初回盤のDVDを見るのがお得だった、
coldrainの「VENA Ⅱ」
coldrain_VENA2.jpg

海外でのロングツアーを経て
血肉に生かされたワールドスタンダードな
パワフルなロックサウンド。

今の全体の音楽シーン、エレクトリックなアレンジなども
多いですが、バンドサウンドで大きな音像を作って、
エモーショナルで、バンドの息遣いがダイレクトに
耳に入ってくるような味付け、やっぱり好きです。

かっこいいよねぇ。

ライブも激アツだし、初回盤のDVDを観て、
あの熱狂の渦に巻き込まれたいぞ!!
とあなたも胸を熱くしたことでしょう。



そして何と言っても、

アコースティックバージョンが
2曲入ってるのですが、

これがやばい。

本当やばい。

Masatoくんの声がより切なく、情熱的な表情をもって
耳にぐっと入ってくるんですよね。

アレンジもアコギの演奏も叙情的に響いてて、

やー、、ぐっときちゃったなぁ。

ラジオの番組終わって、そのまま色々作業して、
始発で帰ってきたその帰り、家に着く頃にちょうど)聴いて、
泣きそうになりましたね。

リリースされてだいぶ経ってますので、今更な感じですが、
どうしてもあの帰宅した朝のエモい感覚を言いたかったのですww

今からでも良いのだ、初回盤はあるかわからないけど、
ぜひ3曲目と4曲目、「Gone」「The Story」
アコースティックアレンジの曲を聴いてほしいなあ。