月別アーカイブ / 2021年06月


【私は私を冷酷な存在だと認識する】

私は人生の目標以外は

熱しやすく冷めやすい

人生の目標は

"生物の気持ちを深淵に理解する事"

であるが

愛とはまた違うのかどうかは
自己概念が定まっていない。

女性を一度愛したら
とことん止まらないのだが
26歳の時に2年間
中途半端な感情で付き合った彼女がいて
途中で他の女の子に恋をして
別れを切り出した事がある。

しかし
それは恋でも無く愛でも無く
ただ付き合っていた様な感じであり
以後
愛を学んだ私はまた同じ様な事を起こすのか
分からないところであるが
自己的には起こさないと確信している。

付き合っていけば
離れたく無くなってくる気持ちが強くなる
私なのだが
あの子だけは何故か違った。。。

ただ分かっている事実は
彼女は私の事を深く愛していた。という事だ。

私は冷酷でもあり熱情でもある。

常に己が光速で情動のバランスを調整している

当時は愛を理解していない
子供な大人ゆえに
彼女の愛を引き裂いてしまったのだろう。

12年経過した現在は
当時の私とは全くの別人と言っても
過言では無いくらいの変革を遂げていると
自己認知している。

従って

恋をする。
愛おしく想う。
恋愛をする。

この3つの概念のうち
恋をする。事しか私は知らなかったと見る。
故に冷酷な行動に出たのであろう。

追えば去る
去れば追う

という定義は正しいものと見るが
現在の私は
"恋愛"を理解しているので
追われれば追う
存在を探し求めている。

これは究極の存在であり
そう簡単には見つからない。

しかし
まだ分からない


                               🕷
👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼







【スッキリ】

やっぱり
引っかかる気持ちを携えていては
絶対にダメである。
その気持ちを保ちながら平然と生きれる人間に
幸福などやってくるはずはない。

double standardと最近世間を賑わせているが
絶対に許されない。

🦁はどう転がっても
運命だと受け入れる。

少しでも邪な気持ちを持ったまま
生きていくより
全然清々しい気持ちである。

スッキリ🦁🐾^ ^


                               🕷
👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼





【葛藤2】

難しい
卑怯な事はしたくない
女の子を傷つけてはならない

女の子は常に支えてくれる天使である
それに仕える者は
真摯でなければならない


                               🕷
👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼👼🦁👼





↑このページのトップへ