月別アーカイブ / 2014年12月

この曲はコード進行を何となく決めて、テーマになるフレーズが

何かないか考えながら繰り返しセッションしてたかな。

 

初期の頃はレッチリのフリーっぽい感じでスラップしてたり。

ドゥスケスペッペッ!!みたいな(笑)

当時のマイブームだったんやろなー。

 

結局スラップで攻める、っていうのは人知れずそっとボツになったけど…。

ただ、その頃の名残がたまに聴こえるスラップのプルに残ってます。

エンジニアのうにさん(別名:ウニッシー)の音作りのお陰で

攻撃的なプルの音になってます。

 

mura☆junが思いついたテーマのフレーズ、エンディング付近で一緒に

ユニゾン大会してます。いつの日かyuiもユニゾン大会に途中参戦して

きてもらって(スト2みたいに)FLOWER FLOWER恒例ユニゾン祭り

みたいコーナーが出来たら本望です。

 

やっぱりユニゾンは気持ちが上がります!!

 

あ、途中の景色ががらっと変わる所、個人的には「神様」が空から

降臨してくる感じがして好きです。

 

いやー、かっこいい曲。

 

mafumafu

FLOWER FLOWERがなんとなくスタジオに入ることを重ねる中で、

セッションしてみよう!ってなって、

はじめてセッションしてつくった曲だった気がします。

 

 

想い出深いのは、

イントロがセッションの時に完成されていて、

それを再現するのが難しかったことです。

 

プリプロしてる時に、

「セッションの時のイントロがいい!!」

「え、ほら、だいたいこれであってるじゃん」

「なんか違う!ここ!ほら!」

「え、このノイズも再現するの!?」

 

みたいな..。

 

大変だったけど、素敵なイントロだし、アルバムの冒頭がとても想い出深いものになりました。

 

個人的には、FLOWER FLOWERのはじまりの曲だと思ってます。

これを1曲目にもってきた意味はまさにそれ。

 

 

 

 

mura☆jun

 

初めてセッションして出来た曲です。

 

 

よく覚えています。

mura☆junが遅刻して来て、挽回しようと必死だったことを(笑)。

 

 

それはさておき、何もないところからセッションして、

こんな曲が出来るの?とびっくりしたことを覚えています。

 

 

形になるなんて思ってもないので、

思うがままに弾いて、叩いた。

 

 

それが余りにもよかったので、

本チャンの時に自分のプレイを必死にコピーするという、謎の事態が起きました。

 

 

人間の「素」の状態は、いかにポテンシャルが高いか、ということに

改めて驚かされます。

 

 

セッションから、実際の曲に発展させるためのプリプロ作業の時に、

yuiちゃんが男らしいギターを弾いてくれたことも良い思い出です。

 

 

最後サビ前、ギュイーン。

ナイスです。鳥肌です。

 

 

この曲を1曲目に持ってくるあたり、フラフラなかなかやるな、

と個人的には思うのですが、皆さんどうでしょうか?

 

sacchan

↑このページのトップへ