好きです。


いやもう、好きなんですよね。

べつに解釈とか、解説とか、仕事とか、
インタビューとか、別にどうでもいい。

仕事を通してお近づきになれたんですけど、


好きなんですよね。普通に。


最初の音源を出した時から、好きです。
(イマイさん時代のウエットなギターも好きですし、
フジケンさんが入ってすぐの、重くもカラッとしたギターの
刻む感じもたまんないすけど、、全部良いです!)

バースデーのバースデーも、番組イベントでお世話になってますけど、


ええ、普通に、好きなんですよね。







実は、大人でも、難しくも、ない。

実はストレートに、ノレるし、感じるし、歌詞が伝わる。


その存在やキャラクター、色味?(笑)
要はイメージに左右されてる人もいるのかなぁ、
もったいないなぁ、、、。 


先日のAIR JAMへの出演はどうだったかなぁ。

若いメロコアパンク勢の中にあっては
アウェイだったのかもしれないけど、

ここへきてKen YokoyamaさんとThe Birthdayは結構対バンしてて、

実は年が近い(一つ違い?)ってのもあると思いますが、

ルーツにあるパンクなどのアーティストは
共通な気もするんですが、



まぁ、んなこと置いておいて、


とにかくね




ニューシングル、青空。
BirthdayAozora.JPG


もうね、たまんない。


本人はあまりそう言われるの好きじゃないと思うけど、

チバさんのメッセンジャーとしての、

実はすごく背中を押してくれてる歌詞、、、

昔よりもっと直接的に言ってくれてる感じが・・・刺さります。



「お前の未来は  きっと青空だって  言ってやるよ」


「悲しみはもう 捨てていいよ」


ありがとうございます(泣)




いやでもさ、
イントロのベースが超絶かっこいいよね、
ハルキくん。



発売のCDに入っている3曲、

「青空」「STAR SUGAR BOAT」「FLOWER」


The Birthdayの持ち味、

シングルに入ってる3曲で、

きっちり味わえるんじゃないかなぁ。


結構ストレートで、

浸透力が高い気がします。

どのジャンルが好きでも、
メロディを追っかけてもらったりして、

食わず嫌いだった人も、

結構ストレートに、

食らうと思いますよ。

3曲目の「FLOWER」とかも、


マジでいい。



明日から始まるツアーの最終日は、

11.29中野サンプラザホール。

椅子席の、ホール、、、。


ゴクリ。

めちゃ良さそう。




木曜日、、、
番組で行けないけどね...orz





 

アルバム、重力と呼吸。

MrChildren_Juryoku.jpg

熱々の作品ですね。

桜井さんも最高のアルバム、と評しているし、

彼らに憧れて、目標にする若手を蹴散らすかのごとく、
圧倒的に熱い音。

彼らロックバンドの熱い気持ちが、

再生させて数秒でハッと気づくと思います。

楽器を持つ指先に込めた強い力、震え、 
バンドメンバーが向き合って一つのマイクに向かって
首に青筋を立ててちからいっぱい声を出している姿を
想像してしまうような、力強いコーラス。



ずしっと響くバンドの音、そして生々しい息遣い。










J-WAVEの諸先輩も、どの業界もそうですが、

今となっては、有名であることがそれをもたらしているんじゃないかと
本末転倒なことを思ってしまうくらい、すごい人たち、、、

実は空っぽでもはや概念なんじゃないかとまで思ってしまう、

それくらいの存在。でかすぎてそんな妄想までしてしまう(笑)
もちろん冗談です、いや、やっかみとかを通り越して、憧れの結果なんですけどね。

でも、その、つまりは、実態を大きく超えてるんじゃないかと
思ってしまうくらい、自分にとって存在がでかすぎる。



でも、

いやぁ、

違うんだ、


全然違うんだよ。

生々しい肉体と精神で、
傷をいとわない、

一つ一つ取っ組み合って掴み取った、


戦いの歴史の積み重ねから繰り出される、


生々しい音、声、なんだよな。

と、ハッとさせられました。

いつしか大きくなった、

自分たちの作って来た壁を

自分たちで越えるための、

フルスイングのパンチ。

崩れ落ちた壁の向こうに4人がすっくと立って、

せーので音を出している。


しなやかに、鮮やかに、
でも生身の、汗と涙と葛藤と喜びの、



Mr.Childrenというロック。










あ、オフィシャルサイトの一角に、
私のコメントもありました。



要はこのブログで言いたいこと、でしたね。

ぜひ聴いてみてください。







渡會将士

わたらい まさし さんです。
WataraiMasashi.jpg


FoZZtoneで知ってる人もいるかもしれませんし、

最近だと、イエモン、THE YELLOW MONKEYの

菊地英昭さんのソロプロジェクト、brainchild'sのボーカルとして

ご存知の方もいらっしゃるかと。


いい声していますよ、ほんと。

繊細なロックボーカル、という印象を僕は持ってます。

リリースになったこの作品は、
WataraiMasashipeople.JPG

ロックよりは、AORソウル、って印象です。

かっこいいです。


成熟し始めている、

でも清々しいような。

色気があるけど、

爽やか。


気持ちの良い作品だと思いました。



ライブでチケットがまだ間に合いそうなのは
10/28(日)福岡graf 11/17(土)下北沢GARDEN 11/23(金・祝)札幌XENON
のようですね(*ツイッター10/5段階での情報)



ソロになってのライブはまだ見たことないかもなぁ、、、

チェックせねば!!







 

↑このページのトップへ