冨田ラボ



J-POPマエストロ。


音楽書「ナイトフライ-録音芸術の作法と鑑賞法-」

読んでおります。

スティーリー・ダンへの造詣の深さに、
ドナルド・フェイゲンのナイトフライ、
スティーリー・ダンの作品をもう一回
ゆっくりと本を読みながら聴き返して
ふむふむ、なーるほど!と
引き出しを広げ、深めさせていただいております。


私としては4月29日には一緒にJ-WAVEにて
9時間の特番をナビゲートさせていただきました。


これがとても思い出深いです。

この曲ね、これがすごい豪華で素敵なんですよねぇ。
↑↑↑聴けます



さて、最新作、リリースになりました。

「夜汽車 feat.BASI & kojikoji」
↑↑↑聴けます


以前リリースされた10分におよぶ大作

「MIXTAPE」の一部をセルフサンプリングしつつストリングスなどがアレンジされて再構築。
なので、ジャケ写は、


「MIXTAPE」のジャケのレコードを

取り出している人、



ジャケ!

秀逸!!


そこにBASIさんのタイトなラップとkojikojiさんの可愛く優しい歌声が合わさります。

J-POPマエストロによるブラックミュージックの吸収、
とでも言いましょうか、、、

まるで前述のスティーリー・ダンのように、
ブルーアイドソウル、、、ブラックミュージックへの
憧れと探求が音楽に落とし込まれて白人ミュージシャンの中で
進化していったように、ジャパニーズポップスにしかできない
洗練されたトラックにラップが組み合わさって、
唯一無二のJ-POPになっていますよね。

これがマエストロのマエストロたるゆえん
ってやつですよ。

ぜひこれまでの作品も聴いてみて、
冨田ラボさんがラッパーをフィーチャーすると何が違うのか
体感してみてください。






あ、、あと、、、ふつうに、、、

どんな機器で聴いてもめっちゃ音がいい!
普通にPCで聴いてておお!ってなりましたもん。





 

ADAM at


CDショップ大賞の時に
お会いしたことがあるんですが、

最初に出会ったのは「六三四」という曲で、
JAZZからポップス、レゲエからロックまで
聴くたびにその様々なジャンルの音楽を
熱量の高い演奏とアレンジに落とし込む
曲たちに圧倒されておりました。

そして・・・最新作として

Daylight
↑↑↑聴けます



 リリースになりました。


1曲目からぶっ飛びました!


「カルラテン」

ゴリッゴリのハードロックからの、、、ラテン?モントゥーノ?

そして9mmじゃなかろうか?というギターも入りつつ、

嵐のように聴いてる側を圧倒しながら駆け抜けていきます。


いやぁ、さすがです。


でも、


もっとゴリゴリがのちに控えています。

ダークでヘビーでラウドでメタリックな

「ケイヒデオトセ」(feat.Benji Webbe from SKINDRED)
英国ウェールズのメタルバンドのボーカルをフィーチャー。



・・・それは経費で落ちない、と思うくらいのぶっ飛んだチューン。


かと思いきやその直後の

「World of Ceiling」は、

タメのあるゆったりとしたやさしい曲。

さらに軽快でキラキラした「Refresh」に続きます。


爽やかから軽快、ゴリゴリからリラックスまで、

とにかく振れ幅が楽しい!!

ぜひ聴いてみてください!!







 

EXO


日本でのファンミーティングの司会を連続出させていただいて、
派生ユニットでもあるEXO-CBXの
イベントでもMCをやらせていただきました。

とても繋がりのあるグループ、

ってだけじゃなくて

唯一無二の存在感、
そしてメンバーのキャラクターが
接していて本当に楽しく、愛らしく?
もちろんパフォーマンスの才能も、努力も、絆も
目が離せないグループだと思っています。


Special Albumがリリースになっていますね。


「DON'T FIGHT THE FEELING」


世界のトレンドがバッチリ入ってて、

爽やかに、かっこいい曲がずらりと並んだ5曲。



こちらは表題曲のMV

いやぁ、かっこいいなぁ。

直球のダンサブルな曲だけじゃなくて

ミニマルサウンドなディスコな2曲目の
「Paradise」も今っぽさ全開で好きですし

ミディアムテンポで重心の低いじっくりと聴ける
「Runaway」はエモーショナルな歌声に惹き込まれます。

リラックスしたラストチューン「Just as usual」
で物語が締めに向かう、エンドロールみたいな感覚になります。

所々で英語が入ってきて、次のEXOのモードというか、
K-POPが世界標準になってきている今の流れにも
サウンド、リリック共に対応してきていて、

洋楽に慣れ親しんでいる身としてはとても嬉しい。

洋楽邦楽K-POPのバリアがなくなると、
個々のグループ、バンド、アーティストの個性が
そのまま世界に向かっていく事になるので、
いままで開けようとしていたドアが、
自然と大きなものになると思っています。

日本のソングライターだって、バンドマンだって、
いろんなコラボレーションを経験することもできるだろうし、
自分で始めたことが、世界規模になるってことも
けっして絵空事ではなくなると思っています。

ビルボードで1位に輝いたTRILL DYNASTYさんとか。


話はそれましたが、楽しく、視野を広げてくれる、
そんな存在との出会いは貴重です。






7月から全国47都道府県、54日間、108公演に及ぶ
フィルムツアーが控えていますが


7月リリースのディオのソロアルバムも楽しみですよね!

 引き続き色々とチェックしていきたいと思います!

↑このページのトップへ