で、初めて聴いたF.I.B JOURNALというアーティスト。
「多様性に住み DAYS365, STANDING ON THE CORNER」
というアルバム。
FIBJOURNAL.jpg

ポエトリージャズ・・・。新しい。

そして、スムースでグルーヴィーで、
音とポエトリーが絡み合って、時に距離を置くように、
でも実はすごく近くで共鳴してる。

すげぇいいんですよ。。
カッコイイ。
オシャレだし、体動くし。

作業のBGMにしてはもったいない、
ちょっとリラックスしながら向き合って集中して聴くと、
なんか、、
すごく、、
頭に描いた異空間に自分が入っていけるような、
彼らが導いてくれる音の波の向こうにフワーッと
漕ぎ出でて、楽しくさまよえるような・・・。

すごいパワーを秘めた音楽でした。

深夜に聴いてたんですけど、リラックスして、、興奮しました。

どっちなんだ(笑)