スペースを作ることが最近の楽しみです

例えば部屋の掃除。衣替えもだし、捨てられるものを捨てたり、整理できるものを整理したり。

「まだ使うかも」「1・2年使ってないじゃないか!」「でもまだ使うかも」のせめぎ合いですよね。


マネージャーかんどうさんのゴミ箱が常にパンパンで、いつもぶつぶつ言ってたんですが、何回言っても私が見るのがちょうどパンパンのタイミングだとかわけわからんこと言うから、もう勝手に片付けて、さらにぶつぶつ言いました。笑

パンパンだったら捨てにくいだろうに!押し込むの謎



 最近は、毎朝まず胸や全身を大きく拡げることにしています。顔というか、胸骨が上向きだと全部が上向きに進める感じがして。先月が肩こりや寝違えがすごかった反省からでもあるのですが。仕事ばっかりしてると体も固まっちゃいますよね。仕事するって、疲れるのに運動ではないんだもんなぁ。運動の時間をちゃんと確保して向かうって理想的ですね。


 
大きなスペースはなんかポッカリしちゃうから違って、求めてるのは小さなスペースなんですよね。

まさに小さな小さなスペースなんですが、ピラティスでも、ろっ骨の間に空気を吸って拡げたり。胸骨を一骨ずつ拡げたり、背骨を一骨ずつ曲げてきたり。身体を伸ばして関節の間にスペースを作ったり。すごく気持ちがいいです。

イメージですが、イメージってすごく大事です。ただの深呼吸でも、キラキラしたものを吸い込んで、吐く時に真っ黒なものが出ていくのをイメージすると、深呼吸すればするほどすごく心と体が気持ちいいです。イメージだけで、いくらでも浄化することができるんだと思います。

3月までみっちりでパツパツだったスケジュールにも、やっとスペースができました。今までやらなかったような余裕があるからこそできること、色んなことができました。

感動をもらってばかりいたら、また書きたくなってきました。でも、ひとまずスペースタイムだから、がんばらないぞと自分に言い聞かせてました。笑

言い聞かせないと、がんばってない自分に罪悪感を持ってしまうのってなんなんだろう。日本人の教育なんだろうか。余裕ができるほど、いろんなこと優しく見つめられていいことたくさんだというのに。

日に日に、動きたくなってきて、やっぱり自分の中に強いエネルギーがあるんだなぁと実感することができました。もっと溢れ出てくるのを待とうと思います。


あとは、どんなスペースが作れるだろう。

なんかスペース作りたいなぁ。

オケコンの準備も始まって、歌う時間も増えてきました。




生きていくって、なんだかトランプのカードをめくっていくのと似てるような気がします。同じ数字2枚めくれたらカードがもらえるゲームありましたよね。

いろんなヒントがいろんなところにあって、気づかないと気づかないままだけど、片方のカードの場所を覚えていて、もう片方のカードが来た時に繋がるみたいな。神経を研ぎ澄ませて見つめていると見つけられて、カードを手にするほど、なんだか人生が楽しく動いていくみたいな。

奇跡が起こるというよりは、本来誰もが持っている力があって、その力の使い方に気づくためのヒントがいろんなところに落ちているような、おもしろいなぁって。

でもその目を手に入れるには、色んな経験が必要ですね。

ご年配の方は、私たちには見えてないものがたくさん見えているんだと感じるのも、きっとそういうことですよね。




あとは、前髪すいてみるとか・・・

引き出しの中も。靴箱の中も。

テーブルの上は、なかなか無にできないんだよなぁ。

小さいスペース作りは続く。