先程質問箱でこのような質問をいただいたので、代わってこちらで解説します。
2e2b4e91.jpg
基本的な動きとして、
・塗り
・ビーコン
・ボムラッシュ
を繰り返していきます。
スパッタリーは中衛にしては射程が短すぎるので、多少特殊な立ち回りを要求されますが、工夫をすることでかなりの活躍が見込めます。

まずは塗りから解説します。
スパッタリーは射程の短さ上、エリアの塗り合いはかなり厳しいと言えます。
そこで重要になってくるのが
壁塗りです。
高台に登るためのものや、裏どりの際に使うものなど、様々な場面で利用することが多い壁を積極的に塗りましょう。


次にビーコンについてです。
ビーコンは最大3個まで設置することができるので、常に3個あるようにしておきましょう。
ただ3個設置するだけでなく、状況に応じてビーコン配置を変えることが大切です。

攻撃を継続したいときは、裏どりルートや、安全に復帰できる位置に置くと強いです。敵の高台に置くのもアリだと思います。

また防衛時は、防衛ラインや、後衛が取る位置(いわゆる強ポジ)など、防衛の起点になるような位置に置くといいでしょう。

ビーコンは味方の復帰を安全に早くすることで、攻撃や防衛の厚みが生まれるので、相手からすると非常に辛いです。
加えて、索敵にも使っていきましょう。

また、ビーコンは復帰用に使う人が多いと思いますが、回避用にも使うことができます。リスジャンと呼ばれる、リスポーン地点にジャンプして危険を回避したり、防衛に備えたりするムーブを、ビーコンで行うことができます。
サブ性能アップを付けることで、より早くビーコンに飛ぶことができるようになるので、リスポーン地点に帰るよりもかなりメリットが大きいです。
↓少し工夫することでこのような動きも可能です

最後にボムラッシュについてです。
ボムラッシュは様々な用途に使うことができます。
・敵の妨害
・塗り返し
・打開
等々...エリア確保やカンモン突破、ホコ割りに利用するといいの思います。
特にガチホコバトルでは、不意打ちでボムラッシュを使い、ホコを即割りすることでそのままノックアウト!なんてことも。
↓例

単純に扱うと他の中衛ブキより大きく劣ってしまうので、工夫を加えてスパッタリーならではのポジションを見つけていくといいと思います。
いざというときには最前線にいくことができるのも強みですね。

ぜひスパッタリーの新しい勝ち方を見つけてみてください

今回はスパッタリーのギアについてです。
↓スパッタリー詳細
スパッタリーはキル速がかなりはやく、塗りも強いですが、射程が短く、サブがビーコン、スペシャルがキューバンボムピッチャーと中々ピーキーな性能をしています。

その為、局所では大活躍をする場合もあるが、大戦犯をしてしまう場合もあります。

そこで、そんなスパッタリーの立ち回りを強化したり、弱点をカバーするギア構成を考察していきます。

優先度高
カムバック
スペシャル減少量ダウン
スーパージャンプ時間短縮
イカダッシュ速度アップ

優先度中
サブ性能アップ
爆風ダメージ軽減・改
イカニンジャ
相手インク影響軽減
ステルスジャンプ
復活時間短縮
対物攻撃力アップ

優先度低
インク効率アップ(メイン)
インク効率アップ(サブ)
インク回復力アップ
ヒト移動速度アップ
スペシャル増加量アップ

無しではないかも...
リベンジ
スペシャル性能アップ


個人的にはこのような感じだと思っています。

優先度高には万能型で様々な場面に使える上に効果を実感しやすく、ギア枠を圧迫しないギアパワーをラインナップしました。

優先度中には局所的に効果を実感できるものや、ギア枠を多少圧迫するものの効果を十分に発揮してくれるものをラインナップしました。
ステルスジャンプや爆風ダメージ軽減・改は優先度高に入れてもいいかもしれないと思いましたが、ビーコンがありますし、毎試合効果を実感できるとは限らないので外しました。

優先度低には積んでも損はしないが、そこまで必要ないものをラインナップしました。ただ、インク系やヒト移動速度アップはカムバックで十分まかなえるのではないかと思います。

スペシャル性能アップに関しては、ボム投数が最大
0.2で1個、0.4で2個、0.6で3個増加するので、まあ無しではないかなというレベルです。
リベンジはデスすれば必ず発動し、敵の位置が壁越しで分かったり、自分を倒した敵を倒し返せば復活ペナルティアップを付けられるという効果はあるものの、他のギアを積んだ方が良さそうですね。
ただ個人的には大好きです笑笑。


では、次に私のギア構成をいくつか紹介していきます。

1.汎用型ギア
IMG_yk2y3l.jpg

様々な場面で活用しているギアです。
自分は前線に上がることが多く、デス数も多いので、味方負担を減らすためにも復活時間短縮ギアを1.3採用しています。
ビーコンの強みを活かすためにサブ性能アップは1積んでいます。

2.縦長ステージ用ギア
IMG_l0tcu9.jpg
縦長ステージは復帰するまでに時間がかかるので、ビーコンの強みを活かすことができます。そのためサブ性能アップを1.2採用。また、自分より上手い人達とやる時は、キルに回るよりビーコンを設置する方が勝利に貢献できるのでこちらを装備していく場合もあります笑笑。

