端的に言うと、固定チームに赤スパッタリーを採用してみませんか?というもの。以下は理由と、立ち回りについて

メンバーのメインブキ
・のっくん スパヒュー(デュアカス等々)
・ユウジキさん スクイックリン(チャー種)
・コナンさん マニュ(前線マルチ?)
・ミズ H3D(アーマー種)

固定の分析
洗練されたメインで敵を圧倒し、敵の前線崩壊をさせるのが主な勝ち筋。
編成的には決して強くないので、丁寧に立ち回るのではなく、リスクを冒して敵を倒すことが必要になる。
前線2枚にスクイックリンとかなり前線厚めの編成で、実力も十分にあるので正直言ってこの3人で完結している。
したがって自分がアーマーをひたすら回してエリア管理というのが定石である。
感覚としては3人+1人という感じになる。

そこで投下してみたいのが今回の本題、赤スパッタリー。
実を言うと自分自身が一番使っているブキは紛れもなく赤スパッタリーであり、H3Dを使うまではずっとこのブキを使っていた。
Screenshot_20190309-020453.png
今のチームに赤スパッタリーを投下すると、スパッタリー2枚にスクイックリンというピーキーな編成になるが、現状すでにピーキーであるので、編成負けしていることには変わりないと考える。


自分(ミズ)の役割
自分はあくまで後衛として、スパッタリーを運用していく。塗りとビーコンで前線の押し上げ、つまりチーム全体をゾンビのように呼び込み、前線崩壊の勝ち筋を強化するという方針だ。

メリット
・ゲームスピードの超高速化
ビーコンによりチーム全体の復帰速度がアップするので、ゲームスピードがかなりはやくなる。現在のスプラトゥーンはゲームスピードがかなり遅めの傾向があるため、1度の打開失敗が負けに直結することが多い。しかし、ビーコンがあれば、1度、2度と打開のチャンスを作ることができる。ビーコンの力によって前線を下げずに維持することができれば、こちらはカウントを大きく進められるが、敵にはカウントをとられにくいという試合展開が期待できる。また、敵のスペシャルが溜まる前に打開に入れるため、編成負けしていても打開の成功率アップ。

・ステルスジャンプの削除
ビーコンを採用することによってチーム全員がステルスジャンプのギアを採用せずにすむ。その枠に復活時間短縮やスペシャル減少量ダウンなどを採用することで、更なるゲームスピードの高速化が可能になる。

・攻撃展開の多角化
こちらの編成は射程が短いため、敵を射程で押し下げることができず、真っ向勝負には向いていない。そこで、打開時でなくてもビーコンを積極的に活用することで様々な攻撃展開ができる。

・回避手段の増加
復帰時だけでなく、ピンチを回避するときにビーコンを利用することも可能。リスポーン地点に帰るよりも、ビーコンに飛んだ方が早くジャンプできるうえ、前線を下げずにすむ。よってピンチを回避しつつ、前線で戦う時間はあまり減らないということだ。要するにイカスフィアやハイパープレッサーで追い込まれたときに生存できる可能性が増えるうえ、前線は下がらない。


デメリット
・それでも環境に抗えるかは微妙
・ステージによっては全く意味がない
・敵が強く、前衛組が活躍できない試合には勝てない
・パラシェルターに触れない
・チームの意思統一と理解が必要


今回の提案は間違いなく発想がぶっ飛んでいる。スパッタリー2枚の編成は明らかに厳しい。しかしチームカラーを強めるためには面白いのではないかと考える。
机上の空論かもしれないが、自分はかなり興味がある。検討してみてほしい。


タイムラインを眺めていると、様々なプレイヤーが議論しているところを見かけます。今のプレーはこうした方が良かった、こうした方がもっといいんじゃない?等々...
私自身もこっそり覗いては参考にさせていただいてます。やはり、より良いプレーを目指すのなら、いわゆる最善策を求めるのは当然のことです。

しかし私はこうも思います。
「どっちでもよくない?」と。
例えば、ガチホコバトルで敵がオールダウンしていて、ホコをこれから進めようというとき、「誰が持つべきか」という判断はとても重要です。カウントを1でも多く進めたいガチルールでは、より良い選択が求められます。
もしもスプラシューターがホコを持った場合カウントが11までとれて、リッターが持った場合カウントが4までとれたとします。もちろん、この場合はリッターが持った方がカウントがより多くとれます。
でも、カウント11でも十分守りきれませんか?勝てませんか?どっちが持ってもよくないですか?話し合うべき場所はそこですか?
それに、リッターが持った方が絶対いいと頑なになっていると、もしリッターが持たなかった場合、本末転倒じゃないですか?

