Plot Scraps



0aoNGMY6Xs.jpg

東京発、3ピースバンドです。

最新作「INVOKE」がリリースになりました!




一曲目の「一等星」のスピード感、清涼感、、、

一気に引き込まれたかと思うと、スキルフルな演奏と幅広い音楽性を感じる他の曲のアレンジのカッコよさにやられます。

王道のギターロックももちろん好きなんですけど、
多様な部分に惹かれますね。

ショートストーリーのような起伏のあるミニアルバムにだなぁと思います。

そして「セルフィー」とか「スマブラ」とか、

日常的で、等身大な歌詞が歌にリアリティをもたらしています。





僕のおすすめは曲調的には3曲目の「OZ」かなぁ。

これをリードにしてMVを作ったらまたイメージ変わりますよねぇ。

とか、、、いろいろ想像してみました。

ぜひいろいろ聴いてみてください!!

 

Anly


Anlyprf.jpg



沖縄県、伊江島出身。



アルバム「Sweet Cruisin'」が
4月にリリースになっております





最新作では沢山の音楽フィールドを旅して

沢山のお土産を広げてくれて、

その一つ一つを紐解いてくれるような


沢山の物語を聴かせてくれます。


アメリカだったり、沖縄に戻ってみたり、

一人旅だったり、仲間と一緒だったり、

雨降る時も、晴天の空を仰ぎながらも、

彼女の見える視界を、視点を、

お散歩してみたり、オープンカーで風を感じて走ってみたり

いろんな想像と想定を自分の中で変化させながら

楽しく聴いています。




個人的にいいなぁと思ったのは

7曲目の「Sleep」という曲。

90's  R&B(HIP HOP寄りの)っぽくて、
それこそTLCというか、SWVというか、

懐かしい感じがして好きです。




アコギを弾く、というイメージは、

あくまで楽器を使うという意味であって、

狭義のフォークみたいな枠は取っ払って、

この作品ではいろんな表現を鳴らしてくれます。


聴くと、自分の音楽アンテナの感度を高めてくれます。



R&Bを歌う、芯のある艶っぽい感じも

本当に自分らしく表現しているんだなぁと思い、

この沢山の表情と表現をぜひアルバムというボリュームだからこそ

全部入れ込むことができているので、

今は、それこそじっくり音源を聴く時間もたくさんありますから、


味わい尽くしていただきたいと思います。






 

やっと書く。

個人的にも思い入れのあるバンド、


赤い公園


AkaiKoenprf.jpg


一緒にクラウドファンディングやったよね。


赤いベンチ(の公園)


実際にバンドの地元でもある立川に作りまして。

 
その後色々ありつつも、

新ボーカルの石野さんのボーカルが

バンドときっちりブレンドして、

一つのバンドとしてのエネルギーとグルーヴが

一つの公園を作り出しました。

バンドメンバーのスキルフルな演奏。

グイグイ迫ってくるその演奏に、

まっすぐに乗りこなすボーカル。



個人的には3曲目の「ジャンキー」という曲の

音数の変化と、アウトロにかけての「ぎゃー!」っと
鳴っている音(声にも聞こえる)、演奏が好きです。


でもってこの曲が続きます



すごいよなぁ。

これは何回か聴いて、

「すげぇなぁ、アレンジ、展開・・・」

って呟いて、



でまた何回か聴いてしまう。

赤い公園だなぁ。

トリッキーをポップに。

いや、なんか違うな。


もうこういう緩急というかバランスというか、

柔能く剛をPOP化するというか

とにかく、アルバム聴いて欲しいなぁ。

まっすぐな曲も流石なんだよなぁ。

「ソナチネ」いいよね。

描写が、、、グッときます。

いや、メッセージ的に

「曙」

かなぁ。



演奏、曲のもつキャラクター、そしてアルバムの流れ。
踊Foot WorksのPecoriくんとの曲もかっこいい。かっこいい。


曲間にいたるまで、たくさんのあるキャラクターの違う曲たちを、

企画展みたいに、一つのまとまったテーマのもとにキュレーションしていくような

描くだけで終わらない、

絶妙な場所に一つ一つ置いて、1曲づつ順路を辿っていくと、

「THE PARK」
のすべての遊具で遊んで、


最後にその余韻に浸りながら、

ああ、この公園って、こういう場所なんだ・・・。

っていう、自分なりの全体像とか、一つ一つの楽しみ方とか、

思い出とか、いろいろ味わえるようになってるなぁ。

上手いこと言えないくてすみませんねww

あ、なんか、例えると、、

お台場のチームラボに行ったような気分になりました。

それも違うのかなww


まぁ、聴いてみてください、楽しいから!











 

↑このページのトップへ