3デボン海洋博物館エリア用
IMG_w3tkxd.jpg
こちらはデボン海洋博物館エリアをやる際に着けていくギアです。自分は敵陣にビーコンを設置しながらエリアを塗る立ち回りをしているので、サブ性能アップとヒト移動速度アップを採用しています。

今回使わせていただいたアプリ↓
ギアセットシミュレーター for Splatoon2 - Google Play のアプリ
ギアセットシミュレーターは、スプラトゥーン2での遊びをサポートする非公式アプリです! ■ギアセットの作成 ステージやルール、戦い方によってブキやギアパワーの組み合わせは変わっていきます。 このアプリではそんなギアの組み合わせ(ギアセット)を好きなだけ作り、保存することが出来ます! その際、調整先を選択することで、「クイックボム3連投」など目的に必要なギアパワーをワンボタンで設定できます! ■ギアセットの管理、Twitter投稿 条件を満たしている調整先はギアセット確認時に見ることが出来、どういう目的のギアセットなのかがひと目でわかります。 また、お気に入りのギアセットをTwitter投稿ボタンから簡単に投稿可能!スクリーンショットが自動で貼り付けられるので、内容を説明する必要もありません! ■お役立ち機能 ブキの特徴やヒーローモード攻略などをいつでも確認できる「お役立ちサイトリンク」も搭載! さらに、今後も便利な機能を追加していく予定です! ・現在は発売直後のため、計算式や調整先がまだ十分に集まっていません。各ギアパワーの計算式や調整先は研究が進む毎に随時更新していきます。 ・表記や内容に間違いがありましたらご連絡ください。対応いたします。 -------------------------------------------------- 今後のアップデート予定 ・現在一部しか解明されていない計算式を更新し、ギアパワーの上昇値(スペシャル増加量+◯◯%など)をすべてに適用。 ・今後環境の変化に合わせて随時調整先を追加、削除 ・ブキなどのアップデートに対応 ・お役立ち機能の充実 ・その他デザイン、機能などの改善 -------------------------------------------------- ■推奨バージョン Android 6.0以降、もしくは一部のAndroid 5.0以降 ■アクセス許可の表示について 本アプリはスクリーンショットやデータの保存、広告利用等のために一部アクセス許可に同意が必要です。また、アプリ使用中に電話がかかってきた場合等にアプリを停止させるため、通話状況への権限も必要としております。 本アプリは端末内のファイルや情報の取得は一切行いません。安心してご利用ください。 ■免責事項 このアプリはスプラトゥーン2の非公式アプリケーションです。任天堂株式会社とは一切関係ありません。また、本アプリによって負ったいかなる損害について、開発者は一切の責任を負いません。
play.google.com
こちらのアプリはギア構成を考える上でかなり役立つので是非使ってみてください。


ギア考察はこれで終わりです。これらはあくまで例であり、ギア構成はまだまだたくさんあるので、自分に合ったギアを探してみてはいかがでしょうか。
勝率を1パーセントでも上げるためにも、ギア考察はやる価値があると思います。
ご精読ありがとうございました。

今回は独学ですが、スパッタリー・ヒュー(以下スパヒュー)の立ち回りを解説していこうと思います。
これを機にスパヒューを手にとって楽しんでもらえたり、参考にしていただけたりすると幸いです。

初級編
1・有利対面、不利対面を意識しよう
2・味方のキルを奪い取ろう
3・潜伏を交えよう

1・スパッタリーはキル速ははやいものの、射程が短いのでどうしても不利対面が生じます。簡単に言えば天敵です。
例として、ローラー、ホクサイ、パラシェルター、スピナー種、ヒッセン、マニューバー種etc...
こういった敵には近付かないことも大切です。

2・私と一緒にスプラトゥーンをしたことがある方はご存じかもしれませんが、私はとにかくキルを奪い取りにいこうとします。初めはキル欲しさにやっていたことでしたが、時に「ナイスカバー」と言われることもあり、徐々に自分の中で立ち回りの1つとして確立していきました。
味方のキルを奪い取ろうとすることは、多対一を作ることでもあるので、理にかなっていると思います。

3・これは言うまでもないと思います笑笑。ですがスパッタリーは塗りも強く、潜伏のしすぎはその強みをいかせません。ほどほどにしましょう。

中級編
1・戦う場所を選ぼう
2・中盤以降では姿を晒さないようにしよう
3・オブジェクトに近付けさせないようにしよう

1・スパッタリーは射程が短いので、高低差や地形をいかして射程の不利をカバーするのがポイントです。各ステージごとにスパッタリーの得意な場所があるので、ステージを研究しておくのをおすすめします。

2・これは完全に独学で身に付けた立ち回りなので正解かどうか分かりません。ただ、スパッタリーにとって位置バレは時として命とりになりますし、自分のブキが何であるかを明かさないことは、情報アドバンテージをとることができるので、個人的には有効だと思います。この立ち回りを身に付けてからはグッとウデマエが上がったので、試してみる価値はありそうです。

3・スパヒューはサブがポイズン、スペシャルがアメフラシと敵の妨害に特化しています。メインで触れない敵に対してはサブやスペシャルで妨害していきましょう。
また、キルがとれなかったとしてもオブジェクトに近付けさせない位置でヘイトを買うことができれば、多少のアドバンテージをとることができます。それで味方のカバーが入れば尚更です。


いかがでしたか?自分から教えられることはこれぐらいです。ほとんどが独学なので根拠などはありませんが、少しでも参考になると嬉しいです。需要があればまた書こうと思います
一読ありがとうございました。




↑このページのトップへ