ホコを誰が持つべきかとか、ビーコンの配置とか正直どうでもいいと思います。
カウントがとれたら十分ですので。


私は話し合うべき場所はそこではないと考えています。例えば味方が全員デスして孤立したが、まだ自分の場所はバレていないとします。考えるのはここからだと思うんですよ。
そのまま潜伏して味方の復帰を待つか、敵の後衛を倒すか、スペシャルが溜まっている人を倒すか、敵の一番強い人を倒すか、連キルで形勢逆転を狙うか、等々...

他にも、ここで前に出るべきか、一旦退いておくべきか、どこで戦うか、どこに潜伏するか、誰を狙うか、いつスペシャルを使うか、今何をすべきかといったことを考えないと成長はないと思います。

あなたが考えるべき場所はそこですか?
それより大切なことはないですか?
私はそこに疑問提唱します。

小学校5年生の音楽発表会の時、私はずっと憧れだった木琴の担当をオーディションで勝ち取りました。ほろほろと溶けるようで歯切れのいい音が凄く好きで、練習も本番も非常に楽しかったのを覚えています。
そして、来年も絶対木琴をやりたい!と思いました。

そして、次の年、先生から
「アコーディオンをやってみない?」というお誘いをもらいました。
アコーディオンは最前列で弾く楽器で目立つ上、元々かっこいいなと思っていたので、せっかく誘われたのならやってみたいと思い、承諾しました。
この時私は先生の言い方からして、本番でもアコーディオンを弾くものだと思っており、練習を頑張っていました。

しかし、ある日先生から1週間後にオーディションをやるということを伝えられました。音楽部の人以外の6人で2枠を争うこととなり、正直戸惑いはあったものの、落ちても木琴のオーディションは受けさせるということだったので、まあいいかと思いつつ、受かることを目標にそれからも練習を頑張りました。

そして、オーディション当日、去年もアコーディオンを弾いていた人達がいる中で、大健闘でした。
先生は皆上手で、あまり大きな差はないとおっしゃっていました。
じゃあどうやって2人を選ぶんだろうと考えていると、
「男子の力強さが欲しいから◯◯くんは決定、あともう1人は、男子1人だと寂しいだろうから◯◯くんと仲がいい△△くんにします。」ということを告げられ、私はオーディションに落ちてしまいました。
1人目の採用の理由にはそこそこ納得がいきましたが、2人目の理由にはどうも納得がいきません。仲がいいから?それだけ?という驚きと、じゃあ1カ月練習したのはなんだったの?という半ば裏切られたような気持ちでいっぱいでした。

それでも 、木琴のオーディションは受けられるのだから、また練習を頑張ればいいかと気持ちを切り替えていました。ところが、木琴のオーディションは同日だと伝えられました。
アコーディオンのオーディション後に、すぐに木琴のオーディションを受けたものの、弾けるはずがありません。
他の木琴希望者は1ヶ月木琴の練習をしているのに対して、私は0秒。
譜面を見て、去年の記憶をどうにか思い出し、音を探しながら弾くものの、去年とは曲も変わっていますし、難易度も上がっています。
結果は言うまでもなく落選。私はその場で崩れ落ちました。

この時の感情は今でも表しようがありません。希望していなかったアコーディオンを、あたかも本番でも弾かせるかのようにして誘い、いきなりオーディションすることを告げ、結果よく分からない理由で落選させる。そして、練習する期間すら与えずに木琴のオーディションを受けさせる仕打ち。その日は一日中泣いていました。

私は結局リコーダーをすることになったのですが、全く楽しくもないし、やりがいもありません。何の曲を弾いたのかも覚えてないです。
こうして私の最後の音楽発表会は幕を閉じました。

私は恐らくこれが初めての理不尽な経験です。この時ばかりは、自分のせいだと思えませんでした。
努力することに億劫になったのは、この経験のせいかもしれません。

↑このページのトップへ