SOMETIME'S



ボーカルのSOTAとギターのTAKKI

二人のユニット。

2017年始動。


『Slow Dance EP』
リリースになりました。




J-POPのど真ん中にグルーヴィに攻める音楽。

ソウルなタッチも今のエレクトリックなR&Bのサウンド感も、

いろんなテイストを感じますが、

やっぱりJ-POP、キャッチーでスッと入ってくるメロディ。


広く聴いてもらえるアーティストだと思うので

ぜひチェックしてみてください!!


 

kobore


私藤田は、

東京都国立(くにたち)市出身なんですね。

生まれてすぐ〜中2まで住んでました。



だから、赤い公園の地元立川、

そしてこの、koboreの地元府中、

隣の市、なんですね。

なんかプロフィールにそういう土地が出てくると

もうそれだけで応援したいわけです、ええ。


まぁ、地理的に言うとですね

国立ってのは

北は国分寺にも、

南は日野にも接していますから、

「隣町のバンド」はたくさんいるんですけどねww


それは置いといて、


kobore、新作出ました。

「Orange」


歌心が、まっすぐ届く、

めちゃ良い作品だと思います。

私が毎月オフィシャルで公開している
プレイリストにも選曲しています

「夜空になりたくて」
(↑↑↑LINE MUSICで聴けます)

ちょっとハードなロックを彷彿させる
ギターのリフから始まるこの曲、

優しく歌いかけるようにAメロから、

切なく訴えるようなサビ。


最高じゃないか!


koboreって、

うまくいかないとき、

何かを願う時、

そんな気持ちを、
半径5メートルくらいのモチーフで
ぐっと現実的な共感性を見せてくれながら、

勢いのあるバンドの音に乗せて、

物語の最後には希望を見せてくれる

のが、良いんだよなぁ。

聴くたびに思います。


あと、やっぱ、

夜曲多いよね。

ミミノコの時ちょこっとお話しできて嬉しかったっす!

でもライブはトーク配信とかぶっちゃってて、

今度はがっちり見させていただきますね!!




 

Ivy to Fraudulent Game


あいゔぃ・とぅ・ふろーじゅれんと・げーむ

もう、、覚えてくれてますよねww


過去にはイベントでMCやらせてもらったりしています。


その美しさ、歪みとスケール感を内包するバンドの音に

飲み込まれ、包まれるような、そんな曲が好きです。

そこにスーッと真ん中を抜けてくる、

色気ダダ漏れな寺口くんのボーカル。


アルバム「再生する」


コロナ禍からの音楽、エンタメ文化の再生。




各メンバーが制作した楽曲が収録されていて、

いろんな要素を散りばめた楽曲があります。

一方で、そのダダ漏れな色気とともに、
寺口くんの存在で一つにまとまってるようにも感じます。

歌と響きが賛美歌のように響く、でも曲のラストで

アイリッシュなギターリフが不意に出てくる、

すごく惹きつけられる
「Twilight」



これすんごいよねぇ。
すんごいと思います。



全部好きな曲って言っちゃいたいけど、

例えばテナーが醸しだす
「ロックバンドのソウルミュージックテイスト」

という感じがした「ゴミ」

そして
打ち込みのサウンドもミックスされて、

シリアスに、迫ってくるような表情で歌う

ミディアムバラードの「番」も素敵なんだよなぁ。

ぜひアルバム全部聴いてくださいね。
↑↑↑
こちらで聴けます







 

↑このページのトップへ