ゴールデンウィークの時、
六本木ヒルズアリーナでいただいた音源を
聴かせていただいております。

中原くん
nakaharakun_prof.jpg


という、シンガーソングライター。
nakaharakun_jkt.jpg
「くん」 までがアーティスト名。


さかなクン、的なね。


高橋優君っぽいかなぁと、声を聞いて思いました。

少しガッシリした歌声?っていうの?
こう、エモーショナルにがなるように歌うと
すごく表情が出るという、、なんていうのかな、、、。


そんな感じがしました。
リリックビデオであり、ライブ映像でもあるのはこちら


シンガーソングライター然とした、

日常にある様々な風景や心情を、

繊細に、 

かつ大胆に、

描いていきます。

感情たっぷりに歌う姿に胸打たれると思います。



ぜひ聴いてみてください。




 

postman
postman_prof.jpg

UK PROJECT、RX RECORDS、ということで、
BIGMAMAの金井くんからのコメントがCDの帯にありました。
postman_jket.jpg
曲は、、まさにBIGMAMAが好きなら結構気に入ってもらえるような。

でももっとむき出しなバンド感を感じます。

真っ直ぐで、素直な感じ。

RX RECORDSといえば、

BIGMAMA
[Alexandros]
TOTALFAT
SPiCYSOL

と、素敵なバンドがいますねぇ。

そして6月にはオーディションで選ばれたバンド(*注釈1)が
音源を出すということもあり、良いバンドがどんどん揃ってきてますね。

postman、ライブで見たいなぁ。





---------------------------
*注釈1)2017年に行われた「Evolution! Generation! Situation! Vol.2 」
藤田は東京編の司会をやったり、ラジオの方の番組で一緒に企画やったりしましたね。
福岡のaint(エイント)が栄光の座を掴みました。
 

polly
polly_prof.jpg
宇都宮出身の4人組。

最近のバンドで、「宇都宮」ということが多いのは、
気のせいだろうか。

多分気のせいだ。

少なくとも彼らは一線を画していると思うし。




polly。

5月9日に発売になった初のフルアルバム
polly_cleancleanclean.jpg
「Clean Clean Clean」を聴いています。




美しい音像。
フワーッと幻想的な音に包まれるような。
轟音に閉じ込められているような。

音がすごくいいなぁと思いました。

シューゲイザーの美しいところ、、、
あんまり詳しくないけど、
いや、むしろ彼らがきっかけで
もっと知りたくなる、
そんな刺激が詰まっています。

フルアルバムの一曲目が「生活」という曲なのですが、

歓びが絶望だったり、
痛みが安らぎだったり、
生きるとは喪失だったり、、、

美しい音の中にひんやりとしたシニカルで現実的な?
歌詞が舞います。


ちくっとした痛みと、心地よい空気感。


シニカルだけど、遠ざけてはいないような。
ちゃんと、誰かに届いてほしい、
そこからたくさんの気持ちを自分なりに解釈したり、
自分なりの光を当てて曲の持つ世界観を完成させられるような、、、




包まれた空気を、自分の体温で温めて見てください。


そんなオススメの仕方を考えてみたりしました。


ぜひアルバムをじっくり、気持ち良い音の音量でお聴きください。











 

↑このページのトップへ