フルカワユタカ

Furukawaprf.jpg


ニューアルバムはユニークです!


「epoch」

epoch_jkt.jpg


何がユニークって、

全曲、


「◯◯と◯◯」というタイトルになっています。


バンアパの原さんとのコラボから、

「ドナルドとウォルター」

始まったコラボシリーズ、

「クジャクとドラゴン」



様々な「◯◯と◯◯」シリーズ


Base Ball Bearをフィーチャーした

「コトバとオト」にはじまり、

全部がコラボというわけではないのですが、

タイトルは全て統一。

対になっているものあれば、

鬼に金棒的な意味合いのものもあります。


サウンド的には、もちろんコラボレーションがもたらしたたくさんの

バラエティ豊富な楽曲が並びます。

なかには、5曲目、

「セイギとミカタ」は、

ユニコーンの「大迷惑」的な、

曲的にも、歌詞の内容的にも、アンサーソング的?なものだったり、



ドーパン的かな、




と思いきや、



やっぱりPOLYSICS炸裂な

「インサイドアウトとアップサイドダウン feat.ハヤシヒロユキ(POLYSICS)」

とか、めちゃくちゃかっこよくて楽しく体が動くアルバムだと思いました。





あと、やっぱりギターのカッティングが好き、、かっこいいい。




7曲目の「ボトルとサイダー」


かっこいい。


シティポップから、


一歩ダンスフロアに踏み出しているような、







シティ、、、ダンス。


なんていうんでしょうね、


もう、フルカワユタカにしか出せない、

いや、滲み出てしまう、


爽快感?さわやかさ?





ドーパン時代にも感じていた、



どれだけ熱く、攻撃的に躍らせたとしても、

どこかに、にじむ、さわやかさ。




それが全部やっぱり、ある。



アルバムに、ある。



踊れるシティ感。




これは、

いわゆるブラックミュージック由来の



シティポップがさらに進化して、




もっと都市に溶け込んだ感じがするんだよなぁ。



まぁ、
彼が編み出してきた独自のものですかね。




なんなんだろうなぁ、


とにかくかっこいいんですよね。




ドーパン好きならもちろん、

いろんな音が飛び交ってとにかく聴いてて気持ちがいいので、

これからの夏の移動にぜひ!!!

そして、


リリースに伴って、インストアイベントから
アコースティックライブなども、、、
色々あるのでチェックを!!