GOODWARPの新曲がデジタルリリースになっています。
ビターなラブソング。

goodwarp_souvenir.jpg


グルーヴィーなバンドサウンド、踊れる曲も好きですが、


歌い上げる素敵ソングも好きです。


新曲はどちらの要素もあります。
ギターのアルペジオとリバーブがせつなめ。

ビターなラブソングですから。

ぜひゲットを!

12月1日には渋谷クラブクアトロでスペシャル企画だそうで。

行きたい・・・。

 

QTxSyqfceL.jpg
電波少女(デンパガール)に紹介してもらったんですよね、確か。
(アルバムの中の曲にもハシシ君が参加しています)

番組でブッキングさせてもらったライブに、フィーチャリングで登場してもらったのが2年前くらい?

でもって実は、その前にSKY-HI君がおススメです、
って連絡くれてて、、
そこから注目してます。

実際会うとナイスガイ。
気持ち良いくらいまっすぐな眼差しが印象的でした。

そして届いたばかりの新作を聴いていました。

アルバム「アリバイ」

いろんなトラックメーカーが制作したキャラクターの違うトラックに、

変化に富んだスタイルと雰囲気でラップ、そして歌を乗せる。

器用なんだろうなー。

リリックは本人の会ってみたキャラクターのように、

まっすぐ。

等身大な感じ、
素直な感じ。



パキッとしたトラックの曲もカッコよくて良いのですが、

ラストの12曲目にNothingという曲があって、

ソウルなロックなバンドサウンド、、、


そうだなー、

ジョン・メイヤーの名曲
「Wiaiting On the World To Change」みたいなミディアムでグルーヴィーなトラックに歌ってるのが


なんかよかった。

グッと来ちゃったなあ。


甘すぎず、大人すぎず、でもアルバムをグッと引き締めてる。



映画みたいな、長編ドラマみたいなアルバムです、かね。



WeezerPacific.jpg

ジャケ、右下に漢字が・・・。
ボーカルのリバースは奥さん日本人だっけ・・・。
日本が好きなんですよね。

スコットと一緒に日本語アルバム作ったし。
scotandrivers.jpg

今作はあんまり間を置かずしてリリースされたけど、
サウンド感が前作と変わったかな。
超ポップなメロディにゴリっとした歪んだ音をぶつけてくる
のが僕にとっての最近の印象でしたが、

今作を聴いてみて、相変わらずポップなメロディ、というか、
もうこれは一貫してる気がするので、とても気持ちよく聴きました。

でもゴリっとした音はあんまりなくて、
軽やかでなんだか懐かしいような、ドリーミーまでいかないんだけど、
なんだかまったり気持ちいい雰囲気があります。
いや、タイトルがパシフィック・デイドリーム、っていうくらいだから、
ドリーミーなのかww
シンセポップとか、エレクトロが台頭している中での、
ロックバンドのサウンドアレンジ。

多彩な表現が現れてくるので、聴いていてすごくワクワクする昨今です。

あ、そのうちツイッターのアイコンも、
リバースさんと撮った懐かしい写真に変えようかな。


あ、そういえば、リバースさん、ハーバード大学出てるんだよね。
しかもウィーザーとして活動してる間に入学してるという。

で、昔インタビューした時に、大学入って何してたの?ってきいたら、

「フレンズ(テレビドラマね)見てたよ、ずっと」

・・・って答えてくれました。

ほんまかいな(笑)
 

↑このページのトップへ