ストレス発散のための施設として射撃場を増設いたしました。
銃器はM9からグレネードランチャーまで多数取り扱っております。
銃の反動などは物理的にではなく視覚的に表現され、反動を考慮して構えないと銃身が上に上がります。
なかなかリアルです。
営業時間中にやっていると予約の問い合わせを見落しそうになることがあります。
ストレスが溜まっている患者様はぜひお試しください。
ただ、リロードがもたつくとストレスと苛つきがマックスになりますのでご注意。


ふじたカイロプラクティックのサイトはこちら→http://karada-engineer.co/

当院への質問はこちらから→http://karada-engineer.co/2018/03/02/当院への質問%E3%80%82/

facebookページはこちら→https://www.facebook.com/fujitachiro/

公式lineアカウントはこちら→http://line.me/ti/p/%40qrk8908z

#ふじたカイロプラクティック #GunClubVR #ガンクラブVR #Oculusquest2

https://youtu.be/bgDfBcdxY9s

コロナのせいなのか、コロナがなくとも閉店する運命だったのかわからぬが、慶応3年から続く百貨店「さいか屋横須賀店」が来年2月28日で閉店する。
80azseKa33.jpg
大通りにあった本店は今から10年前に閉店し、今から30年前のバブル真っ盛りの時に本店の裏に建てられた新館が本店の機能を担っていたが、それも潰れて横須賀からさいか屋が消える。
うちの祖母がここの外商カードを持っていて、母親に内緒で誕生日におもちゃを買ってもらった。
一方、うちの婆さん(母親)も外商カードを持っていたが、欲しくも無い本を買ってよこすだけでおもちゃを関連は何も買っちゃくれなかった。
最後にさいか屋に寄ったのは8年ほど前に婆さんを連れて屋上のレストランで飯を食わせたのが最後だ。
昔はデパートの屋上レストランはご馳走扱いだったが、久々に食べた屋上レストランの味と雰囲気はがら空きの「富士そば」といった感じだった。
あの頃からすでに尾羽打ち枯らしている雰囲気が漂っていた。
今日はよらずにその場を後にした。

横須賀中央から市街地に抜ける坂を登り、図書館方面に行く途中にカフェ併設の古本屋がある。
横須賀の古本屋というと汚い本か湿ったエロ本ばかり置いてある店が多かったが、ここは違う。
今日も二冊だけ買う予定が三冊購入した。もう閉店も近かったからカフェにはよらずに、登ってきた坂を降って「ブルーノート横須賀」へ。
今月の窓を飾るレコジャケはマイルスデイビス。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5284.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5285.HEIC
だが店でかかっているのはフュージョンだった。
カクテルはジンベースのキッスインザダーク。
jxmbe7kIQN.jpg
チェリーの甘い口当たりの後にジンのアルコール成分がモロに効いてくる。あまりジンが強すぎるとツンと臭みが出るが、ここのはジュースのように飲めて、クリーンヒットしたらアッパーのように気持ちよく膝から崩れ落ちる。2杯飲んで、30分ほど休憩を取ってから家路に着く。
今度はキッスインザヘブンの方も飲んでみたい。

#キッスインザダーク #ブルーノート横須賀 #さいか屋 #さいか屋閉店

怪しい世界観の映画、寺山修司監督の「田園に死す」を鑑賞。(アマゾンビデオ)

確かこの映画を観たのは16の頃。

学校にも行かずにブラブラし、横須賀の古本屋で安くて暇潰しになる本を探していた時にリバイバル上映を知らせるチラシを目にして、その異様なポスターとそこに書かれた詩に頭の天辺からケツの穴まで貫かれるような衝撃が走り、チラシを手にそのまま現地を目指した。
今みたいにGoogleマップがないからチラシ片手に、そこらにいる人に道を尋ねながら映画館を探した。完全にお上りさんだった。

映画はレイトショーで映画が始まるまで近くの喫茶店で時間を映画のチラシを読みながら時間を潰していると、同じ映画を観に来た大学生風の兄さんが「兄ちゃんは寺山修司が好きなのか!」と言って、鞄から色々詩集やら「書を捨てよ、町へ出よう」などを取り出し、映画が始まるまで時間までそこで色々話して聞かせてくれた。側から見たらマルチの勧誘のように見えただろう。

映画が終わり、京急に乗り込むと最終の金沢文庫行きしかなく、金沢文庫から衣笠まで歩いて帰る羽目になった。
詳しいあらすじは、語りようがないので本作を見て欲しい。もしアマゾンプライム会員ならタダで観られる。

映画は、「友沢みみよ」の漫画とフェリーニの「サテュリコン」とホドロスキーの「エルポト」の世界観を混ぜこぜにしたような、思わず魅入ってしまう悪夢のようなシュールな世界が描かれている。
私の語彙ではそれ以上表現のしようがない。

映画が上映されてから46年、いつ観ても、何度観ても異様な世界に引き込まれる映画だ。
Amazon.co.jp: 田園に死すを観る | Prime Video
寺山修司が自身の代表的歌集「田園に死す」を映画化。この歌集の主要な作品を随所にちりばめながら、寺山の少年時代を回顧した自伝的色彩の濃い作品。子供時代の母親との関係や、さまざまな出来事の回想・イメージが、映画監督になった現在の“私”にモザイク的に襲ってくる。サーカスで見た空気女、怪力男、一寸法師、蛇使いの女。恐山の巫女、父親の霊。隣に住む美しいお嫁さん、化鳥と駈け落ちする夢、馬小屋で出産する若い女・・・。“私”は、二十年前の自分と一緒に過去をひとつひとつ検証していくが・・・。 (C)1974 テラヤマ・ワールド/ATG
www.amazon.co.jp
#田園に死す #寺山修司 #映画 #アマゾンビデオ #アマゾンプライム

↑このページのトップへ