THE ORAL CIGARETTES
OralProf.jpg

最初に音源を聞いたのは2013年ですね。
Oral_Orange.jpg
なつかしい!
この中に入っている、「Mr.ファントム」をラジオの番組でかけていました。
翌年の1月かな、本人たちに会えたのは。
だから、初めて会ってから、4年、、、。
ライブ後に語ったり、イベントライブの合間に語ったり、、、
ここにくるまでにバンドについての話を結構した気がします。


さて、
最新作、「Kisses and Kills」がリリースになりました。
KisssesandKills.jpg
この、二律背反なタイトルは、オーラル自身の持つ世界観
そのもののような気がしませんか?



少しダークっぽいけど、

美しい。


勢いがあってノレるんだけど、

どこかトゲが刺さるような、
しっかりとした重量感がある。



なんでしょう、人間の心理(≒真理)に近いものがある点を、
ここでは勝手に見出してしまいます。

その美学的なバランスを、バンドのアイデンティティとして、
しっかりと世に提示しているように感じました。

バンドのパワーはもちろん、なんたって、
たくや君の歌は、さらに妖艶になって、
軽くラスボスみたいに感じる時があります。
引き込まれて、圧倒的に支配されるような。
(歌についての話は、以前じっくり語ったことがありましてねぇ、、、)



他のバンドと一線を画す、自分たちの
フレーズ、声、音、世界観、これらが一番色濃く
表現されている、バンドとしての決定打だと感じています。



求められるもの、もてはやされているもの、
目先のもので悩むなら、
自分が欲しているもの、これからどうなっていきたいか、
大きな絵を描ける、その道を見つける方が、
バンドをより強く、ブレのないスイングを生み出す力になると思っています。



完成、発売、Mステ、アリーナツアー決定、いろいろ、おめでとう!
これからもよろしくね!