【アデニル酸シクラーゼ】

Gタンパク質という名は聞いたことがあると思う
グアニンヌクレオチド結合タンパク質
という長々しい名称であるが
Gタンパク質はヌクレオチド
所謂遺伝子構造を解析する際
A(アデニン)G(グアニン)の
2つの塩基の結合性から重要な情報を
解析できる。

専門的になると訳が分からなくなるので
お題に挙げた
アデニル酸シクラーゼとは
cAMP(環状アデノシン一リン酸)という
タンパク質及びドーパミン等を生成する上での
重要な物質として役割を果たす。

アデニル酸シクラーゼとは
所謂、触媒である。

触媒とは以前にもブログで掲載したが
例えば
1秒間でいかにして効率よく生産性を上げるか?
という事に特化したモノであり
この触媒が優秀であれば優秀であるほど
1秒間に10個しか作れなかったものが
1秒間に100個1000個と作れる事を可能にする。
その分子学上の源となるのが
アデニル酸シクラーゼである。

このアデニル酸シクラーゼの最良化により
cAMPが大量に生産される事で
ドーパミンをより大量に生成する事で
タンパク質の合成率も飛躍して
日常を活性化して生きる事が出来る様になる。

触媒(酵素)は世界中のどの産業においても
重要なファクターであるので
よく勉強される事をお勧めする。