藤澤です。

2022年が始まり4日が経ってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、昨年末駆け込みで、僕の大好きな歌手『セリーヌ・ディオン』の半生を描いた映画『ヴォイス・オヴ・ラブ』を観に行ってきました。




僕は、セリーヌが世界歌手になるまでの自叙伝を読んだ事はありますが、今回映画として観て、セリーヌディオンが改めて偉大だということ、そして、ショービジネスに賭けているプロ意識を知る事が出来ました。

華やかなステージの裏には想像をこえるセリーヌの努力があり、家族の愛があってあの歌声がある。

『愛』ってすごいなぁ〜と感じる映画でした。


さっ、明後日のビルボード大阪でのコンサートが僕にとって2022年の歌い始めです!

ぜひお越し下さい。

大阪からの年始まるのは、はじめてかもしれません。 


藤澤です。

今年も大変お世話になりました。
ありがとうございました。

2021年は僕にとってとても濃厚な1年でした。

昨年に引き続き、新型コロナウイルスの影響で思う様に、活動が出来ませんでしたが、新しいチャレンジでもあった舞台『RUST RAIN FISH』の出演。
そして、作詞家松井五郎さんと一緒に作ったオリジナルフルアルバム『La Luce-ラ・ルーチェ-』の発売。

とても有意義な1年だったと改めて感じています。


来年は今年以上に各地で皆さんとお会い出来る様、新曲発表や、コンサート、ランチショーなど新しいチャレンジもしていけたらと思います。

どうぞこんな藤澤ノリマサですが来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

皆さんにとって来年も良い年であります様に。
そして、残り数時間の2021年をエガオで!



↑このページのトップへ