色々な形で、たくさん誕生日のメッセージをいただきました。ありがとうございました



1/16に行った、初のYouTubeライブ、とっても楽しかったです見てくださったみなさん、ありがとうございました。


_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1049.JPG


ピアノ&ボーカル:藤田麻衣子
バイオリン:沖増菜摘
チェロ:島津由美


1.手紙~愛するあなたへ~

ソファーで3人でトーク
・今日のテーマ #私のnecessary
・2005年からのお付き合い。4人の出会いの話。
今度はさやか(山本清香)も、一緒にトークしよう。
・女子会って言う年齢でもなくなってきたから、女性会だね。

2.恋に落ちて

3.necessary(新曲)

4.here(新曲)

#私のnecessaryを検索して読む

5.おやすみ(新曲)


でした。

たくさんのコメント、ありがとうございました!!


チャンネル登録もよろしくお願いします
_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1043.HEIC

「手紙~愛するあなたへ~」「恋に落ちて」はピアノ・バイオリン・チェロで。

そして後半は3/18発売のニューアルバム『necessary』の中から新曲を。

「necessary」は、レコーディング用になっちゃんがアレンジしてくればかりのバイオリンで、私のピアノと2人で。

「here」「おやすみ」は弾き語り。



アルバムレコーディングでお世話になっている、FREEDOM STUDIO INFINITYから生放送でした。楽しかった!!
oIz3AXnGsX.jpg


また女性会できるといいな。笑


_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1042.JPG




 3月18日発売のアルバム『necessary』の制作、とても楽しくて、レコーディング後の音源を聴くたびにわくわくしている自分がいます。こんな感じ、何年ぶりだろう。

いつも楽しかったはずだけど、なんか懐かしい感覚です。




 2021年に15周年を迎えるので、ここ数年、そこに向かって自分改革をしてるのかもしれません。私ね、準備がたぶんすごく好きなんですね。笑

ただ過ごしてても、その日はやってくるんだけど、どんな「その日」にしたいのか思い描いて、それが叶えられる自分になりたくて、いつも手を伸ばしてる気がします。葛藤は尽きないし、模索は長いしとても苦しいですけどね。

20代の時は、どんな30代にしたいか考えて、ずっとその準備をしてきました。100%とは言わないけど、準備しておくと本当にその通りになれるんですよね。

30代後半を迎えて、次はどんな40代になりたいのか思い描いてます。気が早いですよね。でも妄想楽しいです。笑

もしも、私と同じように妄想力が止まらなくて、時に苦しい人がいたとしたら、ぜひその力を、マイナス妄想じゃなくて、楽しい未来の自分の妄想に切り替えてほしいなって思います。私もマイナスに行っちゃう時、本当に苦しいから。でもそれだけの力があるってことは、ある意味才能ですからね。笑
プラスに向いたら、いいことたくさん起こせる力なんです。




 
 麻倉ももさんの2ndアルバム「Agapanthus」(アガパンサス)に収録予定の新曲『今すぐに』を、作詞作曲させていただきました♪

力作ですどんな楽曲か、楽しみにしていてください

麻倉もも2ndアルバム4/8発売決定&初の全国ライブツアー決定!チケット最速先行受付も開始!
麻倉もものセカンドアルバムの発売と初の全国ライブツアーが決定しました!     麻倉もも セカンドアルバム 「Agapanthus」(アガパンサス) 2020年4月8日発売 &nb...
www.sonymusic.co.jp




名フィルとの共演のコンサートも決まっています。
オーケストラとの演奏をぜひ聴きにきてください。


東京ドリームコンサート -愛の音楽・恋の歌 with 藤田麻衣子ー
2020年3月24日(火)
武蔵野市民文化会館 大ホール
※名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンサートに、藤田麻衣子がゲストとして出演。2部構成のうちの第2部で、藤田麻衣子の楽曲の数々をオーケストラ演奏をバックに歌わせていただきます。
□ 公演やチケットの詳細、お問い合わせ
<公演中止> 名古屋フィルハーモニー交響楽団 東京ドリームコンサート~愛の音楽・恋の歌 with 藤田麻衣子~ | 名古屋フィルハーモニー交響楽団・オフィシャルページ
愛知県名古屋市を中心に、東海地方を代表するプロ・オーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団公式サイト。楽団の紹介や、コンサートスケジュールやチケット案内など。
www.nagoya-phil.or.jp



ではまた