_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2978.JPG

武道館で声のコンプレックスについて言及していた
拓也君。

KANA-BOONも
フォーリミも
KEYTALKも
andropも
RADWIMPSも

拓也君よりは声が高い。

女性アーティストも、結構みんな声が高い。

気がします。
(↑ここ大事、勝手に言ってるだけですからね、例外もたくさんあります、、もちろん)

自論ですが、比較的声が高い方が好まれる傾向にあるんじゃないかと。
(これもあくまで、裏付けのない僕の頼りない雑感を超えることはありませんからね)

そんな、ロックバンドの流行りの中では、
拓也君は声が低い方だと思います。

楽曲のノリの良さ、スピード感、そういった
声以外のところではフィットしてるけど、
その声が好まれる傾向の真ん中にいるわけではない、

そういったところに多少の不安があったのではないでしょうか。
だからコンプレックス、という話になっていったのかなあ。


でも、喉の手術を終えて、完璧に声が出る状態になって、

声の艶、響きに耳を傾けると、

中間の声のふくよかさ、スケール感が抜群なんですよねぇ。

って思っちゃいました。

ビジュアル系のバンドの感じ、と言うと伝わるのかな、
(これも多分に偏見を含んでいるので、伝わらない人はごめんなさい。異論反論あるのは百も承知で、進めますね、、、)

グッと深いところから、艶のある声を利かすボーカル。

はたまたコブクロから福山雅治さんまで、
歌い「形」がシッカリとキャラクターになれば、
ミディアムからバラードあたりだと、これはむしろ
低い方が説得力が出るし、めちゃくちゃしみる歌に
なると思ってます。

蕾しかり桜坂しかり、、、

だから、僕は、最新アルバムの中で、

バラードを一押しにしたのです。

最近の流行りの、フェスで盛り上がる
わちゃわちゃしたい系ロックも鳴らせるけど、

圧倒的な個性、歌唱力をバラードとともに聴かせてくれるなら、
これは他の追随を許さない武器になるはずだと思ってます。

今年の初めの方に、拓也君と声について話し合ったことがあります。

今のバンドの立っているところ、目指しているデカい所、個性、ロックシーン、それ以外のお客さん、、これから出会うべき人々、、、
いろいろ話しましたが、

次を見据えたとき、考えるポイントの一つに、

深みのある低めの声を武器にすること、
あるんじゃないかなぁ、という話もありました。

コンプレックスだった声を、

唯一無二の武器にする。

イコール、BKWですね。


彼らのBKWは、

これから本当に始まってゆくのですよ。

そんな


フジタの勝手な妄想でやんした。








参りました。
Ij1Z7oSKi1.jpg

ニューアルバム。

「F」

は、いろんな意味があるとか。

ならば僕からは

Fuckin' Awesome, man!!!!!

おい、とんでもねーじゃねーか!

とでも言いましょうかね。

最近、ジャミロクアイやMaroon5から、Bruno Marsとか、

まぁダフトパンクのRamdom Access Memoriesっていうアルバム、

グラミー賞だっけ、Get Luckyのパフォーマンスがもう、とんでも無いことになってて、
動画とかもバズりまくって、、

まぁ、難しいことは抜きにして、
ファレルもマークロンソンもブルーノマーズも、、

サチモスのブレーク、Nulbarichの追随、ヒゲダン頑張れ、とか、

まぁ、いいか(笑)


オシャレな、スキルのある、ソウルなやつ、

バンドからのリアルな回答は、、、

これになります!


 
なんつーか、

正解。


大正解。


決定打。

満塁ホームラン。

90ヤードタッチダウン。

40メートル弾。

なんでも良いですけど、

もうこの一枚でいいや。

な、くらい、

流行りのライトソウルだーとか、
あーだこーだ言ってないで(この上で俺が言ってた全部ねww)


今年はこれ聴けば良いよ。




LINE MUSICプレイリスト、月に一度、コンスタントに更新しております。

今回は、入魂のガツン、とくる曲をセレクト。

ぜひチェックを!!

