表情が歌で表現されています。



もちろん小学生の頃に口ずさんで、刷り込まれている

「声」

ギターで「True Love」を練習しながら聴いた

「声」

いろんな時代に聴いていた


なじみある声が、


最新の進化したボーカルとして聴ける作品。



ってことですよね。



一曲一曲が強い個性を放っていて、


一つ一つの物語がショートムービーのように


脳内を駆け巡ります。



そして昨日、渋谷のタワーレコードにて


トークライブの司会をさせていただきました。


7曲目「そのドアはもう開かない」の楽曲提供をされた



KANさんとの共通点。


同じ年、


同郷(福岡県)


ほぼ同じ身長!!



・・・そこですかー?!



という共通点の多いコラボな曲も入りつつww



いまのツアーの手応えなども伺いました。


そして、トークを締めて、そろそろお別れ、



と思いきや、、



「歌います!」



とおっしゃっていただいて、




なんと、
サプライズ、スペシャルライブへ!!!



鍵盤に合わせたしっとりとした雰囲気のライブで4曲を披露していただきました。


アルバム収録曲、最後を飾る「ラブレター」が、


本当に素敵で、


「True Love」と時代もちがうけど、


今、活き活きと同じように輝いていて、
ビックリしました。

それはひとえに、
シンガーとして、
パフォーマーとして、


過去と現在という住み分けではなく、



ずーっと磨き続けて
年を重ねられていても


最新の一番いい状態を常に見せてくれる、


そんな、、、努力?スタンス?生き方?



すべての楽曲が


藤井フミヤさんの歌を一つの柱として
ずーっと貫かれて、


輝きが更新し続けられている。


そんな気持ちになりました。



そんな部分がわかる「格言が」


これからYahoo!チケットのtwitter(
)からプレゼントになる


「色紙」に書かれた



「これからが これまでを 決める」


という言葉。



過去が輝いていても、



それを輝かせるのは、

これからの活動であり、努力
である、


ってことですよね。



逆に、嫌なことが過去にあったとしても、


それをバネにしたり、


笑い飛ばしたりできるのは、


今とこれからの生き方次第
なのでは、


ということですよね。





これは20年目を迎える僕にも刺さりました。


イベントでMCやりながら鳥肌たつなんて!


と思いながらその色紙の言葉を書いていただいてる横で、


震えておりましたねww





アルバムをゲットして、ツアーを申し込んで、


その
最新で最高の歌を、聴きに行ってください!!!




そしてイベント終了後、楽屋にご挨拶に伺って、


写真を撮っていただきました!!


FujiiFumiyasan.jpg


そして握手していただいた時に、


「完璧」


と一言いただきました!!!


写真と言葉、一生ものです。



いろんなところから、


これからの頑張るモチベーション、


刺激をいただきました!!!