先日アルバム、「Kameleon Lights」をリリースしたgo!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)
良曲ぞろいのこのアルバムは、

バンドとしてのセンスの良さが、
僕らに伝わるように、音にちゃんと変わってて、
どの曲聴いても色んなウキウキフレーズが入ってて、楽しくってしょうがない!


音楽聴くと気分が変わるっていう、


当たり前の、基本を、


毎日仕事に絡んで音楽を聴く僕にもちゃんと伝えてくれてる感じがして、
聴いてて本当に嬉しくなっちゃいました。

メンバーのキャラクターなのか、
音楽的なバックグラウンドなのか、

アップテンポな曲であっても、
攻撃的な感じじゃなくて、どこか優しくて、可愛らしいような(笑)

心なじみの良い世界観は、唯一無二だなぁ。

あと、ボーカル牧くんのシャープなイケメンっぷりに、

女子たちはちゃんと注目して。キャーキャー言うように(笑)


あとね、初めて聴いた曲も、
このアルバム聴いた時も、

ずっと、僕は歌詞が好き。

書き方、、と言うよりは、
言葉と、それを歌った時の順番が、
なんかすごく、良いんだよなぁ。

説明しづらくて、なんか変なんだけど、

歌詞って説明文じゃないから、
順番がちょっと前後してても、作品や耳に入った時の馴染みでちゃんと伝わるし、

多く文字を入れ込まなくても、
情緒みたいなものって、聴く人が感じいれば、それ以上はいらないと思うから、
具体的な言葉でも抽象的に使えるし、
その逆も然り。

そのなんか、匂わせて、イメージさせる言葉の決め球を、牧くんは持ってるなって、

勝手に思ってます。

難しい話ですんません(笑)



まぁ、聴いてみてくださいよ(結局丸投げだww)

こんなにウキウキさせてくれて、本当にありがとうって、

俺はなったなぁ。



そうそう、牧くんも、ドラムのセイヤくんも、

また飲み行きましょう!






...すでにこのブログを複数回読んだ方はわかると思いますが、結局のところ、
飲みたいだけなんだという定型のオチ(爆)

意味深なタイトルですなwww

今、サカナクションの全国ツアー、
ホールツアーとしては最後の
東京国際フォーラムへ行ってきました!
僕はこのツアーで仙台でもライブを見させてもらいましたが、

各会場で雰囲気も全然違ってて、
東京国際フォーラムもまた、盛り上がってましたが、お客さんそれぞれの自由なノリ方、
楽しんでる感じがすごく体の動きに現れてて、みんな飛び跳ねるもんだから、

2階席が揺れまくってました(笑)

今回のツアーは、アリーナではなく、それよりも小さい会場なので、
演出も、バンドの演奏ありき、という雰囲気に感じて、
彼らのライブバンドとしての生々しい肉体を駆使した音楽表現がどんどん自分を
引っ張って行ってくれるような感じがして、
気づくとノリノリになってました。

そして要所要所に光の演出が出てきて、
ビシッとバンドの演奏のキレと合わさった瞬間に、
鳥肌がゾワゾワーっと立って、あとはもう没頭するような感じでライブを見てました。

やー、楽しかったなぁ。




、、、そうそう、このツアーで、


ずーっと、


密着してるんですっ!




はい、私がやってるラジオ、J-WAVEの

土曜日夜8時からの、Galaxy ALL AREA PASS

この番組で、全国各地のツアー先の楽屋にお邪魔させてもらって、
彼らが会場入りしてから、どんな風に過ごして、どんな準備をして、本番に臨んでいるのか、、、

今後番組でお届けするつもりです。

サカナクション好きな人、気になる人はもちろん、

アーティストの活動の、感動の裏側、
チラッと覗いてみたい人は、ぜひ聴いてみてください。

パソコン、スマホでも、ラジオ、聞けるんですよ。

radiko」って無料アプリをダウンロードして、J-WAVEってのをセレクトしてくだされ。
パソコンはそのままradikoと検索してください。




さて、遅れましたが、ここからが放談っ

その昔、まだ札幌にいた頃から、、、
最初に出した音源から、ラジオでかけていたんですが、


彼らが東京に来る!と、決意した日があるんですね。

その日は、僕がやっているJ-WAVEの、金曜日の番組、


の、ライブイベント、LIVE SUPERNOVAに出演した時だったそうです。

ライブイベントが終わり、その会場の下のコンビニの前で、メンバーで決めたそうですよ。
(ボーカル、一郎君に聞きました)

ちなみにそのイベントの会場のキャパシティは、200人

4月に予定されている幕張メッセ公演、、、収容人数は、、、



2万人くらいでしょうか。


バンドは、どこかで、


「よし、俺たち、勝負しようぜ!」


ってなる時が、あるんですね。
そのタイミング、きっかけの日のイベントってのが嬉しいです。

サカナクションについては、まだまだ思い出があるので、

それはまた今度、、、









今日リリースになったニューアルバム「DEEPER」
DEEPER
(これは初回盤っすね。DVDサイズでDVD付き、
ミュージックビデオも、特別映像も!全曲解説も入ってる!)


鬼カッコ良い!



もともと持ってるスピード感とか、
歌詞、音の情報量の多目な感じとか、
バンドのキレッキレの演奏とか、
もちろんがっつり盛り上がるんですけど、

なんといっても、

なんといっても、 


アルバム曲が良すぎる。

全部シングルでもいい。

全部どこかに広く聴かれる出どころを作ってあげたくなるくらい。
どれも違ってて、一つ一つの曲の性格がはっきりと異なってて、


全部かっこいい。


おすすめは、Swipe,Shrinkとか、バスタブと夢遊とか、
レッチリばりのグルーヴでグイッと迫ってくる。。

そこにクールに熱いwowaka君の心情吐露のような歌詞が入る。



いやー、いいね、いいね。キレッキレのアッパー曲も、もちろんアガる!

たまらなくなって、聴きながらベースのイガラシ君にメールするというww
嬉しい!とリアクションもらいつつ、

ここに放談したいと思います。

ヒトリエの好きなところは、wowaka君、ご存知の通り、
ニコ動とかで曲を発表してた、その活動がとても注目されてて、
そういった人が、全国のライブハウスを回って、汗まみれになりながら、
男臭いガチライブを繰り広げて活動してるのが、すごいなーって思っちゃいます。
自分の表現を形にするなら、どんなスタイルだって良いと思う。
でも、バンドやるって、そんな楽じゃないと思うのね。

いちいちメンバーとコミュニケーションとって、
ぶつかんなきゃいけないだろうし、曲を生みだす苦労も、
他のメンバーを巻き込むことにもなるし。

機材車乗ってさ、何百キロも移動して、その日にライブやって、
また移動して・・・。

自分の自由な時間に音楽制作をする環境の方が、俺には体力的にも精神的にも
楽な気がする・・・。(もちろん、自宅作業で音楽を作るのだって、
めっちゃ精神的に追い込まれるだろうし、
大変なのは百も承知なのは、一旦おいときつつ)

そこをさ、やるっていう、彼の気合い、気持ち、その強さに、
俺も頑張ろうって、思うわけですよ。

って、書いてたら、wowaka君自身のコメントがあった!



いやー、、、伝わってるぜ!

ということで、次はライブ見に行こう!

あ、ヒトリエはここでもチェックできるのね・・・ 

↑このページのトップへ