いつもより数曲少ないですが、その分それぞれの曲がインパクトあります。

まずはtricot「TOKYO VAMPIRE HOTEL」
tricot3.jpeg
女子3人、ドラムのサポートを入れて変拍子からキレッキレの演奏から、
ステージダイブから、、、かなり激アツなライブをやるtricotです。
昔から変わらず、轟音とトリッキーな構成やメロを得意とする
かっちょいいバンド。

続いてはナンバーガール「透明少女」
numbergirls_TOUMEISHOUJO.jpg
不朽の名作。tricotの轟音とキレを聴くと、真っ先に聴きたくなる。
音もガツン、そして言葉もガツン、独特のメロディも耳に残る。
このバンドに影響受けた今活躍してるアーティストも多数いますよね。
遡ってここにたどり着いた方、素敵です。
こういうバンドと今リリースしたばかりのアーティストを横並びに聴けるのが
プレイリストの凄いところですよね。
さらにこの流れなら絶対外せない
bloodthirsty butchers「B2」
bloodthirstybutchers.jpg

7月、とか、ないかなぁ、、リストにwww
邦楽のロックもの、もっともっと増やして欲しいのだ!
と、孤軍奮闘する私ですが、、
ナンバーガール聴いて、これも聴きたくなるのですよ。
ブッチャーズ。美しい轟音、唯一無二です。
振り絞るような心の叫びのような吉村さんのボーカルも光ります。

続いてLOSTAGE「Good Luck/美しき敗北者達」
LOSTAGE.jpg

奈良の3ピース。
地元奈良に拠点、レーベル、ショップを構えて、ブレないスタンスで
音楽を発信し続けている、ミュージシャンズミュージシャン、ならぬ
バンドマンズバンド(バンドマンにリスペクトされ重宝されるバンド、という意味にしてみました)
飾り気のない、でも真似できない熱量と念、というのかな。
聴いてて、観ていて、心を動かされずにはいられないバンドです。
この曲、とくにグッときます・・・。
ブッチャーズと続けているところに・・・。

そしてcinema staff「僕たち」
cinema_bokutachi.jpg

爽やかなボーカルに耳が行きがちかもしれませんが、
できればしっかりとした音量でバンドの全部のサウンドを
聴いて欲しいですねぇ。リード曲やシングルはキャッチーな
ものを書きますが、彼らの本質はブッチャーズとLOSTAGE、
的な部分かと思います。カッコ良い!!

そしてこちらも外せない
eastern youth「沸点36℃」
easternyouth_futtenn.jpg

あのアジカンが日本語詩を書くことに目覚めたきっかけは
イースタンユースの文学性から、、、という話、ありますよね?
無骨ながら真理というか、真理というか、ズドンと
物を言われているような、身動き取れなくなるようなパワー。
ライブも緊張感と、MCのくったくのなさww、
バンドって、人間なんだな、とおもったり、いろんなことを教えてくれるアーティスト
だと思います。

The SALOVERS「サリンジャー」
TheSalovers.jpg

初期衝動、青さと叫び、、、
サラバーズのライブを初めて観たときに
すごく惹きつけられたのはそこでしたね。
自分が絶対に持ち合わせない、
「もがき、見つけ出そうと叫ぶ20代前半の、
あの苦しくてキラキラした刹那みたいな時期」
文学性も、叫びも、ということでは
いい文脈でこの曲がここにたどり着いた感じ・・・。
しかも、元ナンバーガール中尾さんプロデュース!
残響スタジオでレコーディング!

さあ、そんな残響の、社長がギターを弾いているバンドといえば、次です。
te'「夜光の珠も闇に置けば光彩を放つが白日に曝せば『魅力』を失う。」
Y_83t1eMbt.jpg

です。タイトル、ながっ!
いや、これがte'のタイトル付の伝統芸ですけどね。
インストなので、それぞれの捉え方ができると思いますけど、
強い音でガツンと攻めてくる感じが好きです!
ライブも躍動感があっていいんですよねぇ。

そしてここで少し変化球。。。
アルカラ「炒飯MUSIC」
arukara_cha-han.jpg
ガツンと、、、喰らってくださいww

その昔、スーパーバタードッグ(いまはハナレグミとレキシで
活躍の二人もいた、文字どおりスーパーなバンド)
ファンキー烏龍茶、、、ってありましたねぇ。

チャイナ、入れたくなるんですねぇ、、、

でもベースにあるサウンドがガツンて感じなので、
遊び心も楽しいので入れました。

或る感覚「ナチュラル」
Aru-Kankaku_Natural.jpg

イントロからもうかっこいい!
ちょいダークめな、シリアスな感じもいいし、
狂気を孕んだようなドキッとする雰囲気があるんですよねぇ。
ライブ見てても、ギリギリの理性で煮えたぎる思いを
楽器に伝えてるよな、そんな感じがしました。
ロックにしか鳴らせない、そんなところが好きです。


ということで、ガツンとくるものはないのかい?
というあなた、ロック界の強炭酸、ガツン系を
ぜひチェックを!!



 

↑このページのトップへ